FC2ブログ
スーパー糖質制限食でHbA1cさらに改善
おはようございます。

2011.08.09 (Tue)のブログ記事「スーパー糖質制限食で血糖値改善も、やせて困る」

に登場頂きましたヒデドンさんから、その後の経過をコメントいただきました。

順調な改善です。


【11/10/03 ヒデドン

退院後3回目の検診
 
江部先生こんにちは

以前投稿させていただいた広島の58歳の男です。

本日6/3は検診日でしたので結果報告させていただきます。
1回目から3回目の推移です。

1回目6/20⇒2回目8/8⇒3回目10/3

血糖値は食後約2時間後
125⇒120⇒130

HbA1c
9.0⇒6.4⇒5.5

BUN
19.0⇒26.3⇒19.9

CRE
0.64⇒0.86⇒0.74

前回に続き担当の先生は前回にも増して驚かれていました。

体重減が心配でしたが前回から横ばいで増減は落ち着いているようです。

先生:お薬減らしてみようか

私:アクトスは実は飲んでいなくて・・・

先生:なんで?

私:ネットで膀胱・・・

そんなこんなのやりとりで結局は

アクトス 朝1錠だったのが止め
ジャヌビア 朝1錠だったのが止め
メトグルコ 朝昼夕に各1錠は通常通り
キネダック 朝昼夕に各1錠は通常通り

2種類のお薬が減らされました。

ちなみにスーパー糖質制限食はあえて話はしていません。

前回に話して理由は解かっていてもOKは出しづらいのかな?
と思ったからです。

近所の薬局で処方箋をもらいにいったところ薬剤師さんもビックリされていました。私の投薬のデータがあるからです。

すべては江部先生のブログに出会えたからこその結果です。

教育入院してからそのままの食事療法をと考えただけでもぞっとします。
言葉では言い表せないほど感謝しております。
ありがとうございました。】



ヒデドンさん。
とても順調な改善、良かったです。

HbA1c
6.20:9.0%
8.8 :6.4%
10.3:5.5%

コントロール良好から、コントロール優秀になりましたね。 (^^)
アクトス、ジャヌビア中止OKでよかったです。

メトグルコ 朝昼夕に各1錠は通常通り

メトグルコ(塩酸メトホルミン)は日本ではメルビン、グリコランと同じで、ビグアナイド系の薬です。

ビグアナイド剤の作用は、肝臓での糖新生の抑制が主で、その他消化管からの糖吸収の抑制、末梢組織でのインスリン抵抗性の改善などがあります。

従ってSU剤とは違って、膵臓に直接作用するのではなく、膵外作用で血糖値を下げますので、膵臓には優しい薬といえます。

単独使用では、低血糖を起こす危険は極めて低いです。

HbA1cがこのまま安定していれば、メトグルコも中止してもらえると思いますよ。

キネダック 朝昼夕に各1錠は通常通り

キネダッックは糖尿病神経障害の薬です。
足のしびれと痛みはどうですか?

糖尿病神経障害、軽症ならHbA1c5.5%を維持すれば症状が軽減する可能性もありますが、どのていどのダメージを神経が受けているかですね。

体重も減り止まってよかったです。
170cm 50kg BMI17.3
今後少しずつ増やして、まずは52.1kgでBMI18超えを目指しましょう。



江部康二



☆☆☆☆☆

2011.08.09 (Tue)のブログ記事
スーパー糖質制限食で血糖値改善も、やせて困る

こんにちは。
今回は広島のヒデドンさんから「スーパー糖質制限食で血糖値改善も、やせて困る・・・」というコメント・質問をいただきました。

【11/08/09 ヒデドン
退院後 2回目の検診

江部先生はじめまして
広島在住の58歳の男性です。

去年の夏くらいに足の冷えからはじまり今年の冬には足の痺れと痛みに悩まされそれでも放置していましたが5月に歩くことさえ困難になり開業医に行ったところ糖尿病の診断で大きい病院に紹介され教育入院をしました。

5/2(初検診)
尿蛋白(+-) 血糖値286mg/d Hba1c8.5%
この日より当ブログを見てS糖質制限食を実行です。

5/8(入院)
入院時は血糖値180mg/dで後は200mg/d前後で推移してました。摂取カロリーは1920kcalで設定され主食は朝食パン2枚、昼夕は白米200gでした。

6/20(1回目の検診)
尿蛋白(-) 血糖値125mg/d Hba1c9%
退院後は5月いっぱい言われた内容の食事を守っていました。その後は再びS糖質制限食を実行です。

8/8(2回目の検診)
尿蛋白(-) 血糖値120mg/d Hba1c6.4%

採血はいずれも食後2時間後の数値です。8/8の検診では担当医もびっくりされていましたが体重が初検診から2回目の検診時までに-4kg減っていました。

ちなみに身長170cmで初検診時の体重が54kgです。

担当医「ちゃんとご飯たべようる?」

わたし「夏場で食欲がなくて。。。」

担当医「それにしても体重が減りすぎじゃろ」

わたし「実は、、、主食を食べとらんのうよ」

担当医「そりゃあいけんよ!ちゃんとたべんと体力がもたんよ」

わたし「血糖値が上がりそうで、、、」

担当医「そんときは薬で落としてあげるけえ」

そんなやりとりで「はい、わかりました」と返事はしたものの悩みは体重が減りこそすれ増えないことです。スタンダードかプチ糖質制限食に切り替えた方がよろしいのでしょうか?】



ヒデドンさん。
コメントありがとうございます。
私は修道高校卒業ですので、広島弁が懐かしいです。 (^^)

2011年5月2日、
初診時、血糖値286mg/d Hba1c8.5% 、 170cm 54kg
5月8日入院して
摂取カロリーは1920kcal/日、
主食は朝食パン2枚、昼夕は白米200gを摂取。
その後退院して
5月31日まで、入院時と同様のカロリー制限食を摂取。
6月20日、血糖値125mg/d Hba1c9%
カロリー制限食実践だと、HbA1cは「初診時8.5%→1ヶ月半後9%」とかえって悪化しています。

食パン2枚には糖質が約53g、炊いたご飯200gには糖質が約74g、含まれています。

1gの糖質が体重64kgの2型糖尿人の血糖値を約3mg上昇させます。

カロリー制限しても主食(糖質)を摂取すれば、食後高血糖は必発ですね。

HbA1cは過去2ヶ月間の平均血糖値を反映してますので、9%もあったのでしょう。

6月1日から、スーパー糖質制限食にきりかえて約10週目、8月8日、血糖値120mg/d Hba1c6.4%、170cm 50kg

素晴らしい改善です。

食後2時間血糖値も120mg/dlなので全く問題ありません。

折角、薬なしでここまで改善しておられますので、このままスーパー糖質制限食を続けられるのがよいと思います。
糖尿人においては、スタンダード糖質制限食は1回/日、プチ糖質制限食は2回/日、食後高血糖を生じ、動脈硬化のリスクとなるのが欠点です。

さて、確かに170cm 50kg BMI17.3 と少し痩せすぎですので、工夫が必要ですね。

BMI18.5未満が低体重なので、とりあえず53.5kgを目指しましょう。担当医も体重が回復すれば、糖質制限食を理解していただけるかもしれません。

まず、低カロリーになりすぎてないか、チェックしてみましょう。

糖質制限食ですから、脂質・タンパク質はしっかり摂取して、少なくとも、1920kcal/日は必要と思います。
少食タイプの人は、糖質制限食でおかずばっかり食べると結構お腹いっぱいになり、結果として量的に不足し低カロリーになることがあります。

高雄病院入院中の糖尿人でも、500キロカロリーの1回のスーパー糖質制限食を、食べきれずに残す方がおられます。

従って、もともと少食のタイプでは、カロリー不足対策が必要です。

このような場合は、間食の出番です。糖質制限OK食材なら、間食もOKです。

具体的には、間食としてナッツ類(アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ・・・)を20~30粒程度なら糖質が約3~5gですので、一日に2~3回は大丈夫です。

それと、糖質制限食でやせ過ぎて困るという人には、通常糖尿人には奨めないのですが、敢えて果物がお奨めです。

果物の中でも、アボカドは、100g(1個)あたりの糖質含有量が0.9gと圧倒的に少ないので、糖尿人にもOKで、とてもいいですね。

その他、100gあたり糖質10g以下の果物は、

いちご、りんご、パパイア、グレープフルーツ、夏みかん、はっさく、メロン、もも・・
などです。
それぞれ
いちご 7粒、
りんご 1/4個、
パパイア 1/2個、
グレープフルーツ 1/4個、
夏みかん 1/4個、
はっさく 1/3個、
メロン 1/8個、
もも中くらい 2/3個

くらいなら、1回の摂取量での糖質は10g以下です。

果物に含まれる糖質は、「果糖・ショ糖・ブドウ糖・ソルビトール・・・」などです。

このうちメインの果糖は、血糖値をほとんど上昇させず、上記ていどの量なら食後高血糖にはなりにくいですが、
カロリーはありブドウ糖より中性脂肪に変わりやすいので体重は増えます。

あとオリーブオイルを調理に積極的に使ってカロリーを稼ぐ手もあります。

やせてる糖尿人には、「ナッツ類、果物適量、オリーブオイル」が三種の神器でしょうか。


江部康二


11/08/09 ヒデドン

江部先生 記事にしていただき本当にありがとうございました。
著書も2冊ですがセブンイレブンで予約してきました。
ちなみに薬なしとありましたが経口薬は
朝 ジャヌピア50mg  アクトス30mg 各1錠
朝・昼・夕 メトグルコ250mg  キネダック50mg 各1錠
服用しています。
これからもスーパー糖質制限食でがんばり今度の10月の検診では少なくとも体重減はないように頑張りたいと思います。


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
「タニタ体組成計で測定しました。」→訂正です。
こんばんは。

2011年9月27日の記事「タニタ体組成計で測定しました。」

で、運動選手並みの体脂肪率と報告してのですが、今回訂正させて頂きます。

タニタ体組成計には、「標準モード」と「アスリートモード」があって、前回は深く考えず、「アスリートモード」で測定したら、体脂肪率がやたら低めにでたのです。

タニタさんのホームページで、調べたら

・ 一週間に12時間以上のトレーニングを行っている方
・ 体育会やスポーツ実業団に所属し、競技会等を目指してる方
・ プロスポーツ選手
・ ボディビルダーのように、筋肉量が多くなるようなトレーニングを行っている方

上記のような方がアスリートモードによる測定を推奨でした。

私とは似ても似つかないので、標準モードで測定しなおしてみました。

そうすると、体脂肪率は19.4%で、前回よりだいぶ多くでました。

要するに運動選手並みでなくて、ごく普通人でやや少ない方ですね。

体内年齢は、幸い37才を確保ですが、何と、「運動不足型」と喝破されてしまいました。 (*- -)(*_ _)

わずか5日間で「細身筋肉質」から「運動不足型」への凋落??。

ウーム。鋭い。タニタ体組成計、恐るべし!

まあ、ばれて元々ですが・・・。

ちなみにアスリートモードでも測定してみたら、体脂肪量と筋肉量に大きな差がありました。

測定に使う体組成計内の数式が、標準モードとは違うのでしょう。

実際、ほとんど運動はしておりませんので、等身大の結果と納得してます。

それでも運動不足型のわりには、基礎代謝量は標準より少し高めであり、これはスーパー糖質制限食のおかげかなと思っています。 (^^)



☆☆☆タニタ体組成計で測定
2011年9月28日(水)
<標準モード>
61才
167cm
56.3kg
体脂肪率:19.4%
脂肪量:10.9kg
除脂肪量:45.4kg
筋肉量:43.0kg
体水分量:28.5kg
推定骨量:2.4kg
基礎代謝量:1216kcal
体内年齢:37才
BMI:20.2
運動不足型

<アスリートモード>
61才
167cm
56.3kg
体脂肪率:12.4%
脂肪量:7.0kg
除脂肪量:49.3kg
筋肉量:46.7kg
体水分量:29.6kg
推定骨量:2.6kg
基礎代謝量:1316kcal
体内年齢:36才
BMI:20.2
細身筋肉質



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
スーパー糖質制限食実践1ヶ月で、HbA1cが14.2→10.3%に改善
こんばんは。

ひごまるさんから、その後の経過をコメントいただきました。

スーパー糖質制限食実践1ヶ月で、HbA1cが14.2→10.3%に改善です。


【11/10/02 ひごまる

こんにちは。  ひごまるです。

新しいデータです。

H22・08・05血糖値294mg/dl
H23・08・04血糖値307mg/dl
H23・08・17血糖値278mg/dl A1c14,2%
H23・09・01スーパー糖質制限食スタート
H23・09・18血糖値183mg/dl A1c11,5%(ネシーナ25mg・グリメピド3mg服用開始)
H23・09・26血糖値90mg/dl(朝食後4時間45分)
H23・10・02血糖値124mg/dl A1c10,3%(空腹時血糖)薬の服用なし

上記の結果となりました。
糖質制限を始めて丁度、1ヶ月になります。

最近、寝起きから2時間程、頭痛が激しいのですが、糖質制限との関連はあるのでしょうか?

ふすまパンについてですが、自宅のホームベーカリーで 強力粉とふすま粉50%でふすまパンを自作しました。

米粉とふすま粉50%でも、作りましたが、米粉と糖の関係が気になり、食べずにおります。

先生もふすまパンを食べられてるようですが、どのようなタイミングで?食べられてますか?

いつも質問ばかりで、すいません。】




ひごまるさん。

内服薬の服用なしで、H23年10月2日の検査で

「空腹時血糖値124mg/dl 」と境界型まで改善、HbA1c10.3%で、当初より3.9%減少

素晴らしいの一言です。(^-^)v(^-^)v

このまま、内服薬なしで、正常レベルに改善する可能性が高いです。

今後HbA1cは、月に1~2%改善していくでしょう。

主治医も結果がよければ、内服薬なしを、納得していただけると思いますよ。

頭痛ですが、通常は糖質制限食で生じることはありません。

しかし、低カロリー過ぎると頭痛や全身倦怠感など生じることがあります。

脂質・蛋白質はしっかり摂取して、低カロリーになり過ぎないよう注意してください。

米粉と強力粉は、いずれも糖質たっぷりで、糖質制限食NG食品です。

私は、かなりの面倒くさがりなので、

糖質制限ドットコム  http://www.toushitsuseigen.com/

のおいしい糖質制限パンなどを適当に食べています。

おかずだけで、パンなしの日も多いです。



江部康二


☆☆☆
2011.09.28 (Wed)の本ブログ記事

糖質制限食で血糖値、HbA1c改善、低血糖に注意
おはようございます。

ひごまるさんから
糖質制限食で血糖値、HbA1c改善という嬉しいコメントをいただきました。

【11/09/27 ひごまる
驚きの?結果?
こんにちは。 ひごまる です。

本日、風邪気味の為、薬を処方してもらおうと主治医の元へ行った際、ついでに血糖も計ることになったのですが、驚きでした。

最新データの前に、私のデータを。

47歳・男・身長168cm・体重56kg

H22・08・05血糖値294mg/dl
H23・08・04血糖値307mg/dl
H23・08・17血糖値278mg/dl A1c 14,2%

H23・09・01よりスタンダード糖質制限食をスタート。

毎食事の一例

(朝)小松菜いり卵・ヨーグルト85g・野菜スープ・無糖コーヒー1杯
(昼)手作り弁当 (野菜と魚の蒸焼き・小松菜いり卵焼き・厚揚げ
           (寒天ゼリー無糖250g・もずく酢1パック)
(夕)野菜サラダ ボール3分の2・豆腐1パック・納豆1パック・
   もずく酢1パック・野菜と魚の蒸焼き
水分・・・約2~3ℓ(腸閉塞の持病予防の為)

H23・09・18血糖値183mg/dl A1c 11,5%
(主治医よりネシーナ錠25mg・グリメピリドOD錠3mgを処方され服用)
そして、本日

H23・09・26血糖値90mg/dl (朝食7:30検査時間12:15)

上記の様なデータとなりました。 
何もわからず、江部先生の著書数冊を頼りに、糖質制限を始めて約1ヶ月、半月間は薬の服用があるとはいえ、食後血糖が、90mg/dlとは?喜んでいいのか?
主治医からは、前回のA1cの値が異常に高かったので薬は飲み続けて下さいと、言われましたが、先生の見解は、如何でしょうか?

お忙しいとは思いますが、宜しくお願い致します。】



ひごまるさん。

拙著のご購入ありがとうございます。
また血糖値、HbA1cの改善、良かったです。

H23・09・26、朝食後4時間45分の血糖値が90mgです。

高血糖も困りモンですが、低血糖はもっとこわいです。

ネシーナ(DPP-4阻害剤)とグリメピリド(アマリール、SU剤)の組み合わせは標準的治療ですが、グリメピリド3mgだと低血糖の恐れがあります。

日本糖尿病学会は、DPP-4阻害剤と併用する場合グリメピリド2mg/日以下を推奨しています。

ひごまるさんの献立をみると、スタンダードというよりは、スーパー糖質制限食ですね。

低血糖防止のため、グリメピリドはいったん中止がよいと思います。

ネシーナだけで、このまま血糖値とHbA1cが改善するなら、それでいいと思います。

もし改善がとまれば、グリメピリド1mg/日とか0.5mg/日を考慮されたらよいと思います。

事後承諾となりますが主治医とよくご相談ください。

2010.06.11 (Fri)のブログ記事「DPP-4阻害薬(ジャヌビア、グラクティブ)と低血糖」
もご参照いただけば幸いです。



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖質制限食で血糖・HbA1c・血圧改善、そして眼底出血改善
おはようございます。

さんちさんから、びっくりするくらい嬉しいコメントをいただきましたので、記事にさせていただきます。


【11/10/01 さんち
有難うございます!
江部先生、いつもお世話になります。以前二度質問にご解答頂きました。有難うございました。

さて糖質制限を始めてもうすぐ半年がたとうとしています。体重は22キロ減。ヘモグロビンも4パーセント台、血圧も以前は170の100といったところでしたが、現在は125の80程度に落ちました。

これもすべて江部先生のご本やブログのお陰としか言いようがありません。ほんとにほんとに有難うございます。

今日は眼底出血についてのご報告です。糖尿病と診断された半年くらい前、ヘモグロビンが7.1の時ですが、医師より眼底出血の検査を進められ、その結果は左目にパラパラっと出血が認められるというものでした。すごくショックでした。というより恐怖を感じました。

それなのに、本日再び検査したところなくなっていたのです。吸収されたみたいですね。すごいですね。よく頑張りましたねとお褒めの言葉を頂けました。もう嬉しくて主人も私も感激でした!糖質制限、素晴らしいです。これからも維持できるように頑張ります。江部先生、有難うございました。】




さんちさん。
まずはおめでとうございます。(^-^)v(^-^)v 
そして、拙著のご購入ありがとうございます。

半年前にいったん確認された眼底出血が、10月1日の検査でなくなった・・・

これはすごいです。ヾ(゜▽゜)

血糖コントロール優秀を保つうちに、軽度の眼底出血が吸収されて、検査してもわからないていどまで改善したということですね。

まださんちさんの、一例報告なのですが、糖尿人への大きな希望となる事例です。
素晴らしいです。ヾ(^▽^)

糖質制限食実践半年で

HbA1c7.1→4%台
血圧170/100→125/80
体重→22kg減

こちらもエクセレントです。 \(^○^)/


さんちさん。
このまま美味しく楽しく糖質制限食をお続けくださいね。



江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖質制限食でHbA1c改善、蛋白尿(++)→(+)に
こんにちは。

はしゆかさんから、糖質制限食でHbA1c改善、蛋白尿(++)→(+)にという嬉しいコメントをいただきました。


【11/09/30 はしゆか

江部先生、久しぶりの書き込みです。
4月3日の先生の記事に腎症のことで書き込みさせていただいたのですが 昨年11月に先生のブログと本を参考に スーパー糖質制限食に取り組み、 血糖値はもとよりコレステロール、中性脂肪など ほとんどの数値が劇的に改善、体重は現在までで7キロ減です。

ただ、前回書いたとおり、糖質制限に出会うまでの状態が悪かったせいで 腎症は進んでいたようで尿蛋白はあいかわらず++のままでしたので 良くても現状維持、出来れば降圧剤の投与という ギリギリのラインできていました。

それがなんと、今日の検査で尿蛋白が+に改善していたのです!

以前先生の記事で腎症が改善した方がいらしたのは知っていましたが もう長いこと状況が変わっていなかったので たった10ヶ月の糖質制限で改善するとは、あまりにうれしい驚きです。

自分にとっては、糖質制限食はもはや普通の食事となっていますので このまま楽に続けていって、経過を見ていきたいと思っています。

些細なことなのかもしれませんが患者にとって数値改善は本当に励みになります。
糖質制限と出会えたことにまた一つ感謝が増えました。
ありがとうございます。】



はしゆかさん。

「血糖値はもとよりコレステロール、中性脂肪などほとんどの数値が劇的に改善、体重は現在までで7キロ減です。」

糖質制限食10ヶ月で、素晴らしい改善ですね。

4年間続いた尿蛋白(+)~(++)。
ここのところしばらく(++)になっていた尿蛋白が(+)に改善したのもすごいです。

糖質制限食で血糖コントロール良好を保つことが、腎臓の細小血管にもよい影響をあたえます。

少なくとも糖尿病腎症第3期Aの段階までは、糖質制限食で改善が期待できます。

体重が7kg減少したことも、腎臓には優しいです。肥満も蛋白尿の大敵です。

このまま美味しく楽しく糖質制限食で、さらなる蛋白尿の改善を目指してくださいね。

蛋白尿ですが、随時尿でいいので、定量してみては如何でしょう?
30mg/dlとか90mg/dlとか、差がわかりやすいです。

高雄病院では、検尿用のスピッツを患者さんに前もってわたしておいて、早朝尿を持参して検査することもあります。そのほうがより正確なのです。


江部康二



*Comment

■糖質制限と腎症について

江部先生、こんにちは。
以前リンクのお願いをさせていただいたはしゆかと申します。
今回のこの記事を読み、ちょうど腎症について悩んでいたので
コメントさせていただきました。
先生の本とブログを読み込んで、昨年11月からスーパー糖質制限を実行し
HbA1c8.3→現在6.0
HDL60.6→現在75
LDL156→現在114
体重はマイナス5キロ
自分でも信じられない結果が出ています。
ノボリン30R注を使っていますが32単位から20単位まで減量しました。
実は4年前に胸腺がんを患い、治療過程の大量のステロイド投与で
急激に血糖コントロールが悪化し、同時に蛋白尿も見られるようになりました。
現在も尿蛋白は+~++です。
クレアチニンは0.6前後、尿素窒素は糖質制限以前は12前後、現在は19.0程度です。
血圧は過去から今に至るまで常に適正範囲から高くなったことはありません。
先日の定期検査の折、担当医から降圧剤の服用を勧められたのですが(担当医は専門が呼吸器です)自分としてはこのまま糖質制限で血糖コントロールの自信もありますし、腎症の回復は見込めなくとも、降圧剤無しで「維持」というラインでなんとかやっていけないかと思うのですがどのように考えていったら良いのか、ぜひ先生のお考えが聞けたらと思います。
長文で失礼いたしましたが、お時間のある時にお返事願えれば幸いです。よろしくお願いいたします。
はしゆか | 2011.04.03(日) 16:25 | URL |



■Re: 糖質制限と腎症について

はしゆか さん。

主治医に勧められた降圧剤は、おそらくARBという種類のものと思います。

ARBには、蛋白尿を減らす作用があるとされていますので、降圧効果よりそちらを狙っての推奨と思います。

糖質制限食で血糖コントロール良好~優を保つことで、蛋白尿が改善する可能性もあります。
尿タンパクの定量検査で経過をみては如何でしょう。
糖質制限食で血糖コントロール良好でも、蛋白尿が減少しなければ、ARBの併用もありと思います。

ドクター江部 | 2011.04.03(日)
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
食生活十箇条&プチ糖質制限にて、中性脂肪など全て改善
おはようございます。

2011.07.02に、コメント・質問をいただきましたぴーこさんから、その後の経過をご報告いただきました。

中性脂肪をはじめ全てのデータが改善しておられます。


【11/09/30 ぴーこ
やりましたっ!
こんにちは。

以前(2011.07.02)に質問させて頂きましたぴーこです。
その節はアドバイスありがとうございました。

食生活十箇条&プチ糖質制限をスタートして3ヶ月弱。
早くも嬉しい結果が出ましたのでご報告です。

中性脂肪 
3ヶ月前 207 → 現在 68

血糖(空腹時食後14時間後)
3ヶ月前 116 → 現在 108

ヘモグロビンA1c
3ヶ月前 5.2%  → 現在 4.6

LDLコレステロール 悪玉
3ヶ月前 111  → 現在 96

HDLコレステロール 善玉
3ヶ月前 50  → 現在 61

身長 170
体重 60  → 変化なし
BMI 20.8

中性脂肪の驚異的な下がり様にはビックリです!
2桁代は人生初です。
運動しても下がらなかったのに...
凄過ぎる糖質制限。

始めは私のような根性なしには続けられないかなとも思ったのですが やってみると辛い感じもなく無理なく続けられました。 もちろんこれからも続けるつもりです。

本当にありがとうございました!

血糖値、中性脂肪で悩まれてる多くの方がこのブログに出会うことを切に願います。】




ぴーこさん。
全データ改善ですね。
良かったです。

体重はもともと、170cm、60kg、BMI20.8と標準ややスリムタイプなので、不変で調度よいと思います。

「中性脂肪の驚異的な下がり様にはビックリです!
2桁代は人生初です。
運動しても下がらなかったのに...
凄過ぎる糖質制限。」


人生初とは素晴らしいです。

今の「食生活十箇条&プチ糖質制限」でこれだけ改善しておられるのでこのまま続けられていいと思います。

朝・昼の主食は、できれば未精製の穀物を少量にしたほうがいいですね。

日頃、日常的に運動量が多い場合は、適宜主食の量を増やしてもOKです。

「始めは私のような根性なしには続けられないかなとも思ったのですが やってみると辛い感じもなく無理なく続けられました。 もちろんこれからも続けるつもりです。」

良かったです。

頭の中で

「エー!! ご飯もパンも麺類もなしなんて、耐えられない!!」

などと思いがちですが、糖質制限食を実際に始めると、ほとんどの人が案外つらくないと仰有います。

あと、糖質制限OKな、主食の代替品やスイーツとして、

糖質制限ドットコム http://www.toushitsuseigen.com/
ローカーボオート麦パン、メロンパン、シナモンパン、チーズケーキ、どら焼き、蒲鉾
・・・

などもありますので、適宜楽しんでいただけば幸いです。



江部康二


*Comment
■はじめまして

はじめまして。
炭水化物&お酒大好き、44歳、女性、東京在住のぴーこと申します。
よろしくお願いします。

先月の健康診断の中性脂肪と血糖値が少し高めで
どうしたものかと検索中、こちらのブログと出会いました。

中性脂肪 207
血糖   116(空腹時食後14時間後)
ヘモグロビンA1c 5.2%
身長 170
体重 60
BMI 20.8

手始めに「食生活十箇条」とプチを試してみようと思っているのですが
3つほど質問があります。

1. この数値で「食生活十箇条」とプチで良いのか?
2. 便秘解消のヨーグルト150g(メグミルク/恵/脂肪0)と
 オリゴ糖3g(オリゴのおかげ)の摂取を日課にし続けてい良いのか?
3. 多数執筆なさっている書籍の中で薦める入門書は?

参考までに9ヶ月前の検査結果は
中性脂肪 228
血糖   104(空腹時食後14時間後)
ヘモグロビンA1c 4.5%
身長 170
体重 60
BMI 20.8

担当医には
「食べ過ぎ(特に揚げ物)、過剰飲酒は気をつけるように」
と注意され、取り合えず実行。
もともと揚げ物はそんなに食べる方ではなかったのですが、
さらに減らし1ヶ月に1回くらい。
お酒は赤ワイン0.5~1本/1日→麦焼酎25°200cc水割り/1日に変更。
その結果、中性脂肪はやや下がったものの、血糖値はup…。
運動は自転車、1週間平均50km位です。

ここで踏み止まらないと...と決意も新たにしています。

お忙しいと存じますが、お時間ある時にアドバイスよろしくお願いいたします。



ぴーこ | 2011.07.02(土) 19:23 |

■Re: はじめまして

ぴーこ さん。

「1. この数値で「食生活十箇条」とプチで良いのか? 」

主食の量は、日頃の運動量に応じて適宜決めていただけばよろしいです。

「2. 便秘解消のヨーグルト150g(メグミルク/恵/脂肪0)と
 オリゴ糖3g(オリゴのおかげ)の摂取を日課にし続けてい良いのか? 」

 この程度はOKと思います。

「3. 多数執筆なさっている書籍の中で薦める入門書は? 」

入門書としては宮本輝先生との対談本
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」がよいと思います。

ドクター江部 | 2011.07.03(日)
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット