ドクター江部の糖尿病徒然日記 


記事の内容

前へ | 次へ

エリスリトール、糖アルコールの安全性
2011/09/14 08:16

おはようございます。

糖類の分子に水素を添加することにより、アルコール基(-OH)をもつ糖質が得られますが、これらを「糖アルコール」と言います。

虫歯菌に利用されないことと、消化管で吸収されにくいので低カロリー甘味料としてよく使用されています。

代表的なものに、ソルビトール 、マルチトール 、エリスリトール 、ラクチトール 、キシリトール などがあります。

これらの糖アルコールは、天然素材を原料としており、分類としては合成甘味料には属しません。

国連の食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)は、JECFA(Joint Expert Committee on Food Additives)を設けて、甘味料など添加物のの安全性評価を公表していますが、これらの糖アルコールは、極めて安全性が高いとされています。妊婦にも大丈夫です。

糖アルコールの中で血糖値を全く上昇させないのは、唯一エリスリトールだけです。

他の糖アルコールは、砂糖の半分くらい血糖値を上昇させますが、上昇幅には個人差があります。

エリスリトールは、糖アルコールの中で例外的に体内に9割以上吸収されますが、全く代謝されずにそのまま尿中に排泄されます。

ですから厚生労働省お墨付きのゼロカロリーで、かつ全く血糖値を上昇させません。

ほとんどが体内に吸収されるので、糖アルコールの中で最も下痢を起こしにくいです。

エリスリトール以外の糖アルコールは、難消化性で吸収されにくいのが特徴です。

吸収されにくい分腸内に残っているので、大量に摂取すれば下痢を起こしやすいです。

ただ、吸収されにくいといっても、全くゼロではありません。

吸収率には個人差もあるし、同時に食べている食物との組み合わせなどにもより差も生じると思いますが、
いずれにせよある程度吸収されるので、血糖値がある程度上昇します。


例えば、厚生労働省特別用途食品に指定されている、マービーという甘味料がありますが、デンプンから作られる還元麦芽糖を100%使用しています。

つまりマービーは「還元麦芽糖=マルチトール」そのものですので、ベリーチョコレートと同じ甘味料です。

当然、血糖値を砂糖の1/2〜1/3程度上昇させます。


繰り返しになりますが、結局、糖アルコールのなかで血糖値を全く上昇させないのは、エリスリトールだけです。

糖質だけが血糖値を上昇させ、タンパク質・脂質は上昇させません。

糖質に分類されるなかでは、例外的にエリスリトールと合成甘味料などは血糖値を上昇させません。

甘味料で、サラヤの「ラカントS」と味の素の「パルスイートカロリーゼロ」は、主成分はエリスリトールで糖質制限食OK食品です。

「ラカントS」は、99%がエリスリトールで、1%が羅漢果高純度エキスで、ゼロカロリーです。

「パルスイートカロリーゼロ」は、

成分が

【エリスリトール、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、香料】

となっており、カロリーゼロで、血糖値上昇もゼロです。

単なる「パルスイート」は、小さじ1杯弱(2.0g)で2.8kcal。1gで1.4キロカロリーです。

原材料は、

【粉末還元麦芽糖水飴、エリスリトール、食物繊維(還元難消化性デキストリン)、アラニン、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、香料、ポリグルタミン酸】

「パルスイート」の少量のカロリーは、還元麦芽糖水飴分でしょう。

こうみると、「パルスイートカロリーゼロ」は糖質制限食OK食品ですが、単なる「パルスイート」は△〜×食品ですね。

エリスリトールとパルスイートの安全性ですが、味の素のホームページで、パルスイートは妊娠中も安心して使用できるとの記載があります。

http://okyakusama.ajinomoto.co.jp/qa/palzero/14.html

以下は、味の素ホームページの記載です。

【「パルスイート®」カロリーゼロの甘さのもとは、でんぷんからできた糖アルコールのエリスリトールです。体内に入ると大部分が小腸で吸収され、代謝されずに尿として排泄され、体内ではエネルギーとしてほとんど利用されない特長をもっています。厚生労働省により、糖質では唯一「カロリーゼロ」であると認められています。エリスリトールは、発酵食品や果実中にも多く含まれ、長く食品として摂取してきたものであり、安全性に問題はありません。

アセスルファムKは、体内で代謝されずそのまま体外に排泄されます。

したがって、妊娠中の女性でもお子さんでもどなたでも安心してご使用いただけます。】

http://okyakusama.ajinomoto.co.jp/qa/palzero/15.html

【「パルスイート®」カロリーゼロの原材料に含まれるアスパルテームの安全性は確認されていますか?

確認されています。広範で詳細な安全性試験の結果を評価し、1980年JECFA※で安全性を確認、翌年米国FDA(食品医薬品局)が認可しました。日本では1983年、食品衛生調査会の審査を経て、厚生労働省より食品添加物として指定されました。現在では欧米を始め、世界120ヵ国以上で使用され、さらにその数は拡大しています。
※国連のFAO/WHOの合同食品添加物専門家委員会】


結論です。

「ラカントS」と「パルスイートカロリーゼロ」の主成分はエリスリトールです。

エリスリトールの安全性は確立されています。



江部康二

カテゴリ:甘味料

前へ | 次へ

コメントを見る(26)
コメントを書く
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ