インスリン分泌・抵抗性指標。インスリン、C-ペプチド。

こんにちは。


10時間以上の絶食で、

早朝空腹時のインスリン値、空腹時血糖値、空腹時C-ペプチド値を

検査することで、インスリン分泌指標、インスリン抵抗性指標などを、

計算式で出すことができるので

今回は、それらを整理してみました。


【SUIT指数】と【C-ペプチドインデックス(CPI)】

は、あまりなじみがないかもしれませんが、

役に立つと思います。



インスリン分泌指標

 

HOMA-β】

HOMA-βは内因性インスリン分泌機能を推定する指数です。

 

HOMA-βは、空腹時血糖値と空腹時インスリン値で計算するのですが、

経口血糖負荷試験(OGTT)時の2時間値のインスリン分泌量と

よく相関することがわかっています。

 

homeostatic model assessment beta cell function

→略してHOMA-β

 

<HOMA-β=360×空腹時インスリン値(μU/ml)÷(空腹時血糖値mg/ml-63)>

 

という式で計算します。

空腹時血糖値130mg/dl以下なら信頼度が高いです。

 

正常値:40-60

 

 C-ペプチド】

通常は、血液中のインスリン(IRI)そのものを測定しますが、

インスリン注射中の糖尿人は、C-ペプチド(CPR)というものを調べます。**

 

IRIの測定は、注射したインスリンの影響を受けますので不正確になりますが、

CPRの方は、外から注射したインスリンとは無関係の、

内因性インスリンの分泌状態を示しています。

 

早朝空腹時血中CPRを測定することで、

インスリンの基礎分泌能力がわかります。

 

蓄尿して一日尿中のCPRを測定することは、

一日の内因性インスリン分泌総量(基礎分泌+追加分泌)の指標となります。


【SUIT指数】

空腹時CPRng/ml×1485/<空腹時血糖値(mg/dl)-61.8

50%以下は軽度、20%以下は顕著なインスリン分泌低下。

30%以下だとインスリン治療が必要。

 

【C-ペプチドインデックス(CPI)】

空腹時CPRng/ml×100/空腹時血糖値(mg/dl

1.2以上は正常。0.8以下でインスリン分泌低下。

1.2以上の場合は食事や経口薬治療、0.8未満の場合はインスリン療法を選択。

空腹時血糖値140mg/dl以上なら、

CPIのほうが、HOMAβSUIT指数より信頼度が高い。


**C-ペプチド(CPR)

 

C-ペプチド(CPR)は、

インスリン生合成の過程におけるプロインスリンの分解によって生じる副産物です。

 

インスリンとCPRの分泌動態には平行関係が存在します。

 

血中・尿中のCPR濃度を測定することにより、

膵ランゲルハンス島β細胞機能、

内因性インスリン分泌能を推測することができます。



インスリン抵抗性指標

HOMA-R

HOMA-Rとはインスリン抵抗指数のことです。

 

<HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン値÷405>

 

という式で計算します。

 

homeostasis model assessment insulin resistance

→略して HOMA-R

 

HOMA-Rが大きいほど、インスリン抵抗性が強いと考えられます。

 

1.6以下が正常で、2.5以上は抵抗性があると考えられます。

空腹時血糖値140mg/dl以下なら信頼度が高いです。



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖尿人における糖質摂取推奨量は?食後高血糖は?
こんにちは。
精神科医師Aさんから。

m3.comの臨床ニュース
「糖質の推奨量」定義はこう考えよ【時流◆糖質制限】
山田悟・北里大学北里研究所病院糖尿病センター長に聞く◆Vol.1
2017年3月2日 (木)
https://www.m3.com/clinical/news/506968


に関してコメント・情報をを頂きました。
ありがとうございます。

山田悟氏の推奨する糖質量は
「1食につき20-40gを1日3食、これとは別に嗜好品で1日10gほど摂取すると考えれば、70-130g/日になるような食べ方が良いと思います。ただし、決して70-130g/日さえ守っていれば良い訳ではなく、1食20-40gを優先した考えから算出している数値です。食事のたびに食後高血糖が起きているので、当然のことながら毎回、食後高血糖が起きないように糖質量をコントロールする考えです。」・・・ m3.comの臨床ニュースから一部抜粋。
ということです。
山田悟氏は、「1食20-40gを優先する」と述べています。

日本糖尿病学会推奨の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)なら、
糖質摂取比率60%として、

女性は1200~1800kcal/日
1日の食事の糖質摂取量は180g~270g
1回の食事の糖質摂取量は、60g~90g

男性なら1400~2000kcal/日なので
1日の食事の糖質摂取量は210g~300g
1回の食事の糖質摂取量は、70g~100g


この従来の糖尿病食の糖質摂取量に比べたら山田流の緩い糖質制限でも、かなり糖質量は減少するので、従来の糖尿病食に比し、HbA1cもあるていど改善すると思います。

しかし、20gならともかくとして、40gの糖質摂取なら、血糖値の上昇は120mgあるので、糖尿人なら、食後血糖値が180mg~200mg/dlを超える可能性が高いです。これでは、合併症予防には黄色~赤信号になりますね。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿人の血糖値を約3mg上昇させます。

そうすると、従来の糖尿病食で、
1回の食事の糖質摂取量が、60g~90gなら、
血糖値は180mg~270mg/dlの上昇ですから、
空腹時血糖値が100mg/dlと好調でも、60~120分後のピークでは、
280mg~370mg/dlというとんでもない食後高血糖を引き起こします。


このような食後高血糖を、1日3回生じているのですから、合併症を予防することは不可能ということがわかります。

即ち、従来の糖尿病食(糖質摂取比率60%)は、誠に遺憾ながら「合併症製造食」としか言いようがありません。


山田流の緩い糖質制限でも、1回の食事の糖質量が40gあると、
血糖値は120mg/dlの上昇ですから、
空腹時血糖値が100mg/dlと好調でも、60~120分後のピークでは、
220mg/dlという食後高血糖を引き起こします。


従来の糖尿病食よりは、ましでも食後高血糖を、1日3回生じているのですから、合併症予防には黄色~赤信号になるということです。

従って、緩やかな糖質制限食は、原則として、糖尿予備軍かごく軽症の糖尿病には適応となりますが、中等度以上の糖尿病には適応となりません。

高雄病院のスーパー糖質制限なら、1回の食事の糖質量が10g~20gであり、
血糖値は30~60mg/dlの上昇に過ぎないので、
空腹時血糖値が100mg/dlなら、60~120分後のピークでも、
130~160mg/dlですみます。
180mg/dlを超える食後高血糖がないので、合併症予防が可能です。


国際糖尿病連合・2011年「食後血糖値の管理に関するガイドライン」では
「食後血糖値は、食後1~2時間で測定されるべきで、160mg/dl未満が目標」
とされていますが、スーパー糖質制限食ならこちらもクリアです。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
渡邊昌先生、門脇孝先生、江部康二の3人で鼎談を行いました。
おはようございます。

2017年2月7日(火)午後から、東京に行ってきました。

渡邊昌先生、門脇孝先生、江部康二の3人で鼎談を行いました。

二人で話し合うのが対談で、三人で話し合うのが鼎談です。

渡邊昌先生は、医学雑誌「医と食」の編集長です。

門脇孝先生は、
一般社団法人 日本糖尿病学会 理事長
であり、
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授
です。

御茶ノ水駅で渡邊昌先生と待ち合わせてタクシーで東大医学部に向かいました。

東大医学部は、昔のままの「東京帝国大学医学部」をイメージできる古い建物でした。

そう言えば、生まれて初めて東大の構内に入ったこととなります。

門脇孝先生のお部屋で、午後4時半から6時まで、お話しすることができました。

ケトン体、SGLT2阻害薬の話もありました。
SGLT2阻害薬の研究報告EMPA-REG outcome trialにも言及されました。

EMPA-REG outcome trial
『対象患者 心血管疾患のある2型糖尿病患者7,028例。
結論 心血管イベントのリスクが高い2型糖尿病患者において, 標準治療へのempagliflozinの追加は心血管疾患による死亡,心血管イベント,および全死亡の発症率を低下させた。糖尿病治療薬ではじめての効果。』


EMPA-REG outcome trialにおける、
「心血管イベント,および全死亡の発症率を低下」
は、ケトン体の心筋保護作用や臓器保護作用が有利に働いた可能性があるなど、門脇先生はケトン体に対してポジティブな面を強調され、私も大変嬉しく思いました。

カロリー制限食に関しても、個人的には、画一的に糖質50~60%を押し付けるのではなく、一人ひとりの患者さんで、糖質摂取比率を考慮する方向を目指すのがリーズナブルと述べておられました。

このお考えにも賛成ですし、とても柔軟な姿勢と思いました。

現実に東大病院では、2015年4月から、糖質摂取比率40%の糖尿病食が提供されており、門脇先生ご自身も、糖質摂取比率40%の緩やかな糖質制限食を実践しておられました。

渡邊昌先生、ご自身も糖尿病であり、その体験談を語られました。

とてもみのりの多い話し合いとなり、有意義な時間をもつことができました。

総じて、とてもフレンドリーで和気あいあいとした雰囲気の鼎談でした。

最後は握手をして、挨拶を交わして、教授室をあとにしました。

渡邊昌先生、門脇孝先生、ありがとうございました。

なお、鼎談の内容は、3月号の「医と食」に掲載されます。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
『視力を失わない生き方』深作秀春著、光文社、2016年12月刊行
こんにちは。

世界的眼科外科医の深作秀春先生が
『やってはいけない目の治療』角川書店、2016年9月


に続いて

『視力を失わない生き方』光文社、2016年12月


を刊行されました。

世界的眼科外科医として、英文論文は多数、ご発表ですが一般向けとしては、2冊目のご著書です。

ブログ読者の皆さん、是非この本を読んで、世界最先端の眼科知識を学びご自分の眼の健康を守りましょう。


☆☆☆

以下は、深作先生ご自身が書かれた紹介文です。

角川書店刊の私の眼科一般書の「やってはいけない目の治療」は、多くの方々に読んでいただいている為に、ベストセラーになっております。読みやすくを心がけた本です。

続いて、この度新たに光文社から新書『視力を失わない生き方』を12月15日に発刊となりました。この新書は、より詳しく眼科医療を知りたい方々に答えたものです。内容が非常に多く、誰もが何らかの目の健康を保つヒントを得られると思いますし、万一自分や家族が目の病気になっても、心配いりません。世界最先端の医療なら、全ての困難な病気に対応できます。

皆様方には、ぜひこの本をお読みいただいて、生涯健やかな良い視力を保っていただきたいと思います。

現在の日本では、糖尿病性網膜症、網膜剥離、緑内障、加齢黄斑変性症,、白内障などで、毎年数万人以上の失明者が出ています。いずれも正しい世界最先端の治療を行えれば救える方たちなのです。

ところが、日本がこと眼科分野では世界に遅れを取っている為に、救えるはずの毎年数万人の眼を失っているのです。なんとかしたいとの切実な思いで、この眼科啓蒙書を書きました。内容は新書ですので、かなり充実した重い内容です。それだけ読みごたえがあると信じています。

アマゾンの予約サイトは以下のとおりです。



別の70才の患者さんですが、10歳の時に熱病などで東大病院にかかりましたが、失明し、そのまま治療法が無いと60年間も3月ごとに東大病院に通っていた患者さんが、手を引かれて来院しました。

この方は盲人協会の役員でもありました。私が診察して、可能性は少ないが、手術でわずかに見えるかもしれない、と話しました。患者さんはどんな可能性にも懸けてみたいと手術を希望しました。角膜移植と白内障手術と硝子体手術を両眼に施行しました。

すると光をわずかに感じるだけだった失明眼が、何と両眼とも0・5に改善しました。両眼とも60年振りに見えるようになったのです。

この患者さんは今度は一人で歩いて帰りました。再来時にお礼の手紙をくれました。でも点字なのです。字が見えないのですか?と聞くと、「字は良く見えます。でも10歳で失明したので、字を見えても字を勉強していないのです。」と答えました。60年は戻らないのです。

でも、その方は明るく言いました。眼が見えるようになったので、日本中の素晴らしい場所を旅して、美しい景色を写真に撮っていきます。と見えるようになった喜びを語っていました。

 あきらめてはいけないのです。日本の大学病院の眼科レベルが低い為に、治せる病気を放置したり失明しています。正しい判断をする為にも、私の「視力を失わない生き方」(光文社)をぜひお読みください。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
糖質制限ピーナッツチョコレート(ミルク・抹茶・ティラミス)発売。
おはようございます。

先週、私が監修した糖質制限チョコレート、モリドルチョコレートを紹介しました。

しばらく品切れだった所為か、発売再開とともに凄い勢いで売れましたと、糖質制限ドットコムのあらてつさんから聞きました(^_^;)

監修した私としては嬉しい限りです(^o^)

モリドルチョコレート、美味しくて血糖値が上がらないのでとても良いのですが、1枚100gもあるので、食べる時は少しずつ割って食べています。

ちょっと小腹が空いた時に、袋を明けてそのまま食べられるチョコレートを作って欲しいとリクエストしたところ、完成したのがこのピーナッツチョコレートです。

ピーナッツチョコ

ピーナッツにミルク、抹茶、ティラミスの糖質制限チョコレートをコーティングし、100gずつの小袋になっています。

袋にはチャックが付いていますので、少しずつ食べてもチャックを閉めて保存できとても便利です(^_^)

以下、あらてつさんとCocoroさんに送った、私江部康二の血糖測定結果です。

ミルクピーナッツチョコ

あらてつさん、Cocoroさん

2016年6月24日
午後7:45 血糖値:105mg
ミルクピーナッツチョコ30g 摂取
午後8:45 血糖値:116mg

想定通りかな?

江部康二


ティラミスピーナッツチョコ

あらてつさん、Cocoroさん

2016年6月25日
午前7:15 空腹時血糖値:107mg
ティラミスピーナッツチョコ30g摂取
午前8:15 血糖値:121mg

14mg上昇です。
小さいピーナッツ50~60粒あったようなので、これくらいは上がるかな。

単独の30gのピーナッツで、3.3gの糖質です。

江部康二


抹茶ピーナッツチョコ

あらてつさん、Cocoroさん

2016年6月29日
午後15:40 血糖値:123mg
抹茶ピーナッツチョコ30g摂取
午後16:10 血糖値:125mg
午後16:40 血糖値:126mg  

ピーナッツ分の3.3gの糖質が含まれているのに、上昇が少ないですね。

江部康二



ピーナッツをそのまま使っていますので、1袋100g全部食べると、それぞれのエリスリトールを除く糖質は、、ミルク12.7g/抹茶11.6g/ティラミス11.9gと、それなりの糖質量になってしまいます。

なので、1回に食べる量の目安は、30gを基準にしてもらえばいいでしょう。

おおよそ、小袋の3分の1ですね。

まあ、今回測定した30gでも結構な量だったので、100g全部食べてしまう人はそうそう居ないと思いますが…(^_^;)

ちょっと小腹が空いた時にとても便利な糖質制限 ピーナッツチョコレート。

チャック付きの小袋で持ち運びも便利なので、糖質セイゲニストの皆さん、是非お試しあれ。


江部康二


詳細と購入はこちらから
↓  ↓  ↓
糖質制限 ピーナッツチョコレート
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail177.html



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット