FC2ブログ
名医が考えた 認知症にならない最強の食事術 宝島社 江部康二著。
名医が考えた 認知症にならない最強の食事術
江部康二著 宝島社


book1.jpg


http://urx.blue/07K6


こんにちは。
名医が考えた 認知症にならない最強の食事術
江部康二著 宝島社

2020/6/10から発売中です。
幸い、アマゾンでの書評も高評価を頂いています。

近年AGEs(終末糖化産物)の蓄積が、
老化や認知症の元凶であることがわかってきました。
そして、糖質摂取量が多いほど食後高血糖を生じ、
年余に渡り、AGEsは沢山蓄積していきます。

糖尿病合併症の元凶もAGEsなのですが、
糖尿病でない人もAGEsの蓄積により老化や認知症を生じるのです。
そして、AGEs蓄積を最小限におさえて、
『糖化』『老化』『認知症』発症リスクを予防できる食事療法は
唯一糖質制限食だけなのです。
本書を読んで、間に合う内に、認知症予防を心がけて頂ければ幸いです。

以下の青字は、本書の「はじめに」です。


はじめに


 私は1974年に京大医学部を卒業しました。
医師になり46年が経過して2020年現在70歳です。
同級生は110人卒業しましたが、10名はすでに逝去されました。
医者の不養生というわけでもないのですが、仕事上の重責とか毎日のようなサービス残業とか、
精神的にも肉体的にもかなりストレスフルなのがこの職業なので、医師は思った以上に短命なのです。

 岐阜県保険医協会が実施した調査(2008~2017年)で、開業医の死亡時平均年齢が70.8歳と短く、
特に60歳代の死亡割合が34%と最も多いことが明らかになりました。
厚生労働省の統計にある死亡時平均年齢(2015年)は、男性が77.7歳、女性が84.3歳であり、明らかな差がありました。
日本人全体の死亡割合では80歳代がピークであり、医師の60歳代がピークというのはいかにも若すぎます。

 さてこのように医師は短命という事実もあり、4年に1回オリンピックの年に開催していた同窓会を、
誰がいつ死ぬかわかならいということで近年は2年に1回と改めました。
4年前の同窓会で、「一番なりたくない病気は何?」という話題となりましたが、
約60名の出席者全員が「アルツハイマー病(認知症)」ということで一致しました。
 がんもこわい病気ですが、間に合えば完治できることもありますし、転移があって完治が困難であっても、
基本的に意識は最後まで保たれることがほとんどということもあって、
「一番なりたくない病気はがん」と発言した同級生はゼロでした。

 認知症の患者とその予備軍は65歳以上では4人に1人もいます。
 認知症は、日本のような高齢化社会におけるもっとも重要な疾患の一つです。
2018年現在わが国には約 462 万人の認知症患者が存在し、
さらに認知症予備軍と考えられる軽度認知障害の高齢者が約 400万人もいます。
軽度認知障害 は、認知症への進行リスクが高く、該当者は年率 10 ~15% で認知症に進行するとされています。

 このように増え続ける認知症ですが、現代医学において根治につながる治療法はありません。
従って可能な限り早期に認知症および 軽度認知障害を発見してなんらかの介入を行い、
進行を止めるあるいは症状を改善させることが求められます。

 認知症との関連で注目されている物質に AGEsがあります。
AGEs については本文で詳しく説明します。
AGEs は、糖尿病合併症(透析、切断、失明など)の元凶と考えられてきましたが、
近年糖尿病のみでなく、動脈硬化進展の主役の一つとされ、
老化、認知症、慢性炎症、腎不全などにも関与していることが判明しました。

 糖尿病患者では AGEs の増加とともに認知症あるいは軽度認知障害へ移行することが知られています。
一方、糖尿病でない人も皮膚AGEs の蓄積量と軽度認知障害とに関連があることが判明しました。
皮膚にAGEsが蓄積していれば脳にも同様に蓄積しているということです。

 このようにAGEsの蓄積が認知症に関与していることが明らかとなっていますが、
糖質制限食なら、AGEsの蓄積を最小量におさえることが可能です。
糖質制限食は1999年、高雄病院が日本で初めて糖尿病治療に導入した食事療法です。
近年糖尿病以外にも様々な生活習慣病に効果があることが明らかとなっています。

 糖質制限食実践は早ければ早いほどいいです。
軽度認知障害の段階で糖質制限食を実践すれば、認知症への進行を予防できるし、
軽度認知障害が改善し正常に戻ることも期待できます。
なにしろ本文で紹介しますが、アルツハイマー病を発症したあと、
スーパー糖質制限食実践で一週間足らずで正常に戻った方さえおられるのです。

 40代、50代から糖質制限食を実践していれば、
軽度認知障害のリスクもなくなりますし、健康長寿が約束されます。
さらに早期の20代、30代から糖質制限食を実践すれば、糖化に伴う老化が予防できます。

 私は、52歳で糖尿病を発症して以来、スーパー糖質制限食を実践していますが、
70歳現在、歯は全て残り虫歯なし、聴力低下なし、視力低下なし、
身長縮まず、夜間尿なし、内服薬なし、合併症なしです。
明らかに「糖化⇒老化」が予防できているのだと考えられます。

 月~土と毎日外来診察を行い、入院患者さんも担当しています。
ほぼ毎日ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」を更新し、
本も出版し、講演活動も行っており、とても元気です。
読者の皆さんが健康長寿を達成されるよう本書および糖質制限食がお役に立てれば幸いです。


江部康二
今や全医学生が学ぶ漢方と西洋医学。両立の時代。
こんばんは。
今でこそ、糖質制限食で有名な高雄病院ですが、元々は漢方の病院として有名であり、
現在も漢方生薬を処方できる日本でも数少ない病院の一つです。

 私は、漢方医として東洋医学に携わり、西洋医として西洋医学にも携わっています。
なぜ両方の医療に携わるのか。今回は、その理由をお話ししたいと思います。

<漢方、東洋医学、西洋医学>
 漢方とは、煎じ薬(生薬)やエキス剤などによる内服治療を指すのが一般的です。
ただ広義には、内服治療、はり・きゅうのような外部の刺激治療を合わせた、
日本独自の発展を遂げた医療のことをいいます。

 漢方を日本で広めたのは、室町時代の医者である田代三喜(さんき)だとされています。彼は明にわたって医学を学び、それを持ち帰って日本流にアレンジしたといわれています。

 その後、江戸時代後期にオランダ医学が入ってきたために、
それまでの医学と新しい医学とを区別する必要が生じました。
そこで、それまでの治療法を「漢(中国の)」「方(治療方法)」、
新しいオランダ医学を「蘭方(らんぽう)」と呼ぶようになったのです。

 ちなみに、現代中国では伝統医学を「中医学」と呼びます。
これは、日本の「漢方」とは考え方も含めて異なる体系です。

 「東洋医学」「西洋医学」は地理的な意味を表します。
トルコのボスポラス海峡より東方の医学を東洋医学、
それより西方の医学を西洋医学と呼びます。
もちろん漢方は東洋医学の一つです。

<認められていなかった漢方⇒医学部のカリキュラムに>
 さて、1883(明治16)年に公布された医師免許規則は、
医師になるためには西洋医学の教育のみが必要と定めていたため、
日本ではしばらく西洋医だけしか認められていませんでした。
漢方は、西洋医の中で志をもって学ぶ医師により、綿々と受け継がれてきたのです。

 その後、2001年に文部科学省が策定した
「医学教育モデル・コア・カリキュラム」に「和漢薬を概説できる」という目標が追記されました。
それ以降、医学部の教育に漢方が盛り込まれるようになりました。
現在は、カリキュラムに「漢方医学の特徴や、主な和漢薬(漢方薬)の適応、薬理作用を概説できる」という目標が明記されており、全国の医学部で漢方教育が行われています

<西洋医学の得意分野>
 西洋医学は原因がはっきりしている病気を得意とします。

 例えば、近年急激に患者の報告数が増えている梅毒という病気の治療は、その典型例です。国立感染症研究所によると、2017年の患者報告数は5770人で、現行の集計方式となった1999年以降で初めて5000人を超え大問題となっています。

 梅毒は、梅毒トレポネーマという菌が感染して発病するという「原因」が分かっています。西洋医学はこの原因に対して、ペニシリンなどの抗生物質が効くことを突き止め、特効薬を開発したのです。今では、ちゃんと受診して診断がつけば、抗菌薬の投与でごく簡単に治療ができます。

 特効薬が開発されるまで梅毒は不治の病で、
当時の漢方医はおおいに嘆いていたといいますから、
このような分野に関しては西洋医学のすごさが分かります。

<原因不明の病気には漢方>
 しかし、なぜその病気になってしまうのかという根本的な原因がはっきりしない病気もたくさんあります。そのような病気には漢方が有効です。
原因不明で体調のバランスが崩れている人ならば、漢方だけで健康な状態に戻れます。

 私が理事長を務める高雄病院は、常勤医師の全てが西洋医学に加え、
漢方治療を実践しています。
ですから、さまざまな現代病の患者さんが、漢方治療を求めてやってきます。

 潰瘍性大腸炎、SLEなどの難病、気管支ぜんそくなどの呼吸器疾患、リウマチなどの膠原(こうげん)病、過敏性腸症候群などの消化器疾患、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、高血圧などの循環器疾患、糖尿病などの代謝疾患、ネフローゼ症候群などの腎疾患……。そのほかにも、風邪をひきやすい、不妊症、冷え性、微熱があるといった人から、「なんやしんどい」と訴える人まで、西洋医学的には診断がつかないものもあります。

 このような患者さんに対して漢方医は、
人体の「気」「血」の流れや五臓六腑(ごぞうろっぷ)のバランスをチェックして、
それを整えるような薬を処方します。

<漢方と西洋医学の両立が大切>
 もちろん、漢方だけでなく西洋医学的治療も必要です。
交通事故で骨折して手術するとか、根治的ながんの手術とかは西洋医学の独壇場です。
両方をうまく使いこなすスタンスが重要と思います。

 漢方も西洋医学も、それぞれに得意分野があるので、
どちらか一方が優れていて他方が劣っているということはありません。
役割分担で相補的に対応し、
少しでも患者さんの症状を楽にすることが最も良いと考えています。


江部康二
豆腐など「大豆食品」で膵臓がんリスク上昇?
【20/09/16 クッキー
豆腐と膵臓ガン
いつも先生のブログで勉強させて頂いております。
今回、糖質制限をしている私にとって気になる記事がありました。
豆腐を食べるほど膵臓ガンのリスクが高まるという内容です。
私はあまり信用してませんが、
先生のご意見を聞かせていただけると幸いです。https://news.yahoo.co.jp/articles/0095a2b4863918533eee78555aee35270161cb6f



こんばんは。
クッキーさんから、
豆腐など「大豆食品」で膵臓がんリスク上昇?日本での研究より
9/16(水)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0095a2b4863918533eee78555aee35270161cb6f

という
ヤフーニュースの記事の情報をコメント頂きました。
クッキーさん、ありがとうございます。
糖質セイゲニストは、豆腐や納豆なども多く摂取するので気になるところです。

ヤフーニュースの内容ですが、
発酵性大豆食品(納豆、味噌、醤油)は、膵臓がんの増加とは関係が無く、
非発酵性大豆食品(豆腐、油揚げ、豆乳)の摂取が多いと
膵臓がんのリスクが高くなるという発表です。
総大豆食品摂取量が多いグループも同様の結果です。

まず、当該の
国立がん研究センター「多目的コホート研究(JPHC)」)
の研究者が、サイト内で
『1回のアンケート調査から計算された摂取量で計算しており、
追跡中の食事の変化については考慮していないという研究の限界があります。』

と述べておられます。

また、記事にもあるように豆類に関しては、欧米の先行研究で、
むしろ膵臓がんを予防する効果が報告されています。

同じ多目的コホート(JPHC)研究 (2020年1月30日公開)
https://epi.ncc.go.jp/jphc/825/8437.html

において
発酵性大豆食品の摂取量が多いと総死亡リスクが低くなる可能性が示唆されています。

発酵性大豆食品(納豆、味噌、醤油)の中で、
味噌汁や醤油は毎日のように摂取していると思います。
非発酵性大豆食品(豆腐、油揚げ、豆乳)のほうは、
普通の食生活の人は毎日は摂取しないと思います。

従って、我々糖質セイゲニストにおきましては、
発酵性大豆食品は積極的に摂取して総死亡率を下げつつ、
非発酵性食品は時々摂取くらいにしておけば、
あまり問題にするほどではないと思います。

以下の緑文字の記載は、今回のヤフーニュースの元ネタとなった
国立がん研究センターのJPHC研究です。

☆☆☆
https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/8492.html
大豆食品の摂取量と膵がん罹患の関連
―多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果報告―


私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防と健康寿命の延伸に役立てるための研究を行っています。平成7年(1995年)と平成10年(1998年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の10保健所(呼称は2019年現在)にお住まいだった45~74歳の方々のうち、食事調査票に回答し、がんになっていなかった約9万人を、平成25年(2013年)まで追跡した調査結果にもとづいて、大豆食品とその後の膵がん罹患との関連を調べた結果を専門誌で論文発表しましたので紹介します
(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2020年6月公開)。

膵がんは予後が良くないがんなので、予防に関する研究結果の蓄積が望まれています。大豆食品には、たんぱく質、イソフラボン、レクチン等の多くの成分が含まれ、これまでにも循環器疾患や、一部のがんにおいてリスクが低下する可能性が報告されてきました。しかし、膵がん罹患との関連については報告も少なく、よくわかっていませんでした。そこで、私たちは、多目的コホート研究において、大豆食品摂取量と膵がん罹患との関連について検討しました。

食事調査アンケート調査の結果を用いて、総大豆食品・発酵性大豆食品・非発酵性大豆食品・各大豆食品(納豆、味噌、豆腐類)の摂取量を計算し、等分に4つのグループに分け、最も少ないグループと比較したその他のグループの、その後平均約17年間の膵がん罹患リスクを調べました。分析にあたって、性別、年齢、地域、肥満度、喫煙、飲酒、身体活動、糖尿病(または服薬)の有無、膵がん家族歴、コーヒー、魚類、肉類、果物類、野菜類、総エネルギー摂取量で統計学的に調整し、これらの影響をできるだけ取り除きました。

大豆食品摂取量と膵がん罹患リスクが関連
総大豆食品摂取量が多いと、膵がん罹患リスクが高いという関連がみられました。非発酵性大豆食品(豆腐類、高野豆腐、油揚げ、豆乳)摂取において同様の関連がみられましたが、発酵性大豆食品摂取(納豆、みそ)において関連はみられませんでした(図1)。

個々の大豆食品では、豆腐類の摂取が多いと膵がん罹患リスクが高いという関連がみられましたが、その他の大豆食品において関連は見られませんでした(図2)。

今回の研究から見えてきたこと
今回の研究では、総大豆食品摂取量が多いと膵がん罹患リスクが高いという関連がみられましたが、発酵性大豆食品摂取については膵がん罹患との関連はみられませんでした。

これまでの欧米の疫学研究では、インゲン豆、レンズ豆、エンドウ豆、大豆などを含むマメ科の植物の摂取は膵がんリスク低下との関連が示唆されています。今回の研究では、豆類の種類の違いによる栄養成分の違い(インゲン豆、レンズ豆、エンドウ豆は大豆に比べて、炭水化物が多く、脂質が少ない、大豆はたんぱく質、脂質が多い)や、観察期間の違い(欧米の研究は6~8.3年であり、本研究は約17年と長い)などのため、先行研究とは異なる結果になったと考えられました。

総大豆食品摂取量が多いと膵がん罹患リスクが高い理由は、よくわかっていませんが、動物実験では非加熱大豆飼料を与えられた動物では、下痢などのほか、膵臓の腫れがみられたとの報告や、大豆に含まれるトリプシンインヒビターなどの消化酵素阻害成分の消化酵素や消化管ホルモンへの影響などが考察されます。

今回の研究の限界として、1回のアンケート調査から計算された摂取量で計算しており、追跡中の食事の変化については考慮していないことや、様々な要因について統計学的に十分調整できていないことがあります。今回の結果を確認するためには今後のさらなる研究が必要です。


江部康二
ストレスと血糖値.
ストレスと血糖値

こんばんは。
コロナ自粛で、ストレスがたまるという方もおられると思います。
今回は、ストレスと血糖値のお話です。

血糖値は食事、運動、ストレスなどにより変動します。
ストレスは大きく三つにわけることができます。

一番目は、何と言っても心理的ストレスです。
死別.離婚.結婚.引っ越しなど人生の大きな出来事、家庭での母子関係.嫁姑関係、
会社や学校や地域での人間関係など日常的な厄介事、様々な不満.失望.挫折、
不安などがあげられれます。

二番目は、生理的ストレスです。
サービス残業などによる過労、不眠、細菌・ウィルスによる感染などがあります。

三番目は、物理的なストレスで、日光、暑さ、寒さ、乾燥、湿気、騒音などです。

人間はこれらのストレスを感じると、アドレナリン、グルカゴン、
副腎皮質ステロイドホルモンといった抗ストレスホルモンを分泌しますが、
これらのホルモンは血糖値を上げる作用があります。
そのため、食事とは無関係に血糖値が上昇することがあるのですね。

例えば2型の糖尿人で不眠の日の翌日、
いつもより50mg/dl近く空腹時血糖値が上昇した方がありました。
また、1型の糖尿人で、コントロール良好だったのが、
生理が始まったとたん100mg/dl血糖値が上昇した女性もおられました。

今の日本でストレスのない仕事などないと思いますので、
どう付き合うかですね。

例えば、急ぎの仕事を任されて、とても忙しくて睡眠も不足気味で、
ストレスたっぷりだったけど、上手く処理できて相手先にも喜んでもらえた、
というような展開であれば、達成感で自己治癒力はぐっと高まる方向になりますから、
まんざらストレスもネガティブな面ばかりではないですね。

このように、ストレスを利用して、
ポジティブなエネルギーに替えてしまうことも可能ですから、
視点を切り替えてみるのもいいですね。

私は普通のお医者さんよりは、かなり忙しく過ごしています。
(月)~(土)と外来診察があり、病棟の入院患者さんも担当しています。
ブログは、ほぼ毎日更新してますし、本や雑誌の原稿も書いてます。
新型コロナの前は、講演は日本全国で年間30回くらいこなしていました。

忙しいけれど、とりあえず元気ですし、風邪で外来を休んだことも一度もありません。
結局、週末のテニスや月1回のライブで気分転換をして、
ストレス解消していたのでしょうか。
それと適量(?)のお酒もなかなかに、心地よい変性意識状態にしてくれますね。

今は、コロナ自粛で、3月以降、テニスもなし、ライブもなしで、講演会も激減です。
それでも元気なのは、結局、人間関係がいつも良好なことがよい影響を与えてくれているのだと思います。


江部康二
食品別糖質量ハンドブック 江部 康二 (監修) 宝島社 2020/9/10刊行
こんにちは。

ダイエット・糖質制限に必携! 食品別糖質量ハンドブック 江部 康二 (監修)
宝島社 2020/9/10
https://www.amazon.co.jp/dp/4299008561/


が刊行されました。
2012年11月に『食品別糖質制限ハンドブック』(洋泉社)を上梓して以降、
累計約17万部となっています。
2015年12月に日本食品標準成分表が改訂され、七訂となりました。
15年ぶりの大幅な改訂で、項目が200増え、
成分表のデータもかなりの変更がありました。
『食品別糖質ハンドブック』もこれに対応して、収録食品の数も増やしました。

今回、版元の合併で宝島社の刊行となる本書では、さらに内容を追加しています。
この間、米国糖尿病学会は、2013年10月に糖質制限食を正式に容認し、
2019年4月には、『エビデンスが一番豊富なのは、糖質制限食である』と明言しました。

日本でも、近年、飲食業界において、
糖質制限食がおおいにクローズアップされてきました。
今や糖尿病や肥満・メタボだけでなく、
健康のためにもよい人類の正解の食事であり、糖質制限食の時代到来と言えます。

以下の青字は、本書の「はじめに」です。


はじめに

私が理事長を務める高雄病院は1999年、
日本で初めて糖質制限食を糖尿病治療に導入しました。
以来、高雄病院では入院患者と外来患者を合わせると
5000人以上の、糖質制限食による劇的な血糖値改善の治療実績を持っています。
そうした中で、手近に食品別の糖質量がひと目でわかる本があれば
というニーズに応えようと、
2012年11月に『食品別糖質制限ハンドブック』(洋泉社刊)を刊行し、
おかげさまで読者の皆さまの大きな支持を得て、版を重ねることができました。
現在、発行部数は17万部に達しようとする勢いです。 
この間の2015年12月に日本食品標準成分表が改訂され、七訂となりました。
15年ぶりの大幅な改訂で、項目が200増え、
成分表のデータもかなりの変更がありました。
『食品別糖質ハンドブック』もこれに完全に対応して、
収録食品を見直すとともに、収録食品の数も1200に増やしました。
今回、版元の合併で宝島社の刊行となる本書では、さらに内容を追加しています。
身近な食品や料理の糖質・カロリー・たんぱく質・脂質・塩分量などが
写真入りでわかるように工夫されている本書は、
糖質制限食を指導する立場の医師・栄養士はもちろん、
糖質制限食実践中の方々の強い味方となってくれると思います。 
近年、糖質制限食は社会的に広く認知されるようになり、
糖尿病、メタボリック・シンドローム、肥満の患者さんだけでなく、
健康のために実践されている方も多くなっています。
2013年10月に米国糖尿病学会が「栄養療法に関する声明」において、
地中海食やベジタリアン食、低脂質食などとともに糖質制限食を正式に受容したのは、
糖質制限食の普及にとり大きな追い風となりました。おかげで日本においても医師の支持がかなり増えてきました。 
糖質制限食というと、
現代の普通の食事である高糖質食と比べて特別な食事と思いがちですが、
実は糖質制限食こそが人類本来の食事なのです。 
諸説ありますが、人類がチンパンジーと分かれて誕生したのが約700万年前、
農耕がはじまったのが約1万年前です。
農耕がはじまる前は、「狩猟」「採集」「漁労」で食べものを手に入れていて、
穀物はなかったのですから、人類皆糖質制限食といえます。
すなわち、糖質制限食は約700万年間の人類の食事であり、
人類の健康食といえるのです。 
読者の皆さまには、本書を参考に、おいしく楽しく末永く糖質制限食を実践されて、
健康を保っていただければ幸いです。

2020年8月
高雄病院理事長 江部康二