FC2ブログ
埼玉の眼科医、さみぃさん、ダイエット成功。患者さんにも推奨。
埼玉の眼科医、さみぃさん、ダイエット成功。患者さんにも推奨。

こんばんは。

埼玉の眼科医、さみぃさんから嬉しいコメントをいただきました。

さみぃさん、「別人だと思っていたら、前のあの先生なんですね!?」

純粋に誉め言葉なのか否か、微妙なところもありますが (∵)?、
ともあれ減量大成功、おめでとうございます。(⌒o⌒)v

患者さんも、目の前に、糖質制限実践成功例がいるとモチベーションは、とても高まりますね。

将来の糖尿人を減らして、日本の医療費も減らしてください。

よろしくお願い申し上げます。


江部康二


【13/04/05 さみぃ
ついに!

埼玉の眼科医です。

センセの講演会を拝聴したあと、患者さんにどう話したものか?悩んでいましたが、今日、久しぶりにいらした、境界型糖尿病、薬物療法なし、肥満の方に「糖質制限」お勧めしてみました。

私自身が行って…と話したら「別人だと思っていたら、前のあの先生なんですね!?」と驚き、やる気満々になられました(^-^*)

私には薬物治療中の方には難しいのですが、未来の糖尿人を減らすお手伝いが出来そうで、とても嬉しい日となりました♪ 】




テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク・東京』
こんにちは。

わんわんさんから

『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク・東京』

の情報をコメントいただきました。

4/20の参加見込み、およそ20名で、まだ余裕があるそうです。


東京在住で興味のある方は長谷川さんに連絡していただけば幸いです。
連絡先  kiyohisa0108●withe.ne.jp (●を@に変える)】

長谷川さんのプロフィールです。
☆☆☆

長く、30年近く社会福祉の仕事をしてきた。
医療事務関係も少々
現在、東京の福祉事務所の職員
ボランティアでホームレスの支援活動を時々している
板橋区在住

私との共通点
 ●誕生月日が同じ
 ●2型糖尿病(私の発病は、55歳ころ・5年前)
   糖質摂らなければ正常人、ご飯一膳で血糖値200越え
 ●ボーカル(トップテナー) クラシック・フォークソングが好き
 ●お酒が好き。 恵比寿ビールと純米酒で発病か
 ●若い頃、反戦活動をしていた




江部康二


【13/04/03 わんわん
『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク・東京』の結成について

江部先生 
糖質オフの仲間のみなさま

おかげさまで、4/3 現在で、10名の方から参加申し込みがありました。
 今のところ、4/20の参加見込み、およそ20名です。
 定員36名ですので、まだ余裕があります。
埼玉・千葉・神奈川そして山梨からも参加希望がありました。
 会の名称は東京ですが、東京23区内の会場にいらっしゃれるようなら、歓迎いたします。
 お一人で、自己流で、江部先生の著書を読んで、糖質制限している方もいらっしゃいます。
 是非仲間の輪を広げましょう 】



【『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク東京』の結成について
 「(仮称)糖質制限食を広げる会・東京」の呼びかけ人、わんわんこと板橋・長谷川です。
昨年12月から、準備会を毎月1回開催し、4回の会合を重ね、以下のように、会を作ることになりました
1 会の名称について
  硬い名を避け、楽しく、間口を広く、糖質制限について広げようという名称がいいね。ということで、いま  まで使っていた仮称とはイメージを変え 『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク』としました。
   コンセプトは、「楽しく糖質オフして健康な生活を!仲間を広げる」ゆったりとやって行く。
2 会の活動方針について
  「食後高血糖をまねかない食事を、ということで、参加者各人が目標を持ってそれぞれのやり方で・・」   「糖質オフカフェ」「ランチ会」「居酒屋会」を開催する
   会のブログを作成する(準備中)
   糖尿病について、基本的なことを知らない人が多いので、そういう人向けにもPRしたい。  ************************************************************************
私は、江部先生の埼玉講演会に参加して、ローカーボクラブのように、各地にミニコミュニティが出来ればいいなと思いました。
糖質セイゲニストin北九州
沖縄糖質オフ・ネットワーク https://ja-jp.facebook.com/toushitsuoff
千葉でも、集まれる仕組みを作りたいという話を聞きました。
千葉周辺でも糖質制限しているラーメン店や焼肉店があるようです

各地に糖質制限食の会を! http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2318.html
『食後高血糖と血糖変動幅増大を防げるのは糖質制限食だけという事実を世の医師に理解させて、1070万人 の糖尿人のために、何としてもこの合併症地獄の現実を変えなくてはなりません』 (江部先生)
私は、医師会が変わるのを応援し、自分達のいのちを守るためにも、各地に患者会を作って社会にPRしたらと思います。
「糖質オフカフェ」「ランチ会」「居酒屋会」などは、3人寄れば出来ます。
各地に広げていきたいですね。みなさん、一緒に頑張りましょう。
東京のメンバーは、現在10数名です
 私の連絡先  kiyohisa0108●withe.ne.jp (●を@に変える)】


【13/03/31 わんわんこと長谷川
「楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク東京」結成 日時・会場 4・5・6月の予定
発会
4月20日(土) PM2 時から4時15分まで
場所は、新宿区落合第一地域センター 第1集会室B (定員36名)
  http://www2.odn.ne.jp/~hak32900/
 西武新宿線下落合駅 徒歩 5分
○ Pm2  開会  呼びかけ人の私から、糖質オフ・ネットワークを作るに至った経緯と、会のコンセプトなどの説明
○ 自己紹介 経験交流を大事に
○ 「糖尿病の基本的知識」の勉強  
○ 糖質オフ会としては閉会し、準備会メンバーに残っていただき
  反省と5/18の企画、時間があれば、会のブログについての意見交換
☆ 会費については、
 使用料3200円を人数割り 他に資料代など 数百円
会場の都合があるので人数把握をするので、私のメールへ必ず連絡を
kiyohisa0108●withe.ne.jp (●を@に変える)
会合のあと、ネットワークに参加希望のかたは、申し出てください。

**************************

5月 糖質オフカフェの予告
  日時 2013.5.18 (土)  PM5時から8時
ルノアール [ 新宿3丁目ビッグスビル店 ]
東京都新宿区新宿2丁目19-1  伊勢丹の近く
03-5379-2766   7号室   禁煙 10~27名様
室料  3時間で6300円 参加者で人数割り 別に飲み物代
★神経内科医のTagashuu先生が、上京し参加されます。PM6くらいに、参加できるそうなので
 糖質オフカフェを、pm5から始めます。
ということで、5/18は、糖質オフ会+Tagashuu先生を囲む会となります。
 参加希望の方は、会場の都合があるので、私のメールへ必ず連絡を。
 kiyohisa0108●withe.ne.jp (●を@に変える)を公開します。

* *************************
6月 糖質オフカフェの予告
  日時 2013.6.15 (土)  PM3時から6時】
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
「糖質制限食」議論、学会は真実見よ, 作家・桐山秀樹氏が反論
こんにちは。

「糖質制限食」議論、学会は真実見よ 
作家・桐山秀樹氏が反論
2013.04.02 「夕刊フジ」

北九州 三島 さんから、上記情報をコメントいただきました。

三島さん、ありがとうございます。

桐山さんは、3月下旬、高雄病院まで取材に来られました。

その時の取材を基に、今回の記事を書かれました。

鋭い舌鋒で、糖尿病学会提言の矛盾を追及しておられ、痛快です。

私も一糖尿人として一医師として快哉を叫びたいと思います。

なお、私の写真もバッチリ載っていて、知らなかったのでビックリです。


江部康二


☆☆☆
以下は
産経新聞社が発行する「夕刊フジ」の公式サイト、ZAKZAK
の記事です。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130402/dms1304020712005-n1.htm

桐山秀樹氏の反論

「糖質制限食」議論、学会は真実見よ 
作家・桐山秀樹氏が反論2013.04.02

昨今、糖尿病治療で脚光を浴びる「糖質制限食」。先頃、日本糖尿病学会が「現時点では勧められない」という提言を出したことで波紋を広げている。自ら糖尿病を患い、糖質制限食を実践しベストセラー「おやじダイエット部の奇跡」(マガジンハウス)の著者である作家の桐山秀樹氏が“反論”を寄稿した。

「なぜ、こうした糖尿病患者置き去りの議論がいつまでも戦わされているのか。アベノミクス登場まで動かなかった日銀と同じだ」

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130402/dms1304020712005-n1.htm

糖尿病患者の一人として、そんな思いを抱かずにはおれなかったのが、白米、糖類などの炭水化物を控える「糖質制限食」についての、日本糖尿病学会の提言である。昨年8月に設置した「食事療法に関する委員会」が国内外の論文を検証し、作成したもの。早速全文を取り寄せて読んでみたが、糖質制限食の提唱者である京都・高雄病院理事長の江部康二医師は「突っ込みどころ満載で、墓穴を掘ったとしか言いようがない」と言う。

提言で「現時点では勧めず」とした糖質制限食の代わりに勧めているカロリー制限食と薬物療法の結果、糖尿病網膜症で失明する糖尿人が年間約3000人。糖尿病腎症で透析になる糖尿人が年間1万6271人もおり、糖尿病壊疽(えそ)で下肢を切断せざるを得なくなった患者も後を絶たない。

これらは、医師や栄養士の言うことを聞かず、薬も飲まずに暴飲・暴食した結果だろうか。いやむしろほとんどの方は医師や栄養士の言う通り、カロリー制限食を実践してきた結果である。

なぜ、こうなってしまうのか。江部医師によれば「従来のカロリー制限食(高糖質食)だと、食後高血糖および、平均血糖変動幅という最大の酸化ストレスが生じる」からだ。従って「カロリー制限食(高糖質食)で糖尿病合併症を防ぐことは極めて困難」(江部医師)と言う。

これに対し、筆者も既に4年にわたって実践してきた1日3食の「スーパー糖質制限食」では最大の酸化ストレスリスクが大幅に改善する。これは筆者が身を持って体験した「真実」だ。

「糖質制限食」に対し、いつも指摘されるのが、長期的な安全性や有効性への疑問だ。

江部医師は「糖質制限食は、日本では1999年以降の新しい食事療法であり、長期的安全性と有効性のエビデンス(根拠)は少ない。しかし、糖尿病患者さんに長く推奨してきたカロリー制限療法にも、長期的安全性や有効性に対するエビデンスはない」と言う。

それなのになぜ、「カロリー制限食」のみを勧め、肥満解消も含め、効果の出ている糖質制限食のみを否定するのか。

今回の提言をよく読むと、糖質の適正な摂取量については「今後、積極的に調査・研究の対象とすべき課題である」との見解も示している。「糖尿病専門医が推奨する現在のカロリー制限食(高糖質、低脂質食)では、食後高血糖と平均血糖幅の増大を生じ、酸化ストレスを決して防げないという生理学的事実を糖尿病患者さんに、どう説明し、どう納得してもらうつもりなのでしょうか」と江部医師。

患者をナメてはいけない。いくらでも最新の専門知識を入手できる現在、真実と逆の方向を向かせようとする今回の提言はまさしく墓穴を掘ったとしか言いようがない。糖質制限食は、糖尿病治療の「エベ(江部)ノミクス」だ。私は断固支持し、実践し続ける。




テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖尿病神経障害解消と血糖値改善。
こんばんは。

とっさんさんからも、「抹消神経症解消と血糖値正常化の報告」というとても嬉しいコメントをいただきました。
ありがとうございます。

糖尿病歴20年、糖尿病神経障害歴1年半・・・

スーパー糖質制限食を開始して16ヶ月で、糖尿病神経障害の症状が消失・改善・・・

素晴らしい成果です。
大変、参考になります。

仰る通り、内服薬も減量できると思いますので主治医とよくご相談くださいね。


江部康二


【13/04/03 とっさん

抹消神経症解消と血糖値正常化の報告

現在66歳の私は、20年来の糖尿病で服薬暦は15年に及んで、現在に至っています。

糖質制限開始以前の1年半の間、両足裏に皮を貼った感覚、足の指の痺れ感、微電流の流れる感覚が有りました。カロリー制限をどう頑張ろうとも、HbA1c7.0(旧)を下回ることはできませんでした。今思うに、それは当然ですが。

主治医の糖尿病専門医のDrとインスリン注射開始の話もしていました。インスリン注射を避けたい一心で、幸運にも江部先生に出会い、スーパー糖質制限を始めて16ヶ月経過します。今では、前述の末端神経症の症状は消えました。以上が報告その1です。

次に報告その2です。

現在もグラクティブ(インクレチン関連薬)・メトグルコ(インスリン抵抗性改善薬)・リピトール(高脂血症薬)・バイアスピリン(血液さらさら薬)を飲んでいますが、この2ヶ月の血糖値は9割の頻度で正常域に入り、今までに無く改善されています。即ち、食後高血糖・血糖乱高下・平均血糖値が正常域に入り始めました。

毎食の糖質量を10g目処にしています。食餌が上手にできるようになったことしか改善の要因はありませんが、20年という長い糖尿病暦と66歳という年齢を考えると、16ヶ月の糖質制限でここまで来るのが不思議に思えてなりません。

この実績を主治医に示し、次は薬を減らす相談をしたいと考えています。(主治医は、カロリー制限派ですが)

以上、改善事例として報告致します。】



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖尿病神経障害が改善、続き
こんにちは。

もんたろさん。
早速のコメントありがとうございます。

そうですか、血糖コントロール良好になって、HbA1c5.1~6.1%(JDS)を保っていたのに、足の痛みだけはなかなか治らなかったのですか。

ところが、糖質制限食でコントロール良好となり、3年間経過してから、急に「糖尿病神経障害」が改善し始めてパンプス(甲の部分が広くあいた、締め紐(ひも)や留め金のない婦人靴)を履くことができたのですね。

恥ずかしながら、私、パンプスを知らなかったので、ネットで調べました。

要するに婦人靴で結構細くて締め付けられるので、足が痛い頃は、履きたくても履けなかったのですね。

それはそれは、良かったです。

糖尿病神経障害が3年間経過したあと、急速に改善することがあるとは初めて知りました。勉強になります。

糖尿病神経障害があって困っている方も、諦めずに、根気よく糖質制限食を続ければ、良くなる可能性もあるということは大変、参考になりました。

もんたろさん。
重ねて、ありがとうございました。


江部康二


【13/04/02 もんたろ

神経障害

江部先生、取り上げてくださりありがとうございます。なんだか恥ずかしいです(笑)

3年前、神経障害と思われる足の症状は甲に釘かガラスが刺さったような痛みでした。ただ、数秒で消えるので支障はなかったです(「ウッ」と声がでましたが)。

糖質制限食を始めて、最初は低カロリー過ぎてしまい、あちこちに歪みが出ました。

それと、あまりの環境の変わりように私のからだはパニックになったのかもしれません。

その頃に足の痛みも変わってきて、足裏(足底)が痛みと痺れ、感覚がないようなこともあり、知らないうちに親指に血豆が出来ていた(痛みなし・怖)ということも。

残念ながらこれだけは良くなる気配がなかったので、諦め半分でしたが、「でも、これ以上悪くなることはないだろう」と我慢してました。

神経は元に戻らない、とも聞いていましたし。

私のボロい体の中で、必死に修復してくれていたのでしょうか?

そんなこんなで3年過ぎて、急に良くなりました(嬉)痛くも痒くもないです。

その間、ヘモ値は5.1~6.1(旧値)でした。

もっと安定していれば、もっと早く良くなったかもしれません。でも、3年前は「もう死ぬんだな」と思って、時々グルグル回る天井を見ていたのですから、自分のからだを褒めてやりたいです。

先日桜を見に東京に出かけた時に超久しぶりにパンプスを履きました。

ちょっと疲れましたけど(笑)

これからたくさん運動して、体力つけたいですね。

からだの問題はまだありますが、更年期でもあるし、子供の頃から「元気いっぱい健康優良児」ではなかったので奇跡の復活に驚いてます(笑)

糖質制限食、バンザ~イ!!

PS‥合併症がありながら、糖質制限食実行している皆様。私も目も腎臓も合併症です。人それぞれ過程は違うかもしれませんが、糖質過剰地獄から解放されたからだは良い方に働いてくれていると信じて、楽しくやりましょう。】


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖質制限食で、3年経過した糖尿病神経障害が改善。HbA1c改善。
こんにちは

もんたろさんから

「3年経過した糖尿病神経障害が改善」

という大変嬉しいコメントをいただきました。

『JDS値12.6%から、2ヶ月で6.0%、翌月は5.7%』

これは、私も初めて見る衝撃的速度の改善で、ギネスブックものですね。ヾ(゜▽゜)

でもその時点では、まだ足の痛みは続いています。

『ある日の朝、急に痛みがないことに気づき、「アレ!?」と逆に焦ってしまい(笑)、翌日また少し痛み、3日後に痛くない、を経て、今は全く痛みや感覚異常はありません!おまけに股関節も痛くなくなりました!』

素晴らしいです。

HbA1c12.6%から3ヶ月経過で5.7%(JDS)です。

読者の皆さんの参考のためにお聞きしたいのですが、5.7%(JDS)に改善してからどのくらいの期間を経て糖尿病神経障害が改善したのでしょうか?

また糖尿病になって、何年目に神経障害が出現したでしょうか?
ご教示いただければ、ありがたいです。

志村けんさんも、データ改善、良かったです。

江部康二


【13/04/01 もんたろ


足裏の

こんばんは。

最近のアレで、すっかりご報告を忘れていました。

実は、3年苦しんだ足裏の痛みと痺れが無くなりました!

神経障害の診断は受けていませんが、症状を訴えて「神経障害ですか?」と聞けば「まあ、そうでしょうね」と(笑)
それに、あっという間にHbA1cも下がったので(旧値12.6から2ヶ月で旧値6.0、翌月は旧値5.7)、神経障害なんかどうってことないでしょ、的な対応でした;

でも痛くて感覚がおかしくて、全然歩けない日もありました。命が助かったのだから、我慢するかと諦めかけたこともあったし、ビタミン剤を飲んだり、靴に入れる良い中敷きを探したり。股関節も痛くて、泣きたいこともありました。

ある日の朝、急に痛みがないことに気づき、「アレ!?」と逆に焦ってしまい(笑)、翌日また少し痛み、3日後に痛くない、を経て、今は全く痛みや感覚異常はありません!おまけに股関節も痛くなくなりました!一時はトイレに座るのもやっとだったのに!(涙)

神経障害と思われる症状が全部無くなったわけではありませんが、ものすごく希望が湧いています。

江部先生、今更ですが、本当にありがとうございます!(泣)


先日、志村けんさんが体調が芳しくなく、肝臓の数値が悪くて中性脂肪が多いとブログで書いていらしたので、コメで糖質制限と江部先生ブログをご紹介し、果物も中性脂肪を増やします、と書かせて頂きました。毎日飲んでいらした手作り果物ジュースを止められた?ご様子で、検査では精密検査を残すも異常なしだったそうです。
ただ心配は、ちょっとカロリーが少な過ぎとお見受けします。

先日ある集会でお会いした作曲家のすぎやまこういち先生(82歳)も、元気の秘訣は不摂生とお肉!と仰っていました(笑)

脂質とたんぱく質は大事ですね。

長文失礼しました。】


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖質制限食実践でHbA1cが激減。10.7% →5.7%(JDS)
おはようございます。

双子のパパさんから、糖質制限食実践でHbA1cが激減という嬉しいコメントを頂きました。
ありがとうございます。

2013年1月 中旬
HbA1c(JDS) 10.7%
朝食前空腹時血糖値  370mg/dl

緊急入院してインスリン注射・・・退院前にはインスリン注射はなしとなる。

1月31日、退院後は糖質制限食実践。
退院1ヶ月後 HbA1c(JDS) 7.3%
空腹時血糖値  89mg/dl
HDL 70mg/dl
LDL 141mg/dl
中性脂肪    57mg/dl

退院2ヶ月後 HbA1c(JDS) 5.7%
空腹時血糖値  86mg/dl
HDL 58mg/dl
LDL 150mg/dl
中性脂肪    71mg/dl

素晴らしい改善ですね。

今のデータでスーパー糖質制限食なら、メトグルコ・セイブルも必要ないと思いますので、主治医とご相談ください。

HDLコレステロールが、2ヶ月後に70mg→58mgと下がったのは、不思議です。

スーパー糖質制限食ならLDLコレステロールは、半年・1年・2年で基準値になることがほとんどです。
HDLもまた増えていくと思います。

コレステロールに関しては2013年03月27日 (水) の本ブログ記事

「コレステロール値と食生活と糖質制限食」

をご参照いただけば幸いです。

このまま適量(∵)?のお酒で、美味しく楽しく糖質制限食をお続けくださいね。


江部康二


【13/04/01 双子のパパ

HbA1cが激減

江部先生はじめまして。
今年1月の中旬に会社の健康診断で
HbA1c(JDS) 10.7%
朝食前空腹時血糖値  370mg/dl
で緊急入院となり、一月が終わるまで入院してインシュリンとメトグルコ、セイブルで集中治療を行っていました。退院する頃にはインシュリンはやめられたのですが、入院中にWEBでいろいろと勉強している中に江部先生のブログを発見し本も取り寄せて、退院後は糖質制限食を実践しました。入院した大学系の病院でも炭水化物は全体の60%として全体のカロリーを1400kcalまで制限してくださいと言われましたが、そこは右から左に受け流しました。その退院1ヶ月後と2ヶ月後血液を測定してもらった状況がよかったのでご報告したいと思います。

退院1ヶ月後 HbA1c(JDS) 7.3%
空腹時血糖値  89mg/dl
HDL 70mg/dl
LDL 141mg/dl
中性脂肪    57mg/dl

退院2ヶ月後 HbA1c(JDS) 5.7%
空腹時血糖値  86mg/dl
HDL 58mg/dl
LDL 150mg/dl
中性脂肪    71mg/dl

病院の先生は「良すぎておかしい」と首を傾げていました。ただLDLが高めなので注意は受けましたが。1ヶ月後よりも2ヶ月後のコレステロール値が悪いのは誤差範囲か、花粉症でウォーキングを3週間ほどサボっていたからかな?と思っていますがどんなもんでしょうか?LDLも基準以内(139mg/dl以内)までさがってくれれば言うことはないのですが(笑)

それでも2ヶ月でHbA1cが5%も下がったのは糖質制限食のおかげだと思っていますし、ストレスも少なく食事もお酒(毎日糖質0発泡酒350ml×2本とウィスキーダブルぐらい・・飲み過ぎですね)も楽しんでいます。

血糖値を自分ではかって、食後血糖値も140mg/dl以上にならないように、またお酒を飲んでも低血糖値にならないようにコントロールしているので精神的にも安心です。セイブルとメトグルコはまだ服用していますがこれもいずれなくなりそうです。本当にありがとうございました。お礼と報告まで。】


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク東京』の結成について
こんにちは。

わんわんこと板橋・長谷川さんから

『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク東京』

の結成についてコメントをいただきました。

現在すでに10数名のメンバーがおられるそうです。

東京在住で興味のある方は長谷川さんに連絡していただけば幸いです。

長谷川さんのプロフィールです。

☆☆☆

長く、30年近く社会福祉の仕事をしてきた。
医療事務関係も少々
現在、東京の福祉事務所の職員
ボランティアでホームレスの支援活動を時々している
板橋区在住

私との共通点
 ●誕生月日が同じ
 ●2型糖尿病(私の発病は、55歳ころ・5年前)
   糖質摂らなければ正常人、ご飯一膳で血糖値200越え
 ●ボーカル(トップテナー) クラシック・フォークソングが好き
 ●お酒が好き。 恵比寿ビールと純米酒で発病か
 ●若い頃、反戦活動をしていた



わんわんさん。
コメントありがとうございます。

共通点が結構多いですね。

私は、クラシックは不調法でして、ポピュラーとフォークが好きです。

学生時代は、PP&Mとか、ブラザースフォーとか日本のフォークとかをバンドでやってました。

社会人になり、1994年からバンド<TURNING POINT> を率いて、毎月1回第三金曜日夜に、ライブ活動を続けています。

定期ライブ開始以来、一度も休んだことがないのはちょっと自慢です。

2007年12月からは、「ライブハウス 憧夢」で活動しています。

2009年1月から京都市営地下鉄東西線が、太秦天神川駅まで完成して、交通アクセスがとても便利になりました。

ライブハウス 憧夢 
http://www.106215.jp/
電話:075-861-2040
京都市営地下鉄東西線「太秦天神川駅」下車 北へ 徒歩 1分
入場料:¥1000- ワンドリンクつき

ジャンルはビートルズ、イーグルス、CCR、カーペンターズ、サム・クック、オーティス・レディング、スティービー・ワンダー、キャロル・キング、ベット・ミドラー、クラプトン、ポリス、エルトン・ジョン・・・・そしてサザン・オールスターズ、坂本九、柳ジョージ・・・

要するに何でもありのバンドなので飽きが来なくて長続きしてるようです。

歌が好きな方は、一度覗いてみてくださいね。


江部康二


【『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク東京』の結成について
 「(仮称)糖質制限食を広げる会・東京」の呼びかけ人、わんわんこと板橋・長谷川です。
昨年12月から、準備会を毎月1回開催し、4回の会合を重ね、以下のように、会を作ることになりました
1 会の名称について
  硬い名を避け、楽しく、間口を広く、糖質制限について広げようという名称がいいね。ということで、いま  まで使っていた仮称とはイメージを変え 『楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク』としました。
   コンセプトは、「楽しく糖質オフして健康な生活を!仲間を広げる」ゆったりとやって行く。
2 会の活動方針について
  「食後高血糖をまねかない食事を、ということで、参加者各人が目標を持ってそれぞれのやり方で・・」   「糖質オフカフェ」「ランチ会」「居酒屋会」を開催する
   会のブログを作成する(準備中)
   糖尿病について、基本的なことを知らない人が多いので、そういう人向けにもPRしたい。  ************************************************************************
私は、江部先生の埼玉講演会に参加して、ローカーボクラブのように、各地にミニコミュニティが出来ればいいなと思いました。
糖質セイゲニストin北九州
沖縄糖質オフ・ネットワーク https://ja-jp.facebook.com/toushitsuoff
千葉でも、集まれる仕組みを作りたいという話を聞きました。
千葉周辺でも糖質制限しているラーメン店や焼肉店があるようです

各地に糖質制限食の会を! http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2318.html
『食後高血糖と血糖変動幅増大を防げるのは糖質制限食だけという事実を世の医師に理解させて、1070万人 の糖尿人のために、何としてもこの合併症地獄の現実を変えなくてはなりません』 (江部先生)
私は、医師会が変わるのを応援し、自分達のいのちを守るためにも、各地に患者会を作って社会にPRしたらと思います。
「糖質オフカフェ」「ランチ会」「居酒屋会」などは、3人寄れば出来ます。
各地に広げていきたいですね。みなさん、一緒に頑張りましょう。
東京のメンバーは、現在10数名です
 私の連絡先  kiyohisa0108●withe.ne.jp (●を@に変える)】


【13/03/31 わんわんこと長谷川
「楽しく広げる!糖質オフ・ネットワーク東京」結成 日時・会場 4・5・6月の予定
発会
4月20日(土) PM2 時から4時15分まで
場所は、新宿区落合第一地域センター 第1集会室B (定員36名)
  http://www2.odn.ne.jp/~hak32900/
 西武新宿線下落合駅 徒歩 5分
○ Pm2  開会  呼びかけ人の私から、糖質オフ・ネットワークを作るに至った経緯と、会のコンセプトなどの説明
○ 自己紹介 経験交流を大事に
○ 「糖尿病の基本的知識」の勉強  
○ 糖質オフ会としては閉会し、準備会メンバーに残っていただき
  反省と5/18の企画、時間があれば、会のブログについての意見交換
☆ 会費については、
 使用料3200円を人数割り 他に資料代など 数百円
会場の都合があるので人数把握をするので、私のメールへ必ず連絡を
kiyohisa0108●withe.ne.jp (●を@に変える)
会合のあと、ネットワークに参加希望のかたは、申し出てください。

**************************

5月 糖質オフカフェの予告
  日時 2013.5.18 (土)  PM5時から8時
ルノアール [ 新宿3丁目ビッグスビル店 ]
東京都新宿区新宿2丁目19-1  伊勢丹の近く
03-5379-2766   7号室   禁煙 10~27名様
室料  3時間で6300円 参加者で人数割り 別に飲み物代
★神経内科医のTagashuu先生が、上京し参加されます。PM6くらいに、参加できるそうなので
 糖質オフカフェを、pm5から始めます。
ということで、5/18は、糖質オフ会+Tagashuu先生を囲む会となります。
 参加希望の方は、会場の都合があるので、私のメールへ必ず連絡を。
 kiyohisa0108●withe.ne.jp (●を@に変える)を公開します。

* *************************
6月 糖質オフカフェの予告
  日時 2013.6.15 (土)  PM3時から6時】
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット