1型糖尿病と最新の臨床試験。「糖質制限食+IPD内服」で1型治療。
【17/08/11 柴犬
発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法について
はじめまして。いつも興味深く読ませてもらっています。

2ヵ月ほど前に1型糖尿病と診断を受け、
今は糖質制限と月1回の通院を続けています。

・発覚時
血糖値 203 mg/dl
HbA1c 11.5 %
抗GAD抗体 2000以上
Cペプチド 1.06 ng/ml

・現在
血糖値 96 mg/dl
HbA1c 7.4 %


さて、先生に質問なのですが、
最近、<免疫修飾療法>というものを知りました。
(通院している病院とは別の病院でおこなっているものです)
この療法を受診するべきか迷っております。

・発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法
http://www.hosp.ncgm.go.jp/s007/140/index.html

なぜなら
検索をかけてもあまりにも情報が少なく
詳しい内容も分からず、
また、何か副作用があるのではないかとも思うからです。

これは予想でしかありませんが、
もしかしたら下記のBCGワクチンのことなんでしょうか?
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/023602.php
また、下記のアレルギー薬IPD?と関係あるのでしょうか。
http://xn--oqqx32i2ck.com/review/cat29/1spiddmipd.html

もちろん
自身の内因性インスリンは保持していきたいと思っています。

もしよかったら、
この<免疫修飾療法>について、
どういった内容が予想されるか、
また、受診したほうがよいのかなど、

先生の考えをお聞かせいただければ嬉しいです。

それでは、失礼いたします。】



こんばんは。
柴犬 さんから、
大変興味深い情報とコメントを頂きました。
ありがとうございます。

とても良く勉強しておられますね。
恥ずかしながら、私は、3つとも知りませんでした。
勉強になります。


1)発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法
http://www.hosp.ncgm.go.jp/s007/140/index.html
国立国際医療研究センター病院では、
「発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法」の臨床試験を実施することになりました。


これは、まだ市販されてない新しい注射薬剤を、人で効果を確かめるための臨床試験です。
臨床試験で有効であると確かめられたら、将来健康保険内で処方される可能性があります。
つまり、テスト段階ということです。
国立国際医療研究センター病院という国立医療機関での
臨床試験(治験)ですので、あるていど期待できると思います。

2)
下記のBCGワクチンのことなんでしょうか?
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/023602.php


これは、米国で1型糖尿病に対して、
BCGワクチンが有効か否かを確かめるための臨床試験です。
小規模なヒト臨床試験では、
1型糖尿病に対するBCGワクチンの有効性は
かなりのものであることが示唆されているとのことなので、
かなり期待できそうで、楽しみです。

3)
下記のアレルギー薬IPD?と関係あるのでしょうか。
http://xn--oqqx32i2ck.com/review/cat29/1spiddmipd.html


こちらはカルピンチョ先生のブログ記事ですね。
カルピンチョ先生が、水野雅登先生のFacebook から引用しておられます。

水野雅登先生によれば、
インスリンがまだ出せる状態で
GAD抗体を消せれば
SPIDDM(緩徐進行の1型糖尿病)の場合は、
進行を止められる可能性があり、
実際、複数例で、成功したとのことです。
これは、すごいことですね。

<糖質オフ+IPDの内服>が、肝要だそうです。

IPDは「アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息」などに
日常的に処方することがある、抗アレルギー剤で、保険適用があります。

これなら、手軽に臨床応用できるので、
私もSPIDDM(緩徐進行の1型糖尿病)の人に
<糖質オフ+IPDの内服>を早速、試してみようと思います。
早速、水野雅登先生にメールして、勉強させて頂きます。


江部康二
コメント
重症低血糖
重症低血糖で搬送、年2万件…薬の誤使用原因か

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00050010-yomidr-sctch

江部先生、こんばんわ。
具体的な件数が公表されたのは、
初めてですか?
2万件てかなり多い気がします。
糖質制限で予防出来るのに、残念ですね。
2017/08/12(Sat) 21:13 | URL | 久掘 | 【編集
Re:発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法について
江部先生、さっそくのご回答ありがとうございました。
私も3種の治療法の意見を聞くことができてよかったです。

<免疫修飾療法>ある程度期待できるとのこと、
新薬ということなど少しハードルは高そうですが
検討したいと思います。

また、<糖質オフ+IPDの内服>も
日常的に処方する、保険適用もあるとの事で、
気を楽に受けられそうで、
こちらも検討したいと思います。

ちなみに、複数の治療方法を同時にとなると、
治療(または臨床試験など)に支障があったりするのでしょうか。

上記の治療を行っている病院にも問い合わせてみようと思います。

それでは、失礼いたします。
2017/08/12(Sat) 23:32 | URL | 柴犬 | 【編集
返信致しました!
メール、ありがとうございます。大変、光栄です。

全力を持ちまして、早速返信致しました!
(その分、色々入れ込みすぎて、大変長文となってしまいました (^^;;) )
2017/08/13(Sun) 00:25 | URL | 水野雅登 | 【編集
Re: Re:発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法について
柴犬 さん

臨床試験に参加するときは、他の治療法はなしが条件です。
2017/08/13(Sun) 10:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 返信致しました!
水野雅登 先生

早速の詳細なご回答、ありがとうございます。  m(_ _)m
しっかり勉強させて貰います。
2017/08/13(Sun) 10:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法について
>臨床試験に参加するときは、他の治療法はなし
そうなんですね、了解しました。

ありがとうございます。
2017/08/13(Sun) 21:09 | URL | 柴犬 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可