fc2ブログ
糖尿病と糖質制限食と腎機能 続き
こんばんは。
相変わらず寒い京都です。
日中は5.5℃まで上昇しましたが、朝7時は1.5℃でした。
さて今日は、昨日の続きです。

高血糖が持続すると、腎糸球体の細小血管の障害が起こります。
その結果、糸球体の構造が破壊され、機能障害が生じていきます。

<糖尿病腎症の5段階>
糖尿病腎症は、以下の5段階に分類されます。

第1期(腎症前期)
糖尿病性腎症かどうか検査ではわからない時期、糖尿病の人は3ヶ月に1回は微量アルブミン尿の検査を受けることが奨められます。

第2期(早期腎症期)

腎症の一番初期の段階は、尿中微量アルブミンの増加としてとらえられます。
この段階で早期腎症期です。
3ヶ月に1回ていど尿中微量アルブミンを検査すれば、一般的に測定されている尿タンパクが出現する以前の段階で、早期腎症を発見することができます。
この検査は、健康保険が効きますのでお奨めです。

第3期(顕性腎症期)
タンパク尿が出てくる時期です。
タンパク尿が出始めたら、顕性腎症期の段階に入ります。
この段階では血液の腎機能検査は正常です。

第4期(腎不全期)
クレアチニン・クリアランスが低下する時期。
血液検査で、クレアチニン、BUNなどに異常が出現すれば腎不全期となります。
この段階になると、糖質制限食を実践する場合は必ず医師と相談する必要があります。

第5期(透析療法期)
ほとんど腎臓が機能しなくなり、透析療法が必要となります。
年間約1万6千人の方が糖尿病性腎症により人工透析を導入していますが、
慢性腎炎を抜いて疾患別では1位となっています。


できれば微量アルブミンの早期腎症の段階で発見し、進行をくいとめたいものです。
この段階なら、糖質制限食で血糖コントロールを良好に保てば、
充分正常への回復が期待できます。


顕性腎症期になっても、糖質制限食で血糖コントロール良好を保てば
進行が止まったり、進行をゆっくりさせてくれる可能性があります。
非常に上手くいけば、以下のバーンスタイン医師のように
蛋白尿が陰性となることもありえます。



本ブログに時々登場する、ご自身が1型糖尿病の米国のバーンスタイン医師は、
小児期12才に1型糖尿病を発症し、以後インスリンを打ち続けておられます。

35才、顕性腎症となった頃、SMBGで血糖自己測定をしながら食事療法を研究し、
徹底した糖質制限食を開始されました。

蛋白尿が出現する段階の顕性腎症期から、
糖質制限食で回復しタンパク尿が消失しました。
45才で医学部に入学、49才で医師になり、糖尿病を徹底的に研究されました。
以後、多数の糖尿病患者を診察しておられます。

バーンスタイン医師は、1934年6月17日生まれですから
2023年2月現在、88歳ですが、
糖尿病合併症もなく、現役医師としてお元気にお過ごしです。


江部康二二
糖尿病と糖質制限食と腎機能
こんばんは。

講演会やブログ記事や拙著において、

「血液検査で既に腎機能が悪化している場合は
糖質制限食を実践するかどうかは必ず医師と相談して下さい。」


ということを説明しています。

これは、具体的には、血清クレアチニンの悪化を指しています。
血清クレアチニンは、腎機能が正常人の30%以下に低下して、初めて上昇してきます。この時点で腎不全です。

クレアチニンの基準値ですが、ネットで4つの異なる検査機関で調べてみました。

男性で
A:0.7~1.4mg/dL、
B:0.66~1.13 mg/dl、
C:0.5~1.1mg/dl
D:0.6 ~1.2 mg/dl

など検査機関A、B、C、Dにより基準値が少し異なります。

いずれにせよ、その検査機関の基準値を超えて上昇し始めたら、腎不全です。
つまり、糖尿病で血糖コントロールが悪くて、
血清クレアチニン値が上昇し始めたとういことは、
腎臓の糸球体(毛細血管の集合体)が70%障害されていることになり、
その時点で血糖コントロールが良くなっても、
既にある障害は、回復困難なのです。

もっと早い段階で腎機能の悪化がチェックできればいいのですが、
それには血清シスタチンCという検査が良いと思います。

クレアチニン値はGFRが30mL/分(腎不全)前後まで低下した頃から上昇するのに対し、
シスタチンC値はGFRが70mL/分前後の軽度~中等度の腎機能障害でも上昇するので、
腎機能障害の早期診断にたいへん有用です。

既にクレアチン値が上昇するレベルの腎不全がある場合は、
日本では一般に高タンパク食は良くないとされています。

一方、米国糖尿病学会は、
『糖尿病腎症に関しては低タンパク食は推奨しない。』

と明言しています。
ということは、米国糖尿病学会の見解に従えば
高タンパク食である『糖質制限食』も、糖尿病腎症であれば
少々腎不全があっても実践可能となります。
勿論、必ず医師と相談しつつ、毎月検査しながら慎重に糖質制限食に
取り組むことが重要なのは言うまでもありません。

なお、高タンパク食を摂取すると腎臓が悪くなるというエビデンス(根拠)はありません。
従って、腎機能が正常の糖尿人やメタボ人が 糖質制限食(高タンパク食)を食べても全く問題はありません。


江部康二

花粉症と漢方と糖質制限食
こんばんは。
今朝も寒かったです。
京都市の気温は、2023/2/1(水)、-1.2℃~11.2℃の予想です。
午前7時が、-1.0℃、午前8時が、0℃でした。
 
さて、いよいよ花粉症シーズンとなってきました。
 
花粉の飛散時期
・スギ:京都では年初から飛び始めて3月にピークを迎えて3月末くらいまで飛散します。
・ヒノキ:京都ではスギ花粉終了後に飛び始めて4月にピークを迎えてGW前くらいまで飛散します。
・シラカンバ:北海道ではシラカンバ属の飛散が5~6月にピークを迎えます。
・イネ科:北海道で6~9月に飛散しますが、本州以西ではほぼ1年を通して飛散します。
・キク科:秋の花粉として知られるキク科のブタクサ属・ヨモギ属、クワ科のカナムグラは8~10月に飛散します。

 
 今回は、花粉症と漢方・糖質制限食について、検討してみました。
  
糖質制限食実践により、代謝全てが安定し(ブドウ糖スパイクがない)、
動脈硬化のリスク要因全てが改善し、血流も毛細血管に到るまでさらさらとなります。
 これにより、人体の自然治癒力が高まるので、糖尿病・メタボは勿論のこと、
ほとんどの生活習慣病の改善が期待できます。
 例えば、アトピー性皮膚炎などでも、皮膚がしっとりしてくることが多いです。
また数人の人からは、毛髪が太くしっかりして抜けにくくなったと報告を受けました。
花粉症に関しても、ブログ読者の皆さんのコメントでも、かなりの確率で改善するようです。
 
さて、高雄病院職員の20代の男性、小学生からのスギ花粉症で、
年々症状がきつくなっていったそうです。
 花粉症シーズンは、耳鼻科医のお薦め通り、1ヶ月前から抗アレルギー剤を内服し、
点眼薬、点鼻薬も開始して準備万端整えていたそうです。
 
しかしあに図らんや、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりのフルコースで、
息も絶え絶えで、仕事も手につかない状態でした。(+_+)
ひたすら十数年間耳鼻科へ通い続けていた訳ですが、
一向に良くならないどころか年々悪化していく事態に、
藁をもすがる思いで高雄病院で診察して貰いました。
 
この職員さん、まあ「漢方なんて藁?」くらいの認識だったのでしょうか。
 ところがどっこい、西洋薬を一切中止して煎じ薬を飲んだその日から
くしゃみ・鼻水・鼻づまりがぴったりとまって、奇蹟のように改善したのです。ヾ(゜▽゜)
 
煎じ薬、はっきり言ってメチャまずいです。σ(=_=;)ヾ
 
それでもシーズン中は飲み続けました。
そしてその年の冬からは、花粉症予防薬の漢方エキスを飲んで、
翌シーズン中は煎じ薬に切り替えて、その後は、ほとんど花粉症が出ずに済みました。
 
そして一念発起して、スーパー糖質制限食も開始しました。
そうすると、まったく薬もなしで花粉症フリー状態、となりました。
 
なお、私は、花粉症ではなくて、ダニアレルギーによる通年性のアレルギー性鼻炎です。
若い頃は、ほんとにひどかったです。
ティッシュペーパーと一日中縁が切れず、
自称「水も滴るいい男」とか強がりを言ってましたが結構苦労しました。(=_=;) 
 
漢方もよく飲んでコントロールしていました。
 
現在は、当時のピーク10としたら1くらいに落ち着いています。
糖質制限食開始後、明らかに症状は改善し、薬は何も飲んでいません。
 
ただ、アルコールが過ぎると鼻炎がでますね。
このときは、小青竜湯を錠剤かエキス剤で飲んでコントロールしています。
 
  
江部康二
日本では何故、糖質制限食が広がりにくいのか?
【23/01/30 末ちゃん
タイトルなし
明快ですね!
 江部先生をはじめ、志を同じくする方々の地道な働きかけのおかげです、糖質制限食の認知は。しかし、いつも疑問に思うのですが、医学は科学なのに、なぜ新しい事実を受け入れて革新していかないのでしょう。素人考えでは利権という人間の醜い執着心が原因ではないかと。結局はカネの問題なのでしょうか。】


こんばんは。
末ちゃん から、『日本では何故、糖質制限食が広がりにくいのか?』
という、コメント・質問を頂きました。

私が理事長をつとめる
「日本糖質制限医療推進協会」https://www.toushitsuseigen.or.jp/

「提携医療機関」https://www.toushitsuseigen.or.jp/med-institution

を見て頂ければよいのですが、
実は、北海道から沖縄まで、糖質制限食賛成派の医療機関は
広がってきているのです。

一般社団法人「日本糖質制限医療推進協会」は2013年5月1日に、
ホームページをオープンし、会誌を発行する運びとなりました。
その後、医療従事者対象セミナーを年2回開催して、
徐々に糖質制限食賛成派の医師が増えて行きました。

そして、
門脇孝東大糖尿病・代謝内科教授・日本糖尿病学会理事長は
「東大病院では、2015年4月から、糖質40%の糖質制限食を供給している。」
と明言され、ご自身も緩やかな糖質制限食を実践されているとのことです。
☆☆☆出典2016/7/1(金)東洋経済オンライン https://toyokeizai.net/articles/-/125237?page=4

また、2017年2月7日(火)午後から、東京大学医学部に行ってきました。
実は東大に行ったのは生まれて初めての経験でした。

渡邊昌先生、門脇孝先生、江部康二の3人で、教授室で鼎談を行いました。
日本糖尿病学会のトップと、糖質制限食や糖尿病食などについて
じっくり話し合うことができて、とても有意義な90分間でした。

渡邊昌先生は、医学雑誌「医と食」の編集長です。
門脇孝先生は、
一般社団法人 日本糖尿病学会 理事長  であり、
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授(当時)です。
門脇孝氏は、2020年から虎の門病院で院長をされています。

つまり、日本糖尿病学会のトップは、
すでに糖質制限食を容認しておられるということなのです。



問題は、糖尿病専門医の方々と思います。
糖尿病専門医で、糖質制限食を容認している方もおられますが、
残念ながら多数派は、糖質制限食反対なのです。

これは、利権というより、面子の問題と考えられます。
20年、30年、40年と唯一無二の「糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)」
を患者さんに指導してきているので、
いまさら、「糖質制限食」が良いとは言えないのでしょう。

中には、自己批判をして、「従来の糖尿病食より糖質制限食が良い」
と明言する糖尿病専門医もおられますが、かなりの勇気がいると思います。


2019年4月、米国糖尿病学会は<コンセンサス・レポート>において、
『エビデンスが最も豊富なのは糖質制限食である』と明言
しました。
その後、2020年、2021年、2022年、2023年のガイドラインでも
同様の見解を維持しています。
このように、糖質制限食はその有効性と安全性について
米国糖尿病学会のお墨付きというわけで、私としても嬉しい限りなのです。

日本の糖尿病専門医も早く、変わって欲しいものです。


江部康二
お医者さんがあまり知らない栄養・代謝・生理学的事実と糖質制限食
こんばんは。
さすがに、『脳はブドウ糖しかエネルギー源にできない』という戯言をいう
医師や栄養士は減ったと思います。
ブログ読者の皆さんは、脳はケトン体を利用できるしもっとも好んでいるという
ことは勿論知ってますよね。

今回のブログは、お医者さんや栄養士さんがあまり知らない、
栄養・代謝・生理学的事実を羅列してみました。

以下は、全て生理学的事実であり、論争の余地はありません。

あるのは、知っているか知らないかの差だけです。

<栄養・代謝>
①血糖値を直接上昇させるのは、糖質だけである。
②タンパク質は、間接的に血糖値を上昇させる。
③脂質は、血糖値を、全く上昇させない。
④追加分泌インスリンが大量に必要なのは、糖質だけである。
⑤タンパク質を摂取すると、少量の追加分泌インスリンがでるが、
 同時にグルカゴンも分泌されるので、通常は血糖値は変化しない。
⑥脂質を摂取しても、追加分泌インスリンは、でない。
⑦糖質制限食で高血糖は速やかに改善するが、
 肝臓や腎臓の糖新生などにより血糖値は確保されるので、低血糖にはならない。

<人体のエネルギー源Ⅰ:脂肪酸-ケトン体システム>
①脳は、ケトン体(脂肪酸の代謝産物)をいつでも利用できる。
②心筋・骨格筋など、多くの体細胞は、日常生活では脂肪酸-ケトン体が主エネルギー源であり、人体を従来の自動車に例えるなら、ガソリンの代わりは脂質である。
③赤血球を除く全ての細胞は、ミトコンドリアを持っているので、脂肪酸-ケトン体エネルギーシステムを利用できる。
④糖質制限食実践中や絶食中の血中ケトン体上昇は、インスリン作用が保たれており、
生理的なものであって病的ではない。農耕開始前の人類は、皆そうであった。

<人体のエネルギー源Ⅱ:ブドウ糖-グリコーゲンシステム>
①人体で唯一赤血球だけは、ミトコンドリアがないので、ブドウ糖しか利用できない。
②日常生活で、ブドウ糖を主エネルギー源として利用しているのは、赤血球・脳・網膜など。
③ブドウ糖-グリコーゲンエネルギーシステムの本質は
 「常に赤血球の唯一のエネルギー源」
 「筋肉が収縮したときのエネルギー源」
 「血糖値が上昇しインスリンが追加分泌された時、筋肉・脂肪細胞のエネルギー源」
 「日常生活では脳・網膜・生殖腺胚上皮の主エネルギー源」

<肥満改善と糖質制限食>

①糖質制限食実践中は、食事中も含めて常に脂肪が燃えている。
②糖質制限食実践中は、追加分泌インスリン(肥満ホルモン)が最小限しか出ない。
③糖質制限食実践中は、食事誘発熱産生(DIT)が、糖質食に比べると増える。
④糖質制限食実践中は肝臓や腎臓でアミノ酸やグリセロールを原料に糖新生が行われ、
 大量のエネルギーを消費する。
⑤少なくとも同一カロリー摂取なら、①②③④の4つの利点により、
 糖質制限食が高糖質食に比し、体重減少効果がある。

*糖質制限食を3ヶ月~半年続けていると、体細胞のケトン体利用効率が高くなり、
血中ケトン体が高値でも利用されるので、尿中や呼気中に排泄されなくなる。

**糖質を摂取すれば血糖値が急峻に上昇し、インスリンが追加分泌され、
①②③④の4つの利点は、即失われるので肥満しやすい。


江部康二