FC2ブログ
糖質制限食と中性脂肪②
おはようございます。江部康二です。

今回は昨日の続きです。

人体で利用している脂質には、中性脂肪、コレステロール、リン脂質などがあります。これらの脂質は、そのままでは水には溶けないので、血液中を流れて移動することはできません。

そこで、水に溶けるように、タンパク質の膜で脂質を覆うことが必要になります。このタンパク質のことを「アポタンパク質」といいます。

そして、アポタンパク質で覆われた脂質を、「リポタンパク質」といいます。リポタンパク質は、中性脂肪やコレステロールなどの脂質を積んで、血液中を移動している運搬船のようなイメージです。

リポタンパク質は、その大きさや積み荷の質によって分けられて、それぞれ名前がつけられています。

キロミクロンが一番大きくて、積み荷のほとんどが中性脂肪です。VLDL(超低密度リポタンパク質)は、キロミクロンについで中性脂肪が多く、コレステロールも少々積んでいます。LDL(低密度リポタンパク質)は、積み荷の多くがコレステロールです。

これらは、末梢の組織にエネルギー源として中性脂肪を運んだり、細胞膜やホルモンの原料として、コレステロールを運ぶ役割を担っています。

キロミクロン、VLDL、LDLの順番に中性脂肪の含有量が多いです。

筋肉細胞や脂肪細胞の毛細血管の壁には、リポタンパクリパーゼ(LPL)があります。リポタンパクリパーゼ(LPL)が、リポタンパク質の積み荷の中性脂肪を、脂肪酸とグリセロールに分解して、筋肉細胞や脂肪細胞に取り込ませて利用させ、余ったら中性脂肪に再合成して蓄えるのです。

HDL(高比重リポタンパク)は、<キロミクロン、VLDL、LDL>とは役割が全く違っています。HDLは未成熟なキロミクロンやVLDLに、アポタンパク質を供給して成熟させる役割と、末梢組織で余っているコレステロールを回収して、肝臓に戻す役割を担っています。

中性脂肪を中心とした代謝を整理してみました。

「外因性代謝」
食物摂取(中性脂肪)→小腸→キロミクロン→筋・脂肪組織→レムナント→肝

「内因性代謝」
肝で合成→VLDL→筋・脂肪組織→LDL→肝


キロミクロンの積み荷は、外部から摂取した食物由来の中性脂肪です。キロミクロンは、食後2~3時間以降血中に出現し、血清乳びを示しますが、通常5~6時間で清明となります。

キロミクロンは、リポタンパクリパーゼにより中性脂肪を分解されたとき、アポタンパク質をHDLに返します。積み荷の中性脂肪が減ったキロミクロンは、レムナントと呼ばれます。レムナントは、肝臓で処理されます。

一方、VLDLの積み荷は、肝臓で合成した中性脂肪です。こちらも、リポタンパクリパーゼによって中性脂肪が分解され減少すると、LDLになります。このとき、HDLにアポタンパク質を返します。

こうして、アポタンパク質を返してもらったHDLは、充分な働きを有すまともなHDLとなります。この流れがスムースであれば、中性脂肪値は減少し、低値だったHDLコレステロールはどんどん増えていきます。

そして、糖質制限食を実践すれば、この流れはスムースなのです。しかし、糖質を摂取すると血糖値が上昇しインスリンが分泌されて、この流れが断ち切られてしまうのです。

続く

**
今回のブログは釜池豊秋先生の「糖質ゼロの食事術」を参考にさせていただきました。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖質制限食と中性脂肪
こんばんは。

昨朝は、大雨の影響で山陰線が遅れて、京都駅で走って走ってホームについたら、のぞみは既に到着していて、ギリギリのタイミングでした。(^。^;)ホッ

私はともかく、日頃運動とはほど遠い連れ合いも何とか走ってました。人間やれば何とかなるものですね。

香川では、断続的に結構激しい雨が降りました。帰りもマリンライナーの人身事故の影響で、岡山で完全に一列車遅れました。

夜、京都に帰ってきてタクシーの運転手さんに聞いたら、京都も同様の断続的大雨だったそうです。鴨川の水位も川幅いっぱいになっていました。

さて今回は池田光隆さんから、糖質制限食と中性脂肪についてコメント・質問をいただきました。

『08/09/17 池田光隆
中性脂肪
こんにちは。アマゾンで「糖尿」で検索し「主食を抜けば。。」のタイトルに何かピーンと来るものを感じ、早速注文。そして実践してなるほどと感心しているまだ1週間のホヤホヤ患者。61歳の男です。
先生のお説には中性脂肪が低ければ問題ないと書かれていますが
私はHbAlcは6.5
食前は130食後2時間が180
から200位になります。
それでLDLが161HDLが38、中性脂肪は286で枠を超えています。15年前狭心症を起こしました。
これまで好きな果物や肉、バター を我慢しての食生活でしたが、糖質制限食では果物はともかく肉を使った西洋料理が解禁され、どちらかというと日本料理に気をつけるような180度違った感想を
もっていますが、それで中性脂肪も減ってくるのでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。』


池田光隆さん、コメントそして「主食を抜けば・・・」ご購入ありがとうございました。

池田さんの検査データですが、

「HbAlcは6.5 、食前は130食後2時間が180 から200位。」

糖尿病関係はボチボチですね。

今後は、HbAlcが6.5%未満、空腹時血糖値126mg未満、理想的には110mg未満、食後2時間血糖値180mg未満、理想的には140mg未満、が目標ですね。


「LDLが161、HDLが38、中性脂肪は286」
糖質制限食を実践すれば、LDL-コレステロール値は一定しませんが、HDL-コレステロール値は上昇し中性脂肪値は下がります。

コレステロール値に関しては、従来総コレステロール高値や、LDL-コレステロール高値が問題となってましたが、最近は、HDL-コレステロール低値が特に注目されています。

意外かもしれませんが、糖質制限OKなビーフステーキや、オリーブオイルたっぷりの地中海料理などは、脂質をたっぷり含んでますが、お腹いっぱい食べても、血清の中性脂肪値は、上昇しないどころか間違いなくさがります。( ̄O ̄;)
 
脂っこいものを食べるとそのまま、血液中の中性脂肪が高くなりそうな気がしますが、そうではないのです。(・_・?)

食物中の脂質(ほとんどが中性脂肪)は、グリセロールと脂肪酸に分解されて小腸上皮から吸収されますが、そのなかで中性脂肪に再合成され集合します。この集合体は、キロミクロンと呼ばれ、リンパ液に瞬時に入り、リンパ管に拡散します。キロミクロンは胸管を上行し静脈に移行します。

静脈に入ったキロミクロンのほとんどは、肝臓、あるいは脂肪組織・筋肉組織などの毛細血管を通る間に、毛細血管壁にあるリポ蛋白リパーゼにより、脂肪酸とグリセロールに分解され、血液中から取り除かれて、筋肉細胞などでエネルギー源として利用され、残ったものは、肝臓と脂肪組織の中に拡散します。肝臓や脂肪組織の脂肪酸は、再び中性脂肪に合成され細胞内に蓄えられます。

つまり、糖質制限食なら、いくら脂質を大量に摂取しても、血液中にそれがとどまって、高中性脂肪血症になることはないのです。 (^_^)

現実にスーパー糖質制限食なら、総摂取カロリーの約56%が脂質となりますが、中性脂肪値が100mgを超えることはありません。通常50~70mg程度です。

それでは中性脂肪が高値となるのは、どういうときなのでしょう?

実は、糖質を摂取すると中性脂肪値が上昇するのですが、次回はそのメカニズムを検討します。


**
今日のブログは、もっぱら「ガイトン臨床生理学」医学書院を参考にしました。

江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット