FC2ブログ
スイーツダイエット―満腹ダイエット4 ( dancyu)、ご質問
おはようございます。

スイーツダイエット―満腹ダイエット4  やせる!「糖質オフ」のお菓子づくり
(プレジデントムック dancyu) [ムック]
江部康二、大柳珠美監修

が2012年2月に刊行されました。

甘党な糖質制限者 さんから、「生チョコを、レシピ通りにつくったら、材料が分離した」とのコメントをいただきました。

共同監修の大柳珠美管理栄養士に確認しましたところ

「生チョコは、横浜パンパシフィックホテル東急の黒木顕二パティシェにレシピアップと調理をお願いしました。
試作、撮影時には問題はありませんでした。」

とのことでした。

さらに黒木パティシエからは、下記お返事をいただきました。

『生チョコのページの、つくり方、2の湯煎で溶かし混ぜる。の所の溶かし方が写真の様に半分位溶けて半分位塊が残っている状態がベストです。(牛乳の熱さにも拠りますが70%以上溶けたら分離します。また固まりは細かい方がいいです。)

牛乳を使っているのはカカオの油脂分が高いのと、牛乳の方が手に入り易いので使っています。

説明が足りず申し訳ないです。
宜しくお願いします。            
黒木賢二郎』


その他、スイーツダイエットに出ているレシピは、黒木顕二パティシェの他、料理研究家の大庭英子先生京都のフレンチレストラン・エヴァンタイユの森谷パティシエにレシピアップと調理をお願いしました。

いずれもやはり試作時、撮影時と問題はなかったのですが、もし何かご質問などありましたら共同監修の大柳珠美管理栄養士のブログに問い合わせていただけば幸いです。

管理栄養士のローカーボキッチン 
http://web.mac.com/concordia1/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/Blog/Blog.html



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
高知アイスさん、糖質制限シャーベットの糖質量は?
おはようございます。

先日ご紹介した高知アイスさんのシャーベットの糖質量について、みかさんからご質問頂きました。

『糖質制限アイス

糖質制限にアイスがでたんですね。とても嬉しいです。早速頼んでみようと思います 
シャーベットは糖質量が多いもので10グラムほどありますが、糖質制限のおやつとしては許容範囲なのでしょうか?』


みかさん。
コメントありがとうございます。

糖質制限ドットコムのホームページで、おいしくってゼロシャーベットの商品詳細、原材料表示を読んでみますと、ご質問頂いた糖質量が10グラムほどあるぽんかんシャーベットでしたら、


原材料:ぽんかん果汁(高知県産)、エリスリトール、還元麦芽糖水飴、安定剤(増粘多糖類)

糖質:1カップ90mlあたり 糖質10.7g(エリスリトール除く)

ご注意:※還元麦芽糖水飴は難消化性ですがある程度吸収されます。
     個人差はありますが砂糖の半分から1/3程度血糖になります。


と書いてあります。

ご質問中の10グラムの糖質は、エリスリトールを除いたものですから、原材料表示からみますと、ぽんかん果汁に含まれるショ糖や果糖、還元麦芽糖水飴と言う事になります。

仮に、この10グラムの糖質が、全て還元麦芽糖水飴だとすると、ご注意にも書いてありますように、10グラムの半分から1/3程度血糖が上がる計算になりますね。

なので、糖尿人の方がこのシャーベットを食べる時は、一回で1個全部ではなく、半分か1/3ていどにされることをおすすめします。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
タンパク質の量
おはようございます。

necobabar さんから、タンパク質の量について、コメント・質問をいただきました。

「10/12/07 necobabar
蛋白質の計量について
いつもブログでお世話になっています。ありがとうございます。
実は恥ずかしいほど基本的な疑問があるのですが、先生のおっしゃっている摂取蛋白質の量のことです。それは口にしている肉の量のことでしょうか、それとも含まれる純蛋白質の量のことなのでしょうか。お時間があったらで結構ですので、お答えいただければ幸いです。」


necobabarさん。

1日に摂取する食事を評価する時、通常は総摂取エネルギーに対する、タンパク質・脂質・糖質比(PFC比)で計算しますので、食物繊維や水分などのエネルギーなしの重量はカウントしません。

牛サーロイン赤肉・生100g中には317kcal
水分55.9g、タンパク質17.1g、脂質25.8g

かつおの刺身100g中には114kcal
水分72.2g、タンパク質25.8g、脂質0.5g

です。

例えば1800kcal/日摂取したとして、PFCの比率は

スーパー糖質制限食なら、P:32%、F:56%、C:12% です。

タンパク質が32%なので、1800kcalの32%は576kcalです。
576kcal÷4kcal=144gとなります。

すなわち、スーパー糖質制限食で1800kcal/日摂取するならば、平均144g程度の純タンパク質を食べることとなりますね。


江部康二


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
カロリーゼロの表示の意味
こんばんは。

今回は、jp さんから、カロリーゼロの表示の意味について、コメント・質問をいただきました。


「10/11/08 jp
No title
ゼロカロリーのゼリー(ゼリーdeゼロ)を食べて思ったのですが、原材料を見てみると果汁が入っているのに果汁何%みたいな表示がありませんでした。これは血糖値にも影響がないくらいの少量の果汁しか入っていないからなのでしょうか?果汁が入っているのにゼロカロリーだと言うのも不思議です。果汁表示について教えて下さい!!」


jp さん。

食品の表示のルールは、健康増進法により決められています。

エネルギー量に関する表示のルールは、

「ノンカロリー」、「カロリーゼロ」は100g(ml)当り5kcal未満

ということを意味しています。

「カロリーオフ」、「低カロリー」は100g当り40kcal未満 、飲料の場合は100mlあたり20kcal未満を意味します。

従いまして、本当にゼロカロリーということではありません。

例えば、「ゼリーdeゼロ」に果汁分のエネルギーが、4kcal含まれていても、カロリーゼロと表示していいわけです。

このように、カロリーゼロでも、実際にはごく少量のエネルギーがある場合が多いです。4kcalであれば、糖質1gに相当しますね。

まあ、大量に食べない限りは心配はいらないと思いますよ。

私もカロリーゼロのゼリー、時々食べてます。 (^^)


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
デキストリン、マルトデキストリン、難消化デキストリンと血糖値
こんにちは。今日は、平野神社に夜桜見物にでかけます。

その後は二日酔いに気をつけつつ懲りずに宴会です。 ε-(-Д-)

さて今回はhinapapa さんから、マルトデキストリン血糖値についてコメント・質問をいただきました。


マルトデキストリン

先生初めまして hinapapaと申します。
先日健康診断で糖尿病と判明しました。空腹時血糖280mHbA1 12%
お医者さんには「こんなヒドい状態見たことない」と言われため息をつかれて、しかも何も食事療法の仕方など全く教えてくれず3種類の飲み薬を出されただけでした。
母親が糖尿病で多少の糖尿病の知識があって恐ろしさを知ってただけにショックでまだ32才で子供産まれたばかりであの糖尿病食と運動を一生続けくのかと目の前が真っ暗になりました。

しかし先生のブログに出会い本は全て買いました
スーパー糖質制限を始めて5日で薬を止めても、空腹時血糖90食後も140未満です。

本当に神様に出会ったような気分です。有り難うございます。
ヽ(≧▽≦)/
感謝の気持ちをどうしても伝えたくて長くなってすみません

本題の先生への質問なのですが、僕は糖尿と無理なダイエットで痩せて筋肉まで落ちてしまったんですが、筋トレしてるのですがプロテインの成分でマルトデキストリンという成分があるのですが、メーカーに問い合わせたところ血糖値を上昇させない場合と答えが返ってきました。
デキストリンとマルトデキストリンは違うのでしょうか?マルトデキストリンとは難消化デキストリンと違うとも言われました。

お忙しいなかすみません時間がありましたらお願いします。

先生頑張って下さい。
先生のおかげで人生に光が見えました。
hinapapa | 2009.04.10(金) 10:02】


hinapapaさん。
本のご購入、コメントありがとうございます。

空腹時血糖値280mg→90mg
食後血糖値も140mg未満なら
データ的には糖尿人→正常人ですね。

素晴らしい改善です。おめでとうございます。(^-^)v(^-^)v 
これならHbA1cも月に1~2%改善していくと思います。

さてご質問のマルトデキストリン・・・

「デンプンを加水分解するとき、分解の中間過程で得られる種々の重合度の生成物は、重合度の大きいもの(分解度の小さいもの)から、デキストリン、マルトデキストリン、粉飴、水飴、ブドウ糖などに分けられる。そして、デキストリンは重合度10以上であり、デキストリンより分解の進んだマルトデキストリンは、重合度は概して3~5程度のものを多く含むものである(化学大辞典8、897頁、共立出版社)。

何やら難解な表現ですね。 (∵)?

日本語に訳す?と、いもやとうもろこしなどのデンプンを加水分解したときの中間産物で、分解がまだあまり進んでいない段階のものをデキストリンというようです。

デンプン→デキストリン→マルトデキストリンといった順に、分解が進んでいきます。

さらに、

マルトデキストリン→粉飴→水飴→ブドウ糖といった順番で分解が進んでいきます。
ブドウ糖は、もう単糖でそれ以上は分解できないですね。

デキストリンを加熱処理し、酵素(α-アミラーゼまたはグルコアミラーゼ)で分解して難消化性部分を分離精製したものは、難消化デキストリンと呼ばれ、小腸では分解されない難消化性の食物繊維として使われます。

これが、難消化デキストリンと呼ばれるものです。難消化デキストリンは、摂取しても吸収されませんので、血糖値も上昇せず、糖質制限食OK食品です。

ヒトでの有効性については、「おなかの調子を整える」、「血糖値が気になり始めた方の食品」として、難消化性デキストリンを関与成分とした特定保健用食品が許可されています。

ヤクルトの「健茶王」、伊藤園の「緑茶習慣」、亀田製菓の「からだサポートごはん」などの特定保健用食品に使用されています。

一方、通常のデキストリンは、消化吸収されて血糖値を上昇させます。

またマルトデキストリンもやや低カロリーにはなりますが、ゼロカロリーではありませんし、血糖値もあるていど上昇させると思います。

マルトデキストリンのカロリー値の測定は、2kcal/gていどと思われます。一般の糖質が4kcal/gですから、やや低カロリーですね。推定ですが通常の糖質の半分くらい血糖値も上昇させると思いますよ。( ̄_ ̄|||)

1gの糖質が約3mg血糖値を上昇させるので、1gのマルトデキストリンは約1.5g上昇ということになりますね。

江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット