fc2ブログ
糖尿病は治る?治らない?  
こんばんは。
よくある質問の一つに
「糖尿病は治るのでしょうか?治らないのでしょうか?」というのがあります。
一般には、「一旦糖尿病になったら決して治らない。」というのが定説ですが、
本当のところはどうなのでしょう。
それではまず、どのようにして糖尿病が発症するのかを考えてみます。

日本人の糖尿病発症は、食後高血糖が数年間続いているのを見逃しているうちに、
遂に空腹時血糖値が上昇してきて、健康診断で発見されたというパターンが多いです。
即ち、当初は食後高血糖にならないように、
膵臓のβ細胞がインスリン追加分泌を頑張って沢山出し続けていくのですが、
ある日とうとう疲弊して追いつかなくなってきて、食後高血糖の段階に至ります。

この段階では、インスリン追加分泌の軽度の不足があり、
食後2時間値が140~199mgの境界型レベルになりますが、
まだ基礎分泌は保たれていて早朝空腹時血糖値は、
110mg/dl未満で正常範囲を保つことがほとんどです。
食後高血糖の段階になると、高血糖そのものが膵臓のβ細胞を障害します。
食後高血糖が180mgを超えてくると、
β細胞への直接のダメージでインスリン分泌不足を悪化させ、
また筋肉細胞のインスリン抵抗性も増してきて、糖毒と呼ばれる悪循環を生じます。

食後高血糖が数年間続くと、膵臓はさらに疲弊していき、
インスリン追加分泌の不足に加えて、インスリン基礎分泌不足となり、
とうとう早朝空腹時血糖値が高値となるのです。
空腹時血糖値が126mg/dl以上、
随時血糖値が200mg/dl以上で糖尿病型と診断されます。
糖毒状態が1日の中でも長時間続くようになれば、
急速に糖尿病が悪化していきます。

糖尿病は、インスリン分泌不足とインスリン抵抗性が合わさって発症しますが、
日本人は、インスリン分泌不足が主で、欧米人は、インスリン抵抗性が主とされています。
インスリン分泌不足とインスリン抵抗性を合わせて、インスリン作用不足と言います。

インスリン分泌不足が主の場合、糖尿病と診断された時点で
インスリンを作っている膵臓のランゲルハンス島のβ細胞の2~3割が壊れていて、
2~3割が疲弊していて、健常なのは、残りの半分くらい
と考えられます。
一般に、糖尿病が治らないと言われるのは、
「インスリン分泌不足が主の糖尿病」であり、
既に壊れてしまったβ細胞は、元に戻らないと言う意味です。

しかし、糖質制限食を実践して、膵臓が充分休養できれば、
疲弊していたβ細胞が、正常に回復することが期待できます。
実際、入院時の空腹時血糖値が200mg/dl近かった方が、
糖質制限食実践数日で、110mgを切ってくることもあります。
この場合、β細胞数の一定の不足はあるけれども、
<残っているβ細胞の作用 + スーパー糖質制限食実践>により
血糖コントロールが正常レベルを保てているということになります。
例えば、糖尿人・江部康二がそのパターンです。

食後高血糖の期間・年数が長いほど、
β細胞がダメージを受けている割合が徐々に増えていき、
ダメージが大きい細胞は、回復しにくくなっていくということになります。


次に「インスリン抵抗性が主の糖尿病」を考えてみます。
この場合、インスリン分泌能力は、まだ比較的保たれていることが多いのです。
日本人でもこのタイプが少し増えてきています。
例えば、肥満や脂肪肝がありインスリン抵抗性が高まれば、
インスリンは分泌されていても、糖尿病を発症することがあります。
このとき何らかの方法で肥満や脂肪肝が改善すればインスリン抵抗性も減少します。
そうすると、適量のインスリンで、
筋肉細胞や脂肪細胞内にブドウ糖を取り込むことが可能となり、
インスリン分泌不足はないので血糖値は正常化し、
糖尿病が治ったような状態になります。
治るという言い方に語弊があるなら、
インスリン作用不足が改善し健常のパターンに戻るということです。

実際、そういう患者さんを数名以上経験しました。
例えば、初診時、
空腹時血糖値218mg/dl、HbA1c11.7%、163cm、72kgだった人が、
内服薬なしでスーパー糖質制限食を1年間続けて、60kgと肥満が解消し、
HbA1cは5%前後で維持できていました。
そうすると、糖質を普通に摂取しても、
食後2時間血糖値は140mg/dl未満となりました。
勿論空腹時血糖値も正常範囲内です。
血液検査のデータでは、診断基準上は正常人としかいいようがありませんので、
糖尿病のレッテルも消えました。ヾ(゜▽゜)
この患者さんが糖尿病専門医を受診して、いろいろ血液検査をされたとしても
「糖尿病ではありません。診断基準からみて正常です。」
という診断となるでしょう。

一方、江部康二の場合は、2002年、52歳の時に糖尿病を発症しました。身長167cm、体重57kgを、2024年現在まで、22年間維持していますが、
「インスリン分泌不足が主でインスリン抵抗性が従の糖尿病」です。
スーパー 糖質制限食を続けているかぎりは正常人ですが、糖質を一人前摂取すれば残念ながら食後時間血糖値は軽く200mg/dlを超えて、
立派な糖尿人です。
β細胞が既に2~3割壊れていて、決して治らないパターンです。(×_×)


結論です。
「インスリン分泌不足が主の糖尿病は、決して治らない。」
「インスリン抵抗性が主の糖尿病なら、抵抗性が改善すれば、
糖代謝が正常人のパターンに戻る人も時にいる。」
ということですね。


江部康二
糖尿病・糖尿病予備軍の診断などについて
【24/02/26 やまね
カナダでa1c 6.5が出て糖尿病診断されました
江部先生
初めまして。一年半前から家族の転勤でカナダに在住です。
食生活の変化と、冬の天候が厳しく運動不足のせいか、
カナダに来て4ヶ月頃の2022年12月に受けた血液検査でa1c が6.2、
空腹時血糖値が6.1と出て、突然糖尿病予備軍になりました。

カロリー制限をした食事制限などをしましたが、効果が上がらず、
ネットで調べて、
江部先生の、内臓脂肪がストンと落ちる食事術、をKindleで購入し、
1ヶ月実行したところ、昨年10月にはa1cが5.9、空腹時血糖値が5.4となり、
ホッとしました。

油断して2024年のお正月にかけてチョコレートクロワッサンやメープルシロップクッキーなどを食べていたら、
今月2月の血液検査でa1c6.5、が出ました。
空腹時血糖値は前回と同じく5.4でした。専門医に診てもらうと、
最近は糖尿病の診断基準が変化しているので、これだけでは糖尿病とは診断出来ないし、
一度糖質制限をして成果が出たのだから、
もう一度それで結果が出るか試してみたらどうか、と言われました。
その後ファミリードクターの診察で、a1c6.5は糖尿病ですとあっさり診断され、驚愕しました。

2人の見解が違うことや、カナダでは医療へのアクセスがとても悪いこともあり、
近々日本に行って病院で診てもらう予定です。
今回の血液検査が出てから、江部先生の本を読みなおし、
スーパー糖質制限を実行して、ひと月で体重は身長159センチ62キロから、57キロに落ちました。
それ以降はまだ血液検査は受けていません。52歳、女性です。

日本に行ったら、病院でカナダでの事情を話し、
空腹時血糖値とa1cの再検査をお願いし、スーパー糖質制限食の結果を出し、
無事糖尿病ではまだないです、という診断を得たいと考えています。

今後一生スーパー糖質制限食で過ごして行く覚悟は出来ましたし、
糖質さえ制限していれば結構好きに食べられるので思ったより辛くないです。
弱虫かも知れませんが、もし今糖尿病と診断されたら、
とてもショックなので他の種類の血糖値検査など深掘りはしないで、
検査は空腹時血糖値とa1cの再検査のみお願いしようと考えていますが、
この考えは間違っているでしょうか。

カナダのファミリードクターの診断に従って行くと、
どんどん糖尿病として投薬などの治療が始まりそうな勢いでとても不安です。
アドバイスをいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。】


こんにちは。
カナダ在住のやまねさんから
糖尿病の診断などについて、コメント・質問を頂きました。


【カナダに来て4ヶ月頃の2022年12月に受けた血液検査でa1c が6.2、
空腹時血糖値が6.1と出て、突然糖尿病予備軍になりました。】


HbA1cの正常範囲は、
糖尿病治療ガイドライン(日本糖尿病学会)で4.6〜6.2%です。
HbA1cが6.2%なら、ギリギリ正常値内です。

空腹時血糖値は
<mmol/L×18=mg/dl> なので、
6.1 mmol/L × 18 =  109.8mg/dl

109mg/dl以下が正常、
110~125mg/dlは境界型、
126mg/dl以上は糖尿病型、

となります。
やまねさんの空腹時血糖値109.8mg/dlは、境界型です。


【内臓脂肪がストンと落ちる食事術、をKindleで購入し、
1ヶ月実行したところ、昨年10月にはa1cが5.9、空腹時血糖値が5.4となり、
ホッとしました。】

HbA1c:5.9%、空腹時血糖値:97.2mg/dl
と正常値です。
糖質制限食を上手に実践されていると思います。


【油断して2024年のお正月にかけて
チョコレートクロワッサンやメープルシロップクッキーなどを食べていたら、
今月2月の血液検査でa1c6.5、が出ました。】


2024年2月、HbA1c:6.5%
この数値は、仰る通り、油断ですね。


【今回の血液検査が出てから、江部先生の本を読みなおし、
スーパー糖質制限を実行して、
ひと月で体重は身長159センチ62キロから、57キロに落ちました。
それ以降はまだ血液検査は受けていません。52歳、女性です。】


159センチ62キロ(BMI:24.5)から、57キロ(BMI:22.5)
肥満ギリギリセーフから、ほどよい体重となりました。
「糖質制限食」は、言いかえれば、「脂質・蛋白質無制限食」なので
動物性蛋白質や動物性脂質もしっかり摂取して筋力維持を目指しましょう。
厚生労働省のいう「推定エネルギー必要量」が目安です。


【日本に行ったら、病院でカナダでの事情を話し、
空腹時血糖値とa1cの再検査をお願いし、スーパー糖質制限食の結果を出し、
無事糖尿病ではまだないです、という診断を得たいと考えています。

今後一生スーパー糖質制限食で過ごして行く覚悟は出来ましたし、
糖質さえ制限していれば結構好きに食べられるので思ったより辛くないです。
弱虫かも知れませんが、もし今糖尿病と診断されたら、
とてもショックなので他の種類の血糖値検査など深掘りはしないで、
検査は空腹時血糖値とa1cの再検査のみお願いしようと考えていますが、
この考えは間違っているでしょうか。】


折角、採血するのですから、
一般的な肝機能、腎機能、膵機能、コレステロール値、貧血の有無などを調べましょう。
血清インスリン値、
最も詳しい腎機能検査である血清シスタチンC、
左心不全の検査、NTProBNP、
甲状腺検査(TSH、FT4、FT4)、
なども調べましょう。
スーパー糖質制限食を1ヶ月以上実践中なので
HbA1cと空腹時血糖値は正常値でしょう。
今後も、スーパー糖質制限食を継続していけば
将来糖尿病になることはありません。

また、スーパー糖質制限食なら、
AGEsの蓄積も最小限ですみ、
<糖化→老化><糖化→慢性炎症>が最小限ですむので
生活習慣病の予防にもなります。
美味しく楽しく末長く糖質制限食を継続されて、健康長寿を目指しましょう。

以下の本ブログ記事もご参照頂ければ幸いです。

糖質制限食とAGEs
2016年11月07日 (月)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-91.html



江部康二

グルセルナ(R)-REX、プルモケア®-EXは糖質制限経腸栄養製品です。
こんにちは。
西村典彦さんから、
経管栄養で、糖質制限食OKのものについて、コメント・質問を頂きました。

<アボット社、グルセルナ(R)-REX>
<アボット社、プルモケア®-EX>

があります。


アボット、グルセルナ(R)-REX
100mlあたり
熱量    100kcal
たんぱく質 4.2g
脂質    5.6g
糖質    8.8g
食物繊維  0.9g
食塩相当量 0.25g
フラクトオリゴ糖 0.8g
カルニチン 8mg
イノシトール 85mg


アボット、プルモケア®-EX
1缶250ml中、375kcalで
糖質:28.4%
脂質:54.8%
たんぱく質:16.8%

です。

以前からあるプルモケア®-EXは
グルセルナ(R)-REX(糖質33%)より、さらに糖質が少ないく、28.4%です。


プレスリリースに、
『糖質制限経腸栄養食品』と記載してあり、嬉しい限りです。

アボット社さん、こうなったら、もうひと頑張りで
総摂取カロリーの内、糖質が12%くらいの「スーパー糖質制限食」対応の
製品も発売して欲しいですね。


江部康二


☆☆☆
以下、アボット社のプレスリリースから一部抜粋です。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000002119.html


アボット、改良された糖質制限経腸栄養製品、グルセルナ®-REXを発売。
アボット ジャパン株式会社 2017年6月13日 11時00分

2017年6月13日 ― 4人に1人以上が65歳以上の高齢者となった日本において、
高齢者が健康であり続けるためには、十分な栄養を摂取することが重要ですが、
中には、糖質制限を必要とされる方もいます。
この度、アボットでは糖質を制限した栄養管理をサポートし、
医療従事者に栄養管理の選択肢となる、
経腸栄養製品のグルセルナ®-REXを発売しました。


人口の高齢化に伴い、さまざまな理由で咀嚼・嚥下が難しくなったり、
栄養素を効率的に吸収できなくなる等、
栄養計画を再評価する必要がある方は今後も増加すると予想されます。
例えば食物繊維やオリゴ糖は、生活習慣病の予防や排便習慣等に重要とされていますが、日本人の食事摂取基準2015年版では、生活習慣病、排便習慣等に対して理想的とされる食物繊維摂取量(24g/日)に対して、国民健康・栄養調査による食物繊維摂取量は13.7g/日(中央値、18歳以上)と、理想的な摂取量をはるかに下回っています。

グルセルナ®-REXは、従来のグルセルナ®-EX同様に糖質を制限した三大栄養バランスをそのまま踏襲しているだけでなく、不足しがちな食物繊維やオリゴ糖の摂取を助ける、以下の独自の組み合わせである、REXカーボシステムを新たに採用しました。

▶ フラクトオリゴ糖:多くの食品(玉ネギ、小麦、バナナなど)に含まれるオリゴ糖
▶ イソマルツロース:スクロースに転移酵素を作用させた二糖類のひとつ
▶ 難消化性デキストリン:トウモロコシでんぷん由来の水溶性食物繊維
▶ 燕麦繊維:オートミールの原料である燕麦由来の不溶性食物繊維
▶ グリセリン:食品甘味料として広く用いられている糖アルコールの一種

REXカーボシステムは、日本人に不足しがちな食物繊維やオリゴ糖の効率よい摂取を可能にすると同時に、流動性を改善することで滴下停滞が解消し、より確実で信頼性の高い栄養管理に寄与します。また、
医療・介護現場で用いられる多くの液状栄養食品の糖質比率が50%を超えているところ、グルセルナ®-REXは33%であり、糖質を制限した栄養管理に貢献します。

今回、容器を缶からアルミパウチ、RTHバッグに変更することで、医療現場で広く採用されている紙容器のように開封時にハサミを必要とせず、また缶のように廃棄の手間もかからなくなりました。RTHバッグではコンテナ等に移し替える必要がなく、直接栄養セットに接続できるため、細菌汚染リスクを減らすことにもつながり、医療従事者の手間を大きく低減するだけでなく、リスク管理を徹底することが可能になります。また、医療機関で採用されている多くの液状栄養食品の賞味期限が6カ月であるのに対し、グルセルナ-REXの賞味期限は製造後9カ月であり、医療機関にとって効率的な在庫管理が可能となります。

一般社団法人日本臨床栄養実践協会 理事長の足立香代子先生は、「栄養食品は人々が健康を回復する際、非常に重要な役割を果たします。グルセルナ®-REXは、糖質を制限したい患者さんに適した栄養食品です。今回、より進化した栄養組成となることや、パッケージが改良されることで、医療従事者の手間を大幅に低減でき、さらに充実した栄養管理が実現すると確信しています」と述べています。

「グルセルナ®-REX」は現在、主に医療機関・介護施設等でご利用いただけます。

 江部康二とライブ、バンド、ターニング・ポイント。アンチェインド・メロディー。
ユーチューブでは以下の楽曲もご視聴頂ければ嬉しいです。

いちご白書をもう一度(バンバン)
https://www.youtube.com/watch?v=Lot0HeIv-jw

My Girl(テンプテーションズ)
https://www.youtube.com/watch?v=PTlGV3wGwnA

Please Come Home For Christmas(ボンジョビ)
https://www.youtube.com/watch?v=Wa4-aHZ62lQ

http://koujiebe.blog95.fc2.com/
Take It Easy (イーグルス)



こんばんは。
現在は、知る人ぞ知るといった状況ですが、私は、コロナ前は、バンドとライブ活動を長年やってきました。
まずは、以下のYouTubeをご視聴頂ければ幸いです。
https://www.youtube.com/watch?v=4bIWnkhJhwc
Unchained Melody (Cover) Voc. 江部康二


京都のとあるライブハウスでの2013年頃の映像です。
私が歌っている「アンチェインドメロディー」は
1965年6月にライチャス・ブラザーズが録音したバージョンです。
1990年の映画『ゴースト/ニューヨークの幻』の主題歌に採用され、
全英シングルチャートで1位となりました。
ウィキペディアによれば、2012年12月28日に
BBC Fourが放送した『ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド』 (The Richest Songs in the World) で、
音楽著作権で史上最も稼いだ曲の第5位に選出されたそうです。


ターニング・ポイント(TURNING POINT)1987年結成、
当初年1回のライブ活動、
1992年から年3回のライブ活動。
1994年11月からマンスリー第三金曜ライブを開始。

第三金曜ライブは、2014年12月が最後で20周年で、いったん終了しました。
理由は、ライブハウス(憧夢)が閉店してしまったからです。
まあ20年よく続いたと思いますので、一区切りでした。

そこからは、年二回、春と秋に
京都のライブハウス「モダンタイムス」や「アメリカングラフィティー」で貸し切りのライブパーティーを開催してきました。
¥4500-で、2ドリンクつきで、バイキング形式の食べ放題ですから、お得感が満載です。

「下手な歌がなければもっとお得だけど・・・」。という影の声も聞こえてきそうですが、大丈夫です。
わたし、そこそこ歌はそこそこ上手なのです。 (^^)
まあ、好みはあると思いますが、聞いて頂ければわかると思います。

年二回のライブパーティーも、新型コロナ感染症の影響で、2020年からは開催できていません。
2019年秋までは、年2回の貸し切りライブパーティーは続いていたので、なかなかに息の長いバンドであったといえます。

レパートリーは、ビートルズ、ジョン・レノン、オールディーズ、レイ・チャールズ、エリック・クラプトン、
サイモンとガーファンクル、カーペンターズ、キャロル・キング、CCR、テンプテーションズ、ベン・E・キング、
ローリング・ストーンズ、ベット・ミドラー、ママス&パパス、ルイ・アームストロング、
日本のフォークソング、サザンオースターズ、尾崎豊、バンバン、井上陽水、
ワイルド・ワンズ、安全地帯、ユーミン、中島みゆき、モップス、いるか、坂本九、Jウォーク、ズー・ニー・ブー、と、
要するに何でもありのバンドです。

まあだからこそ煮詰まることなく長く続いたのかなと思います。
プレスリーバンドとか、特化すると、レパートリーが限られるので年二回とかのライブでも曲目がかぶってしまい、
お客さんもあきるので、なかなか長続きしないようです。

そろそろ、なんとか再開したい想いは強いのですが、
ボーカル3名・ギター1名・ドラムス1名・キーボード1名・ベース1名と大所帯であり、
練習も大変で、一部高齢化もあり、なかなか踏み切れないのです。

現在まだまだ思案中なのですが、ライブ活動再開の際は、
ブログ読者の皆さん、是非、応援よろしくお願い申し上げます。  m(_ _)m      

江部康二
病院食で血糖値が上がるのが心配。
【24/02/22 菊丸
病院食で血糖値が上がるので心配
お世話になります。
男 68歳

3月に入院することになり病院食で心配しています。
病院食は糖質制限しているからと希望が通るとも思えません。
糖尿病食になると考えています。

一時的には上がるかもしれませんが、
その後退院して自宅では従来通りに糖質制限した食事になれば、
時間はかかるけど元に戻るでしょうか。】



こんばんは。
菊丸さんから、
「病院食で血糖値が上がるのが心配」
というコメント・質問を頂きました。

【3月に入院することになり病院食で心配しています。
病院食は糖質制限しているからと希望が通るとも思えません。
糖尿病食になると考えています。】


そうですね。
私も、以前、声帯ポリープの手術で入院したことがあります。
お酒を飲んで、歌いすぎて、声帯ポリープができてしまったのです。
外来で、簡単に切除することもできたのですが、入院して
全身麻酔下で「プロボーカリスト」対応の手術をお願いしました。
当然、入院中は、丼飯や、食パンありの「糖尿病食」 でした。

結局、看護師さんに怪しまれながらも、(こっそり)、ゴミ箱に、
ご飯やパンを捨てて、おかずだけを食べるようにしました。
足らない分は、家から持ち込んだ糖質制限OK食品で補いました。
また、病院内のコンビニで、「豚しゃぶサラダ」「蒸し鶏サラダ」
おでんの「ダイコン」「ガンモドキ」「スジ肉」「豆腐」などを購入
して
しのぎました。


【一時的には上がるかもしれませんが、
その後退院して自宅では従来通りに糖質制限した食事になれば、
時間はかかるけど元に戻るでしょうか。】


上述の、持ち込みや、コンビ二の糖質制限OK食品で対処できないときは、
糖質を摂取するのもやむを得ないと思います。
でも退院して、糖質制限食に戻れば、すぐに元に戻ると思います。
可能なら、現在通院中の主治医に相談して、

「①αGI薬」「②グリニド系薬」を処方して貰って、準備しましょう。

「①αGI薬」
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI:アルファー・ジーアイ)
アカルボース(グルコバイ)、ボグリボース(ベイスン)、ミグリトール(セイブル)など

デンプンのような多糖類は、α-アミラーゼという消化酵素の作用を得て、
二糖類(麦芽糖や蔗糖)やオリゴ糖に分解されます。

つまり、α-アミラーゼは、
穀物や芋のデンプンと呼ばれる多くの糖の集合体を
まず第一段階で分解して少し大きさを小さくしています。

その後、この二糖類やオリゴ糖は、
マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素により、
単糖(ブドウ糖、果糖、ガラクトース等)に分解されて小腸から体内に吸収されます。

マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素を総称して、
α-グルコシダーゼと呼びます。

この、α-グルコシダーゼの働きを阻害することにより、
腸管からの糖質の分解・吸収を遅延させて、
食後高血糖を抑制するお薬が、
『α-グルコシダーゼ阻害薬』(アカルボース、ベイスン、セイブル)です。

それぞれ常用量で下記程度に血糖値を下げるとされています。

アカルボース: 1時間値50mg、 2時間値40mg
ベイスン:  1時間値40mg、 2時間値30mg
セイブル:  1時間値60mg、 2時間値20mg


より詳しくは、以下の本ブログ記事をご参照頂ければ幸いです。
『α-GI薬』(グルコバイ、ベイスン、セイブル)の役割と糖質制限食。
2023年05月02日 (火)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-6267.html


「②グリニド系薬」

グルファスト、スターシスなどの「グリニド系薬(即効性インスリン分泌促進薬)」
を、糖質摂取直前30秒に内服して、対応しましょう。

グリニド系薬剤に関しては、
冠婚葬祭や旅行など、やむを得ず糖質を摂取せざるをえないようなとき
食直前30秒に内服しますが、このていどなら、
膵臓のβ細胞への負担は全く問題ありません。

私も、糖尿病患者さんに、
旅行中とか外食でやむを得ないときなどのために、
αGI薬やグリニド系薬剤を処方しています。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿人の血糖値を、約3mg血糖値を上昇させます。

グリニド系薬剤の効果には個人差があり、
1錠で20~60mgくらい血糖値を下げる
とされています。


江部康二