アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)。使用可能な解熱鎮痛剤は?
こんにちは。

冬は風邪などひきやすく、病院でNSAIDs(解熱鎮痛薬)を処方されることも多いです。

NSAIDs(解熱鎮痛薬)に関して過去記事にしてきましたが、大事なことが、漏れていました。

アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)という病気を、リスクに加えるのを忘れていました。

もともと京大胸部疾患研究所出身なのに、いやはや焼きが回ってました。

アスピリン喘息は、小児にはまれで、成人気管支喘息患者の約10%にみられます。

ほとんどの例で、発症早期から好酸球性鼻茸副鼻腔炎を合併し、本症のもっとも特徴的な病態といえます。

最近、耳閉を主症状とする好酸球性中耳炎の合併例も増加しています。

アスピリン喘息という病名ですが、ほとんどのNSAIDsで喘息が誘発されます。

通常よく病院で処方される、痛み止めや解熱剤(ロキソニン、バファリンン、ボルタレン、インダシン、ポンタール、アスピリン、クリノリル・・・)は全て駄目です。

ロキソニンテープやモーラステープなどの湿布剤や外用の痛み止めのチューブでも喘息が誘発されます。

市販薬の市販薬のロキソニンS、イブ、セデスキュア、バファリンなどにもNSAIDsが含まれていて、危険です。

アスピリン喘息の診断がついている人は、病院に受診した際は、必ず「私はアスピリン喘息です。」と告げることを習慣としましょう。


<炎症とプロスタグランディン、COX1、COX2>

身体に炎症があると、熱感、発赤、疼痛、腫脹が見られます。

この炎症はプロスタグランジンにより生じるのですが、解熱鎮痛剤のほとんどはこのプロスタグランジンの合成を抑える作用を持っています。それにより炎症による症状を軽減させます。

アラキドン酸からプロスタグランディンが合成されるのですが、その際、シクロオキシゲナーゼ(COX:コックス)と呼ばれる酵素の作用が必要です。

解熱鎮痛剤のほとんどが、このシクロオキシゲナーゼの働きを阻害することによって、アラキドン酸からプロスタグランジンへの生成の流れを抑制し、消炎鎮痛作用を示すのです。

COXには2つの種類があり、COX-1は胃粘膜や血管にあって生体の恒常性の維持に、COX-2は主に刺激があった時に作られ、痛みや炎症に関係しています。

NSAIDsは、COX-2の働きを抑えて、解熱、鎮痛、抗炎症作用を示しますが、ほとんどのNSAIDsは、COX-2だけでなく、COX-1の働きも抑えるため、胃酸の分泌が増えたり、胃粘膜の血流が悪くなったりして、胃炎や胃潰瘍を起こす原因になるのです。

<NSAID過敏喘息の発症機序>

NSAID過敏喘息の発症機序ですが、プロスタグランディン合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ1(COX-1)を阻害することにより過敏症状が誘発されます。

すなわちCOX-1阻害で内因性のプロスタグランディンE2が減少し、何らかの機序によりロイコトリエンの過剰産生が生じ、喘息発作が出現すると考えられています。

したがって、COX-1阻害作用の強いNSAIDsほど、過敏症状を誘発しやすく、かつ誘発症状は重症となります。

<使用可能な消炎鎮痛剤>

近年の研究では、COX-2の選択的阻害薬(セレコックスなど)では、誘発されにくいとされていますが、重症の人は油断は禁物です。
ソランタールやペントイルといった、塩基性消炎鎮痛剤は、COX-1阻害作用がほとんどないので、アスピリン喘息の患者にも比較的安全に使用できますが、効果が弱いのが欠点です。

アセトアミノフェンは、1回の投与量300mg以下が推奨とされています。

PL顆粒も比較的安全とされています。

葛根湯などの漢方薬はOKです。

<NSAID過敏喘息の頻度>
成人喘息の約10%とされています。
1)小児喘息患者での頻度:まれ
2)思春期以降発症の喘息患者:少ない
3)成人以降発症の喘息患者:約10%
4)重症成人喘息患者:30%以上
5)鼻茸副鼻腔炎を有する喘息患者:50%以上

<参考>
http://www.hosp.go.jp/~sagami/rinken/crc/nsaids/condition01/index.html
独立行政法人国立病院機構相模原病院 臨床研究センター
症状と対応:アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)
患者様や一般の方々へ

http://www.hosp.go.jp/~sagami/rinken/crc/nsaids/condition02/medical.html
独立行政法人国立病院機構相模原病院 臨床研究センター
症状と対応:アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)
医療関係者の皆様へ

が、参考になります。

江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)と腎障害、胃潰瘍。
こんにちは。

今朝、嵯峨の家を出る時は、1度でした。
高雄病院に着いたら、0度でした。
山は、しっかり雪景色です。
京都では、今冬一番の冷え込みのように思います。
インフルエンザや風邪に要注意です。

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)に関して、サイトカインストームを生じて、脳症になるリスクがあるので、インフルエンザに使用してはいけないということを、記事にしました。

より正確には、ウィルス、細菌、原虫などの感染症が存在しての発熱には、NSAIDsは使用してはいけないということです。

また、この薬は、プロスタグランジンという物質の産生を抑えるために腎臓への血液の流れが悪くなり、急性腎不全を起こすことがあります。

結構頻度が高く、薬を飲んだ後に尿量が減るようでしたら、要注意です。

実際に、私の糖尿病のご高齢の患者さんで、帯状疱疹になり、受診した医療機関で、抗ウィルス薬と共に、ロキソニン3錠/日、一日3回食後に内服となった方がおられました。

7日分の薬を処方されて、すでに5日間内服した時点で、高雄病院を受診されました。

血液検査したところ、すでにクレアチニン値が悪化していて、腎不全の状態でした。

軽症でしたので、すぐにロキソニンを中止して、クレアチニン値はあるていど改善しました。

プロスタグランジンは全身の様々な組織や器官の細胞に存在します。

結局、NSAIDs単純に熱を下げるだけではなく、全身の細胞において、プロスタグランジンという物質の生合成を抑制するのです。

プロスタグランジンは、血圧低下作用や筋肉の収縮作用、黄体退行作用、血管拡張作用など色々な役割をもつホルモンです。

NSAIDsは、プロスタグランジンの生合成を抑制するのですから、様々な副作用が出て当たり前なのです。

さらに、痛みや炎症や、解熱の目的で長期に飲み続けると、胃炎や胃潰瘍の副作用が起こることがあります。

NSAIDsは痛みの元となる物質を作り出す酵素(シクロオキシゲナーゼ:COX:コックス)の働きを妨げて、解熱や鎮痛、抗炎症作用を発揮する薬です。

COXには2つの種類があり、COX-1は胃粘膜や血管にあって生体の恒常性の維持に、COX-2は主に刺激があった時に作られ、痛みや炎症に関係しています。

NSAIDsは、COX-2の働きを抑えて、解熱、鎮痛、抗炎症作用を示しますが、ほとんどのNSAIDsは、COX-2だけでなく、COX-1の働きも抑えるため、胃酸の分泌が増えたり、胃粘膜の血流が悪くなったりして、胃炎や胃潰瘍を起こす原因になるのです。

胃炎や胃潰瘍が起こると胃の痛み、吐き気などの症状が起こりますが、ピロリ菌が元凶の一般的な胃潰瘍に比べ、NSAIDsによる潰瘍は症状が出にくいのです。

そのため何も症状を感じないうちに、突然、胃から出血して吐血や下血することがあります。

調査によれば、リウマチなどでNSAIDsを4週間以上内服している場合、胃粘膜保護剤を内服していても、6割以上の人で、胃粘膜障害が認められたということです。

このように考察してくると、ロキソニン、ボルタレン、ポンタール、インダシン、アスピリン・・・これらの一般的なNSAIDsは、有害事象が非常に多いので、使用は極めて慎重にということです。

長期投与は勿論、基本的には不可です。

例えば、ロキソニン3錠/日とかは、非常に副作用リスクが高いです。

ロキソニン1~2錠/日は、リウマチなど、症例により、やむをえず投与することもあると思います。

私は、生理痛とか、頭痛に頓用でなら、許容範囲と思って、処方しています。

安全に使用できる、解熱剤、鎮痛剤は、アセトアミノフェンだけということです。

商品名はカロナール、コカール、アンヒバなどです。

発熱には、アセトアミノフェンを、成人なら、1回に300~500~600mg、1日2回なら安全です。

年齢、症状により適宜増減で、原則として1日最大1,500mgです。

腰痛や生理痛なら、 成人はアセトアミノフェンとして、

1回300~1000mgを経口服用し、服用間隔は4~6時間以上とし、年齢、症状により適宜増減しますが、1日総量として4000mgが限度です。

あと、痛みが強いときは、トラムセット(トラマドール+アセトアミノフェン)が有効です。
トラマドールは非麻薬性オピオイド受容体刺激薬です。
トラムセットには、NSAIDsのような副作用はありませんが、吐き気がすることがあります。
それで、初期の1~2週間は、吐き気止めと一緒に内服します。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット