FC2ブログ
全日本鍼灸学会第31回関東支部学術集会・市民公開講座
こんにちは。

全日本鍼灸学会第31回関東支部学術集会・市民公開講座のご案内です。

市民公開講座なので、わかりやすいお話しをこころがけます。

入場無料ですので、関東の糖尿人・メタボ人の方々、是非ご参加をお待ちしております。


江部康二



期 日:平成24年11月11日(日)
会 場:群馬パース大学 JR上越線・両毛線「高崎問屋町駅」問屋口から徒歩8分
時 間:15:20~16:20(講演60分)

参加費:無料

演題:「糖尿病から癌に至るまで非常に有効な糖質制限食」

演者:京都高雄病院理事長 江部 康二

問い合わせ先:第30回(社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会
事務局長:箕輪政博 E-mail:m.mnw4@chiba-c.ed.jp
集会実行委員長:池田教克
〒371-0052 群馬県前橋市上沖町246-2
TEL:027-232-0369


以下当日の抄録です。

☆☆☆
抄録

糖質制限食と糖尿病
-メタボ・生活習慣病・がん-

「脂肪悪玉説」、「カロリー至上主義」、「脳のエネルギー源はブドウ糖だけ」といった従来の常識は現在根底から覆っている。例えば米国医師会雑誌2006年の論文で、脂肪を総摂取カロリー比20%に制限しても心血管疾患、乳がん、大腸がんリスクは全く減少しないことが確認され、総コレステロール値も差はなかった。すなわち脂肪悪玉説には根拠がなかった。

さらにニューイングランド・ジャーナルの2008年の論文で、カロリー制限ありの脂肪制限食と地中海食、カロリー制限なしの糖質制限食の3者の効果を比較検討した結果、糖質制限食が最も体重を減少させ、HDLコレステロールを増加させたことが明らかとなった。糖質制限食群が最も摂取カロリーは多かったが、体重減少が顕著であり、ここにカロリー神話も崩壊した。糖質制限食実践により、食事中にも常に脂肪が燃え、肥満ホルモン・インスリンの追加分泌はごく少量ですみ、肝臓でアミノ酸などから糖新生が行われエネルギーを消費し、体重減少につながる。

米国糖尿病学会によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は3分から120分で100%血糖に変わるが、タンパク質・脂質は血糖に変わらない。動脈硬化のリスクとなるグルコーススパイク(急激な食後高血糖)を生じるのは糖質だけである。また酸化ストレスのもととなる一日平均血糖変動幅を悪化させるのも糖質だけである。糖質制限食なら食後高血糖は生じず、平均血糖変動幅は速やかに改善する。一方カロリー制限をしても糖質を摂取すれば必ず食後高血糖を生じ、平均血糖変動幅の悪化を招き、酸化ストレスが亢進する。

2型糖尿病高雄病院入院患者において、同一カロリーにそろえた従来の糖尿病食(高糖質食)と糖質制限食における血糖の日内変動を比較検討してみた。その結果、糖質制限食では従来の糖尿病食(高糖質食)に比べて顕著な食後血糖降下効果が認められた。

脳はブドウ糖だけでなくケトン体をエネルギー源としていくらでも利用する。ケトン体は肝細胞内で「脂肪酸→β酸化→アセチルCoA→ケトン体」という順番で日常的につくられていて、肝臓では使われずに、他の臓器・脳・筋肉のエネルギー源として供給される。日常生活では空腹時は心筋・骨格筋など多くの体細胞は脂肪酸・ケトン体を主エネルギー源としているのに対して、赤血球・脳・網膜など特殊な細胞だけがブドウ糖を主エネルギー源としている。なお赤血球はミトコンドリアがないのでブドウ糖だけが唯一のエネルギー源である。ミトコンドリアは細胞内のエネルギー生産処置である。

人類700万年の進化と食生活について考察した。さらに食前と食後の血糖変動の観点から人類の食生活を3段階にわけて検討した。糖尿病・メタボ以外の生活習慣病とがんに関しても若干の考察を加えた。


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
低糖工房が謳う糖質制限と江部康二の糖質制限食は、一切関わりありません
リボン食品株式会社、低糖工房に関するYahooのリスティング広告が、以下の赤字内容で出ていました。

低糖工房、リボン食品とも江部康二の名称の使用を許可した事実は全くありません。

明らかな名称の不正使用であります。

恐らく、この広告を見て、江部康二が推奨していると思われて、低糖工房の商品を買われた人もおられると思います。

注意喚起のため、再掲致します。


《ドクター江部》推奨の糖質制限
江部康二さん推奨!糖質制限なら《低糖工房》お試しセット/提携
teito.kobo.com/


さも江部康二が低糖工房の商品を推奨しているかのように受け取れる広告ですが、私、江部康二が、リボン食品株式会社及び販売サイトの低糖工房、また低糖工房で販売されている商品など、過去に推奨した事実は一切なく、広告及びリボン食品サイト、低糖工房サイトでの「江部康二」の名称の使用も、一切許可したことはありません。

また、低糖工房で糖質制限と名乗って販売している商品と、江部康二が臨床で取り組んでいる糖質制限による糖尿病治療、高雄病院で行われている糖質制限食治療とは、一切の関わりが無いことを明記致します。

この広告は名称の不正使用であり、現在法的手段を準備中です。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖尿病がどんどんよくなる「糖質制限食」おすすめレシピ集(ナツメ社)
こんばんは。

糖尿病がどんどんよくなる「糖質制限食」(ナツメ社) 2010年12月刊行

がおかげさまで売れ行き好調で、現在第16冊となりました。

とても嬉しいです。

今回、糖尿病がどんどんよくなる「糖質制限食」の実践編である

糖尿病がどんどんよくなる「糖質制限食」おすすめレシピ集(ナツメ社)

が、2012年10月17日に発売となりました。

こちらもおかげさまで早速、重版となりました。

レシピを、おしゃれなイアタリアン、モダン和食、酒と肴、スイーツにジャンル別にし、巻頭には理論編として簡単に糖質制限食の説明も入れていますので、初めて糖質制限食を知った方にもわかりやすい構成と内容です。

糖質制限食を実践するさいの、さまざまな疑問に答える一冊となるでしょう。

皆様のお役に立てば幸いです。

江部康二


以下は、糖尿病がどんどんよくなる「糖質制限食」おすすめレシピ集(ナツメ社)のあとがきです。

☆☆☆

あとがき

近年、さまざまな学会や医学雑誌、書籍で、糖質制限食の話題を見聞きするようになりました。2012年5月の糖尿病学会年次学術集会では、糖質量130g/日の緩やかな糖質制限食を糖尿病食事療法の選択肢の一つとするコンセンサスが得られました。エネルギー制限食一辺倒だった糖尿病治療からの、まさに歴史的な転換です。

現在も、糖尿病専門医による研究が複数進められ、大学病院でも治療への導入が検討されているようです。同時に批判・反対意見もみられるようになりましたが、賛成派の医師も確実に増えていますし、討論が活発に行われるのは良いことです。研究や討論によって糖質制限食がさらに注目されますし、歴史的・科学的にも正しい食事療法であることがわかっていただけるでしょう。

糖質制限食が医学界だけでなく、世の中全体に広がっていることは間違いありません。糖尿病の新しい食事療法としてだけでなく、ダイエット法、健康法としても紹介され、一般書も増えてきています。医師や患者さんだけでなく、健康な人たちにも糖質制限食の認識が広まっているのを感じます。最近は、糖質ゼロの発泡酒や食品も増えて手に入りやすくなりましたし、糖尿人にとって良い方向に環境が整ってきているといえます。

糖質制限食は、エネルギーの計算不要でおかずをたっぷりとり、お酒も蒸留酒なら飲むことができます。私のブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記』にも、食材や調味料に関する質問が多く寄せられます。食材にも流行があり、今回取り上げた塩麹や酒粕のように、糖質が多く含まれるものもあります。こうした調味料はまさにさじ加減といったところで、糖質の多いものも少量をうまく使うことで料理の幅が広がります。

本書は、2010年刊の『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食(ナツメ社)』の、実践編といえます。毎日糖質制限食を続けられるように、レシピをジャンル別にし、食材の使い方や使い回し術、調理方法を紹介することを目的にしました。レシピの要所で、糖質制限ならではの食材の選び方や調理のポイントを解説しています。また、巻頭には理論編として簡単に糖質制限食の説明も入れていますので、初めて糖質制限食を知った方も安心してお読みいただけます。糖質制限食を実践するうえで生まれがちな、さまざまな疑問に答える一冊となるでしょう。

最後に、エネルギーや糖質量のチェック、食材・調理のアドバイスをしてくださった管理栄養士の大柳珠美さん、料理・レシピをご提供いただいた料理研究家の牛尾理恵さんに、御礼と感謝を申し上げます。また、読者の皆さまが薬に頼らず人生を過ごせるよう、本書がおいしく楽しい糖質制限食生活の一助となれば幸いです。

(財)高雄病院理事長 江部康二



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
チャンネル:Eテレ 「あなたにあった食事療法」 糖質制限食も登場
こんにちは。

moireさんから情報をいただきました。

moireさん、ありがとうございます。

NHKのチャンネル:Eテレ で、2012年11月8日(木)
きょうの健康 糖尿病 進歩する治療法「あなたにあった食事療法」
という番組が放送予定です。

講師は、東京都済生会中央病院センター長の渥美義仁先生です。

糖質制限食も登場ということなので嬉しいですね。

おそらく緩やかな糖質制限食(1日の糖質摂取量130g)までは容認というお話になると思いますが、おおきな進展ではあります。

一方、スーパー糖質制限食(1日の糖質摂取量40~60g以下)を日本糖尿病学会の重鎮の先生方がお認めになるには、なおかなりの時間がかかると思います。

糖質を摂取する限りは、食後高血糖と平均血糖変動幅という最も酸化ストレスを起こす指標は改善困難なので、
糖尿病合併症予防も困難です。

すなわち現行のカロリー制限食では、糖尿病合併症予防は極めて困難です。

糖質制限食なら食後高血糖と平均血糖変動幅はリアルタイムに改善するので糖尿病合併症予防もおおいに期待できます。

このことは理論的には明白な事実ですので、全国の糖尿人のために、何とかできるだけ早く全ての「糖質制限食」を日本糖尿病学会として認めて欲しいものです。


江部康二


NHKオンライン

番組タイトル:きょうの健康 糖尿病 進歩する治療法「あなたにあった食事療法」
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20121108-31-06709

チャンネル:Eテレ
放送日時: 2012年11月8日(木)
午後8:30~午後8:45(15分)
ジャンル: 情報/ワイドショー > 健康・医療
福祉 > 高齢者
趣味/教育 > 生涯教育・資格
番組HP: http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

糖尿病治療の大きな柱である食事療法。食生活の多様化で個別の対応が重視されている。新たな選択肢として「糖質制限食」も登場。食事管理の最新情報を具体的に紹介する。

糖尿病治療の大きな柱となるのが、血糖コントロールの改善と合併症予防を目指す「食事療法」。最近は食生活が多様化し、患者それぞれのライフタイルや病態に応じた個別対応の食事療法が重要視されている。血糖値を上げやすい食べ物のとりすぎを控え、野菜を多くとるなど具体的な方法を紹介。また、ご飯やパンなど糖質の多い食品を制限する「糖質制限食」も新たな選択肢として注目されている。糖尿病の食事療法の最新情報を伝える。

【講師】東京都済生会中央病院センター長…渥美義仁,
【キャスター】濱中博久, 久田直子



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
朝日カルチャーセンター湘南教室・糖質制限食講座のご報告
こんにちは。

2012年10月31日(水)13:30~15:30、

朝日カルチャーセンター湘南教室で「糖質制限食による糖尿病の解決」と題して、お話しました。

講演開始前、約15分間、別冊宝島のライターさんと打ち合わせ、講演終了後1時間、読売新聞の記者さんのインタビューを受けました。

100人を超える参加者で、熱気にあふれる会となりました。

講演前から、質問を5分間うけました。

90分間ゆっくりたっぷり症例を交えて糖質制限食のお話をしました。

同一カロリーの従来の糖尿病食(高糖質食)と、糖質制限食の症例の血糖日内変動のデータを提示して説明しました。

「現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、一日の摂取カロリーを1400キロカロリーと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じます。

また3度の食事の度に血糖値の急激な上昇と下降があるので、一日平均血糖幅も大幅に増加し酸化ストレスが亢進します。糖尿病の血糖コントロール及び合併症の予防には、カロリー制限より糖質制限が重要なのです。」

といった具体的な症例を通してのお話などをわかりやすく展開しました。

90分間の講演のあと、30分間の質疑応答でしたが、質問されるかたが後を絶たず、読売新聞のインタビューがひかえていたため、何人かの質問にお答えする時間がありませんでした。すみませんでした。 m(_ _)m

帰りの電車で、横浜から新横浜まで丁度ラッシュアワーで、身動きできないくらいの混みようでした。

新横浜のプラットホームでもあまりの混雑・人混みで、駅員が人波を誘導していました。

京都ではまずお目にかかれない光景で、タジタジでした。 (*_*)



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
低糖工房、リボン食品と江部康二・高雄病院は一切関わりありません
リボン食品株式会社、低糖工房が、Yahooのリスティング広告に以下の赤字の広告を出しました。

低糖工房、リボン食品とも江部康二の名称の使用を許可した事実は全くありません。

明らかな名称の不正使用であります。

恐らく、この広告を見て、江部康二が推奨していると思われて、低糖工房の商品を買われた人もおられると思います。

これは由々しき事態です。

注意喚起のため、再掲致します。


《ドクター江部》推奨の糖質制限
江部康二さん推奨!糖質制限なら《低糖工房》お試しセット/提携
teito.kobo.com/


さも江部康二が低糖工房の商品を推奨しているかのように受け取れる広告ですが、私、江部康二が、リボン食品株式会社及び販売サイトの低糖工房、また低糖工房で販売されている商品など、過去に推奨した事実は一切なく、広告及びリボン食品サイト、低糖工房サイトでの「江部康二」の名称の使用も、一切許可したことはありません。

また、低糖工房で糖質制限と名乗って販売している商品と、江部康二が臨床で取り組んでいる糖質制限による糖尿病治療、高雄病院で行われている糖質制限食治療とは、一切の関わりが無いことを明記致します。

この広告は名称の不正使用であり、現在法的手段を準備中です。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖質制限ドットコム クリスマスケーキ 今年も予約受付開始です
こんにちは。

あらてつさんの糖質制限ドットコムにて、今年も糖質制限クリスマスケーキの予約受付が始まりました。

クリスマスケーキ_convert_20121102112201

昨年は、ビッシュ・ド・ノエル4種類でしたが、今年はホールタイプとビッシュ・ド・ノエルが選べるみたいですね。

試作の段階で何度か頂きましたが、4種類とも過去最高の味わいでした(^O^)

ここまでくると、砂糖や小麦粉を使っていないなんて、言われないと分からない完成度です。

こんなに素晴しいケーキを作ってくださった、菓子職人の稲井シェフに心から敬意を払いたいと思います。

私は、早速4台とも予約しました(^_^)


詳細・ご予約はこちらになります。
↓ ↓ ↓
糖質制限クリスマスケーキ
http://www.toushitsuseigen.com/shop/sweets_xmascake2012.html

あらてつさんによると、毎年売り切れてお客様に怒られるので、今年は数量を増やしたとのことです。

糖尿人の皆さん、今年のクリスマスは、稲井シェフ渾身の糖質制限クリスマスケーキを是非お試しあれ。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
リボン食品 低糖工房と、江部康二・高雄病院は一切関わりありません 再掲 
再掲します。

リボン食品株式会社、低糖工房が、Yahooのリスティング広告に以下のスポンサードサーチを出しています。

《ドクター江部》推奨の糖質制限
江部康二さん推奨!糖質制限なら《低糖工房》お試しセット/提携
teito.kobo.com/

さも江部康二が低糖工房の商品を推奨しているかのように受け取れる広告ですが、私、江部康二が、リボン食品株式会社及び販売サイトの低糖工房、また低糖工房で販売されている商品など、過去に推奨した事実は一切なく、広告及びリボン食品サイト、低糖工房サイトでの「江部康二」の名称の使用も、一切許可したことはありません。

また、低糖工房で糖質制限と名乗って販売している商品と、江部康二が臨床で取り組んでいる糖質制限による糖尿病治療、高雄病院で行われている糖質制限食治療とは、一切の関わりが無いことを明記致します。

この広告は名称の不正使用であり、現在法的手段を準備中です。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
リボン食品 低糖工房と、江部康二・高雄病院は一切関わりありません
リボン食品株式会社、低糖工房が、Yahooのリスティング広告に以下のスポンサードサーチを出しています。

《ドクター江部》推奨の糖質制限
江部康二さん推奨!糖質制限なら《低糖工房》お試しセット/提携
teito.kobo.com/

さも江部康二が低糖工房の商品を推奨しているかのように受け取れる広告ですが、私、江部康二が、リボン食品株式会社及び販売サイトの低糖工房、また低糖工房で販売されている商品など、過去に推奨した事実は一切なく、広告及びリボン食品サイト、低糖工房サイトでの「江部康二」の名称の使用も、一切許可したことはありません。

また、低糖工房で糖質制限と名乗って販売している商品と、江部康二が臨床で取り組んでいる糖質制限による糖尿病治療、高雄病院で行われている糖質制限食治療とは、一切の関わりが無いことを明記致します。

この広告は名称の不正使用であり、現在法的手段を準備中です。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット