妊娠糖尿病から出産後、糖尿病型へ。糖質制限食は?
【17/06/28 タマゴ
妊娠糖尿病から出産後、糖尿病型へ
こんにちは。以前コメントさせていただいたタマゴです。
40歳、第3子の今回の妊娠後期に初めて妊娠糖尿病と診断され、
以後、ほぼほぼスーパー糖質制限を行い、39週で無事出産できました。
ありがとうございました。

さて、先日、産後1か月で75g OGTTを受けたのですが、
結果が、残念ながら糖尿病型でした。というか、妊娠中より悪くなっていました。
検査前3日間は、75g OGTTのプロトコール通り、厳密に糖質150g/日ではないけれど、ある程度の糖質を摂取したのでβ細胞のプライミングはできていたと思われます。

妊娠中の75g OGTTの結果では、
すでにかなりしっかりした食後高血糖がみられていたので、
耐糖能は悪いと思います。
このまま、私の糖尿病は治らなさそうでしょうか?
ちなみに、学生時代から、食後4-5時間すると、
今思えば機能性低血糖のような症状(強い空腹感、冷や汗がでそうな感じ、フラフラする)がありました。
その時からインスリンの出が遅かったのかもしれません。

データは
妊娠27週 75g OGTT
血糖 
前 87mg/dl,
60 min 250 mg/dl,
120 min 204 mg/dl

妊娠30週
随時血糖 98 mg/dl
HbA1c 5.7%
グリコアルブミン 14.4%
Cペプチド 2.7 ng/ml
抗GAD抗体 陰性

妊娠30週ごろから糖質制限を開始。

妊娠34週
空腹時血糖 98 mg/dl
HbA1c 5.6%
グリコアルブミン 12.7%

出産後も糖質制限を続けるが、時々守れないことがあった。

産後4週間 75g OGTT
血糖
前  77 mg/dl
30 min 190 mg/dl
60 min 217 mg/dl
120 min 262 mg/dl

インスリン CLIA
前  1.8 μU/ml
30 min 36.8 μU/ml
60 min 41.6 μU/ml
120 min 44.6 μU/ml
HbA1c 6.0%

現在の身長156㎝ 体重54㎏でほぼ妊娠前の状態に戻りました。
先生のご経験からアドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。】



タマゴさん。
40歳、第3子無事出産、おめでとうございます。
第30週ごろから、糖質制限食実践されていますので、
体重コントロールも容易で安産で、
母子ともに健康度が高かったと思います。


産後4週間 75g OGTT
血糖
前  77 mg/dl
30 min 190 mg/dl
60 min 217 mg/dl
120 min 262 mg/dl

インスリン CLIA
前  1.8 μU/ml
30 min 36.8 μU/ml
60 min 41.6 μU/ml
120 min 44.6 μU/ml
HbA1c 6.0%


インスリン分泌指数 :0.31  0.4以下で、糖尿病型
HOMA-R :0.34 (1.6以下正常) インスリン抵抗性なし
HOMA-β :46.3  (40~60) 正常

産後4週間の75g経口ブドウ糖負荷試験では、糖尿病型です。
検査前の3日間は、糖質を150g摂取しておられたので、
検査の信頼度も高いと思います。

HOMA-β は正常なのですが、
120分後のインスリン分泌のほうが、60分後より多いので
やや遷延していると思われます。

『学生時代から、食後4-5時間すると、
今思えば機能性低血糖のような症状(強い空腹感、冷や汗がでそうな感じ、フラフラする)がありました。
その時からインスリンの出が遅かったのかもしれません。』


仰る通りと思います。
機能性低血糖は、家族歴で糖尿病がない人でも起こりますが、
家族歴で糖尿病がある人にも結構、生じやすいです。


このように、考察してみると、タマゴさんは現時点で、糖尿病の可能性が高いです。
インスリン抵抗性は、全くないので、
膵臓のβ細胞があるていど壊れていて、
インスリン分泌不足が主の糖尿病と思われます。
このタイプは、基本的には、将来的にも治らないと考えられます。
まあ、日本人の2型糖尿病では、一番多いタイプであり、
かくいう私もその一人です。
一方、ベースにインスリン分泌不足があるのですが、
糖質制限食があるので、まったく問題はありません。

タマゴさんも私も、
スーパー糖質制限食を実践する限りは正常人であり、
糖質を食べたら糖尿人ということです。

『現在の身長156㎝ 体重54㎏』
BMIも22.2でほどよいです。
このまま、美味しく楽しく糖質制限食を続けられて、
健康ライフを維持して頂けば幸いです。

タマゴさんは、現在40歳ですから、
スーパー糖質制限食で、糖化を防ぎ、AGEsの経年的蓄積を減らしましょう。
そうすれば、将来の糖化(AGEs)に関連する老化が予防できるので、
現在糖尿病ではない40歳の方々より若さが保てる可能性が高いです。
背が縮みにくい、聴力が低下しにくい、歯が丈夫、視力も低下しにくいなどです。


江部康二





☆☆☆
インスリン分泌指標

【インスリン分泌指数】
インスリン追加分泌第1相をみるのが、インスリン分泌指数です。
インスリン分泌指数: insulinogenic index→略してII

75gブドウ糖負荷試験で調べます。

II=<30分インスリン値-空腹時インスリン値>÷<30分血糖値-空腹時血糖値>

という式で計算します。

0.4以上あれば正常です。0.4未満は糖尿病型です。
0.4未満の場合、現在負荷試験が正常型や境界型でも
将来糖尿病になりやすいとされています。

【HOMA-β】
HOMA-βは内因性インスリン分泌機能を推定する指数です。

HOMA-βは、空腹時血糖値と空腹時インスリン値で計算するのですが、
経口血糖負荷試験(OGTT)時の2時間値のインスリン分泌量と、
よく相関することがわかっています。

homeostatic model assessment beta cell function
→略してHOMA-β



という式で計算します。
空腹時血糖値130mg/dl以下なら信頼度が高いです。

正常値:40-60



インスリン抵抗性指標
【HOMA-R】
HOMA-Rとはインスリン抵抗指数のことです。



という式で計算します。

homeostasis model assessment insulin resistance
→略して HOMA-R

HOMA-Rが大きいほど、インスリン抵抗性が強いと考えられます。

1.6以下が正常で、2.5以上は抵抗性があると考えられます。
空腹時血糖値140mg/dl以下なら信頼度が高いです。



<インスリン、基礎分泌、追加分泌第1相、第2相>
インスリンは、人体で唯一血糖値を下げるホルモンで、
膵臓のランゲルハンス島のβ細胞でつくられ分泌されます。

24時間少量持続的に出ている基礎分泌のインスリンと、
糖質を摂取して食後血糖値が上昇したときに、
その10~30倍の量が出る追加分泌のインスリンがあります。

追加分泌のインスリンには、
即分泌される第1相と少し遅れて出る第2相があります。

正常人は、血糖値が上昇し始めたら即インスリンが追加分泌されます。

この第1相反応は、もともとプールされていたインスリンが5~10分間分泌されて、
糖質摂取時の急激な食後高血糖を防いでいます。

その後、膵臓のベータ細胞は、第2相反応と呼ばれる持続するインスリン分泌を行います。

これは、食事における糖質の残りをカバーしています。
即ち、糖質を摂取している間は、第2相のインスリン分泌が持続します。

2型糖尿人は、通常、第1相反応が低下或いはなくなっていることが多いようです。
従って、糖質摂取時に血糖値の急激な上昇(グルコーススパイク)が起きてしまいます。

また、第二相も低下していることが多いので、糖質を摂取する限り、
一旦上昇した血糖値はなかなか下がってきません。

糖質制限食ならば、野菜分のごく少量の糖質だけなので、
2型糖尿人においても、食後高血糖はほとんど生じません。
追加分泌インスリンも、ごく少量ですみます。



ローソンで 『江部康二の糖質制限革命』 販売開始 2017/6/27
こんにちは。

ローソン × 雑誌『ダ・ヴィンチ』 タイアップ企画
http://www.lawson.co.jp/recommend/ent/books/

ということで、

江部康二の糖質制限革命: 医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト
単行本 – 2017/4/7 江部康二著 東洋経済新報社



が、ローソンで販売です。
発売日は2017年6月27日(火)からです。

ローソンはブランパン(糖質制限パン)を販売していて
以前から、糖質制限食に理解のあるコンビニです。
ありがたいことです。


糖質制限食は、1999年、日本で最初に、
私の兄の江部洋一郎医師(高雄病院院長・当時)が開始しました。

2001年、高雄病院で私も糖質制限食に取り組み始めました。

2005年に、高雄病院の臨床経験をもとに
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)を出版しましたが、
糖質制限食の本としては日本初でした。

これをきっかけに日本に糖質制限食が普及していき、近年、
外食産業やコンビニでも糖質制限食OK食材が販売されるようになりました。

NHKクローズアップ現代によれば2016年7月時点で、
糖質制限食の社会への浸透による市場規模は既に3000億円を超えているそうです。

このような現状において、本書では、
糖質制限食が様々な生活習慣病の予防と治療に顕著な効果を発揮し、
医療費削減の切り札となることを提言しています。

さらに糖質制限食により社会が大きく変わり、様々な経済効果をもたらし、
健康寿命をのばす可能性を展望します。

糖質制限食に内在する大きなポテンシャルにより、
日本において、栄養学や医学における意識革命、
産業界における経済革命が起こる可能性が高いと考えています。

糖質制限食の日本社会への順調な普及を踏まえて、
機は熟したと思い本書を執筆しました。

本書が読者の皆さんの、
知的好奇心を幾ばくかでも満足させることができれば嬉しく思います。


江部康二



☆☆☆
http://www.lawson.co.jp/recommend/ent/books/
以下はローソンのホームページから一部抜粋です。

発売日2017年6月27日
ローソン × 雑誌『ダ・ヴィンチ』 タイアップ企画

雑誌『ダ・ヴィンチ』の「旬の本棚」で紹介された、
話題の書籍8タイトルをローソン(一部店舗)で販売します。

『江部康二の糖質制限革命』
(東洋経済新報社)
定価1,404円


『スタンフォード式 最高の睡眠』
(サンマーク出版)
定価1,620円

『貯められる人は、超シンプル!』
(大和書房)
定価1,404円

『会話力のある人は、うまくいく。』
(学研プラス)
定価1,404円

『買ってはいけない家と土地』
(自由国民社)
定価1,512円

『幸せになりたければねこと暮らしなさい』
(自由国民社)
定価1,404円

『ひとりビジネスの教科書』
(学研プラス)
定価1,512円

『一流のリーダーになる 野村の言葉』
(新星出版社)
定価1,512円
糖質制限食と皮膚病。色素性痒疹。 追加
【17/06/27 植木屋
タイトルなし
40代男ですが、糖質制限でにきび(吹き出物)が出なくなったのは事実です。
暑い季節はヘルメットやタオルがあたる首の後ろに
必ず吹き出物が出るので毎年困っていました。
私は糖尿病ではありませんが、仲間(男)が糖質制限で体調すこぶる良く
肌も見違えるほどきれいになったのを見て、ちょっとマネしてみるか・・程度で
糖質制限を始めてそろそろ3年目ですが、久々に会う人には必ず
「肌がきれいになった。」と言われます。僕の変化を見た妻も
糖質制限を始めましたが、彼女はもっと顕著で、安い化粧品なのに
友人知人から「肌がきれいになった!」と絶賛されています。
年単位で続ける事だと思いますが、糖質制限で肌トラブルが
改善するのは本当だと思います。
僕は糖質制限で薄毛が改善した国立病院の名誉教授も知っていますよ。
ビフォー・アフターみたいです、本当に。】


【17/06/27 六花
乾皮症にも効果があるのでは
私は乾皮症がひどく、冬になると足首やひざの内側などが痒くてたまりませんでした。
糖質制限をしてから、だんだん良くなり3年目の今年は殆んど痒くありませんでした。
それには、足のむくみが関係していたと思われます。
以前は足がむくみ、靴下のゴムの跡がくっきり付いていたのに最近は無くなったので。
高血糖から足がむくみ、それが乾皮症に結びついていたと思います。
ちなみに空腹時血糖値99、Hba1cは5.6です。】


おはようございます。
植木屋さんと六花さんから、
にきび(吹き出物)、乾皮症が改善したという嬉しいコメンとを頂きました。
ありがとうございます。

お二人とも素晴らしい改善ですね。
良かったです。


江部康二



【17/06/27 ちひろ
皮膚病について
こんにちは。

糖質制限は皮膚病にも効きますか?
本やネットなどで調べると玄米菜食が良いって書いてあるのですが、どうにも眠くなってだるくなってしまうのです。

糖質制限すると体調もよくなるしイライラもしません。でも皮膚はよくも悪くもならないというか…。
このまま続けても良いのか迷ってます。
分かりにくくてすみません。よろしくお願いします。】



こんにちは。

ちひろさんから、糖質制限食と皮膚病について
コメント、質問を頂きました。
ちひろさん、体調;良好、良かったです。

ご質問の件ですが
アトピー性皮膚炎
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡


など皮膚の病気にも、糖質制限食は有効です。

長年のアトピー性皮膚炎の患者さんが、50歳、60歳で糖尿病を発症することがあります。
糖質制限食を実践したら、血糖コントロール良好はもちろんのこと、
1~2年経過で肌がしっとりして、長年のアトピーがすっかり良くなったというケースが
複数例あります。

尋常性乾癬は、一般には非常に難治性の皮膚疾患ですが、
スーパー糖質制限食で、改善することが多いです。
早ければ、1~2ヶ月で劇的に改善するケースもあります。
問題は、糖質を摂取すると再発するということです。

糖尿病がある場合、『透析・切断・失明』といった合併症が
あるので、多くの人が、コントロール良好になったあと
一定のモチベーションを保って維持できることが多いです。

しかし尋常性乾癬の場合は、糖尿病のような合併症がないので
一旦良くなったあと、また糖質を摂取するケースがわりと多いです。
糖質を摂取して、そこそこ再発しても、
「元の木阿弥ほど悪化しなければまあいいか・・・」
といった雰囲気でしょうか?
惜しいですね。
スーパー糖質制限食なら、コントロール良好を維持できるのですが・・・。

尋常性ざそう(にきび)も糖質制限で、速やかに良くなります。
糖質を制限すると新しいニキビができなくなります。
糖質を食べると新しいニキビが出現します。
とてもわかりやすいです。
ニキビの青少年諸君は、それなりにモチベーションが高いので
案外、ニキビがでないていどの糖質量で、続けてくれることが多いです。


江部康二

☆☆☆色素性痒疹
糖質制限食実践者で、まれに「色素性痒疹」 が出ることがあります。
ほとんどの場合は、「糖質制限+カロリー制限」 となっていて、
結果としてエネルギー不足で色素性痒疹がでるパターンです。
糖質制限は関係なく、断食やカロリー制限食で
色素性痒疹がでることもあります。
糖質制限食と皮膚病。色素性痒疹。
【17/06/27 ちひろ
皮膚病について
こんにちは。

糖質制限は皮膚病にも効きますか?
本やネットなどで調べると玄米菜食が良いって書いてあるのですが、どうにも眠くなってだるくなってしまうのです。

糖質制限すると体調もよくなるしイライラもしません。でも皮膚はよくも悪くもならないというか…。このまま続けても良いのか迷ってます。
分かりにくくてすみません。よろしくお願いします。】



こんにちは。

ちひろさんから、糖質制限食と皮膚病について
コメント、質問を頂きました。
ちひろさん、体調;良好、良かったです。

ご質問の件ですが
アトピー性皮膚炎
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡


など皮膚の病気にも、糖質制限食は有効です。

長年のアトピー性皮膚炎の患者さんが、50歳、60歳で糖尿病を発症することがあります。
糖質制限食を実践したら、血糖コントロール良好はもちろんのこと、
1~2年経過で肌がしっとりして、長年のアトピーがすっかり良くなったというケースが
複数例あります。

尋常性乾癬は、一般には非常に難治性の皮膚疾患ですが、
スーパー糖質制限食で、改善することが多いです。
早ければ、1~2ヶ月で劇的に改善するケースもあります。
問題は、糖質を摂取すると再発するということです。

糖尿病がある場合、『透析・切断・失明』といった合併症が
あるので、多くの人が、コントロール良好になったあと
一定のモチベーションを保って維持できることが多いです。

しかし尋常性乾癬の場合は、糖尿病のような合併症がないので
一旦良くなったあと、また糖質を摂取するケースがわりと多いです。
糖質を摂取して、そこそこ再発しても、
「元の木阿弥ほど悪化しなければまあいいか・・・」
といった雰囲気でしょうか?
惜しいですね。
スーパー糖質制限食なら、コントロール良好を維持できるのですが・・・。

尋常性ざそう(にきび)も糖質制限で、速やかに良くなります。
糖質を制限すると新しいニキビができなくなります。
糖質を食べると新しいニキビが出現します。
とてもわかりやすいです。
ニキビの青少年諸君は、それなりにモチベーションが高いので
案外、ニキビがでないていどの糖質量で、続けてくれることが多いです。


江部康二

☆☆☆色素性痒疹
糖質制限食実践者で、まれに「色素性痒疹」 が出ることがあります。
ほとんどの場合は、「糖質制限+カロリー制限」 となっていて、
結果としてエネルギー不足で色素性痒疹がでるパターンです。
糖質制限は関係なく、断食やカロリー制限食で
色素性痒疹がでることもあります。
インスリン、インスリン抵抗性。リポタンパクリパーゼ、中性脂肪。
こんばんは。

今回は、
「インスリン、インスリン抵抗性。リポタンパクリパーゼ、中性脂肪」
のお話しです。

筋肉細胞や脂肪細胞の毛細血管の壁には、
リポタンパクリパーゼ(LPL)があります。

毛細血管壁のリポタンパクリパーゼ(LPL)が、
血中のキロミクロンやV-LDLの積み荷の中性脂肪を、
脂肪酸とグリセロールに分解して、
筋肉細胞や脂肪細胞に取り込ませてエネルギー源として利用させます。
脂肪細胞では、リポ蛋白リパーゼによって分解されて取り込まれた脂肪酸は、
余剰のものは中性脂肪に再合成して蓄えるのです。
リポ蛋白リパーゼは脂肪細胞内の中性脂肪貯蔵を促進する方向に働きます。

健康でスリムな体型で内臓脂肪も正常範囲の人が、
主食で糖質を摂取して、あと普通におかずで脂質も摂取したと仮定します。

糖質摂取で血糖値が上昇して、
追加分泌インスリンが大量にでます。
脂質摂取でキロミクロン(積み荷は中性脂肪)も出現します。

インスリンは、
A)筋肉中のリポタンパクリパーゼ(LPL)を抑制します。
B)脂肪細胞中の リポタンパクリパーゼ(LPL)を活性化します。


筋肉細胞の毛細血管壁では、
インスリンによりリポタンパクリパーゼ(LPL)が抑制されるので、
血中の脂肪酸・ケトン体をエネルギーとして使えなくなるので、
もっぱらブドウ糖を利用します。
それで血糖値は下がります。

一方、脂肪細胞の毛細血管壁のリポタンパクリパーゼ(LPL)は、
インスリンにより活性化されるので、
血中の中性脂肪を脂肪酸とグリセロールにどんどん分解します。
分解された脂肪酸は脂肪細胞に取り込まれてエネルギー源として利用されますが、
余剰のものは、中性脂肪に再合成して脂肪細胞に蓄えます。

このようにして、食事由来の血液中の中性脂肪は、
徐々に基準値に下がります。

健康でスリムな体型で内臓脂肪も正常範囲の人は、
このように、糖質や脂質を食べても血糖値も正常にコンロトールされますし、
中性脂肪値も空腹時には基準値内に戻ります。


一方、肥満などでインスリン抵抗性がある人が、
主食で糖質を摂取して、あと普通に脂質も摂取したと仮定します。

インスリン抵抗性の本質は、何らかの理由で、
「生理的なインスリン濃度では、本来の作用が発揮できないこと」
とされています。


インスリン本来の作用とは、「筋肉・肝臓・脂肪におけるエネルギーの蓄積」です。

インスリン抵抗性があると、生理的なインスリン濃度では、
脂肪細胞の毛細血管壁のリポタンパクリパーゼ(LPL)が充分に活性化されず、
血中の中性脂肪は分解されにくい状況であり、
脂肪細胞内にそれ以上エネルギー蓄積をできない状態となっています。
それでキロミクロンの積み荷の中性脂肪は減りません。

そして、脂肪細胞が脂肪酸を細胞内に蓄えることができなくなると、
肝臓に過剰に供給されます。
肝臓でもインスリン抵抗性があり、
過剰な遊離脂肪酸は中性脂肪の合成を促進して、
VLDLとして血中に放出されますので食後高中性脂肪血症となります。

肝臓でのVLDL合成は、通常はインスリン濃度が増えれば抑制されますが、
インスリン抵抗性があるため、抑制がきかず合成されるのです。


一方、筋肉細胞にもインスリン抵抗性はあり、
血糖値を取り込みにくくなっていますが、
追加分泌インスリンにより
筋肉の毛細血管壁の中のリポタンパクリパーゼ(LPL)は抑制されます。

糖尿病になっていない段階なら、
筋肉細胞は脂肪酸を取り込めない代わりに、
ブドウ糖を取り込んで血糖値は下がりますが、
中性脂肪は分解されず血中に残ります。


このようにインスリン抵抗性がある人が、
<糖質+脂質>を摂取すれば、
食事由来のキロミクロンと肝臓由来のVLDLの両方で
血中の中性脂肪が高値となります。
この場合、食後高中性脂肪血症は遷延して、
空腹時中性脂肪値も高値となることが多いです。

インスリン抵抗性がある人が、
スーパー糖質制限食を摂取した時は、
追加分泌インスリンは極少量しか出ません。
従いまして、筋肉中のリポタンパクリパーゼは、
食中・食後もよく働いて
キロミクロンの中性脂肪を分解して筋肉細胞に取り込みます。
そして血中の中性脂肪値は減少するわけです。 (^^)


いやはや食後脂質代謝は、なかなか複雑で難しいです。
あるていど自分に理解できたことを説明してみましたが、
まだまだ不十分と思います。(・・?)


江部康二