HbA1cと空腹時血糖値による評価では食後高血糖を見逃す。GAは?
こんばんは。

日本糖尿病学会は血糖コントロールの指標としてHbA1cを選択しています。

2013年の熊本宣言後血糖コントロール目標として
合併症予防のために、血糖管理目標値をHbA1c7%未満とし、
対応する血糖値としては、空腹時血糖値130mg/dl未満食後2時間血糖値180mg/dl未満をおおよその目安としました。

現在、ほとんどの病院で血糖コントロールの評価に用いられているのは、「HbA1c」と「早朝空腹時血糖値」の2つです。

しかし、「HbA1c」と「早朝空腹時血糖値」の2つを検査しても、
食後高血糖があるかどうかは、全くわかりません。


例えば、HbA1cが6.8~6.9%であれば、7.0%未満で一応目標達成です。

しかし、従来の糖尿病食(高糖質食)を摂取しながら、
SU剤(アマリールなど)やインスリン注射で、HbA1c6.8~6.9%を達成していても、
食後高血糖と空腹時低血糖を日常的に生じている可能性が極めて高いのです。

食後血糖値が250mg/dl前後あり、
一方で夜間空腹時血糖値が薬物のせいで50mg/dl前後とかになっていると、
平均血糖値を反映するHbA1cは6.8~6.9%くらいになり、
糖尿病学会の目標では、見かけ上はコントロール良好となります。
例えば、HbA1c6.8%なら、平均血糖値は148mg/dlです。
HbA1c6.9%なら、平均血糖値は151.3mg/dlです。
あくまでもHbA1cは平均血糖値の指標ですから
その実態は
「250mg+50mg」÷2=150mg/dl
である可能性があるのです。

そもそも
HbA1cは短時間の食後高血糖は、反映しないのです。

この場合、HbA1c6.8~6.9%といっても、食後高血糖と平均血糖変動幅増大のある酸化ストレスリスクの高い、
極めて質の悪いHbA1c
であり、合併症の予防は困難です。

現実に、人工透析16000人/年、失明3000人/年、足切断3000人/年と、
HbA1cがコントロール良好にも関わらず、合併症を起こす糖尿人が後を絶たないのは、
従来の糖尿病食(高糖質食)と薬物療法のコンビによる「質の悪いHbA1c」であるからに他なりません。

CGM(Continuous Glucose Monitoring:持続ブドウ糖測定)システムで、24時間ブドウ糖を測定すれば、
質の悪いHbA1cのもとである「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」の存在は一目瞭然です。

しかし、CGMはインスリンポンプを実施している病院でないと
健康保険では検査できないのです。
高雄病院でもやっと去年から、CGMが保険で検査可能となりました。

簡便にチェックするなら、グリコアルブミン(GA)が便利です。

GAは食後高血糖があると短時間でもそれを反映する優れた指標なのです。

グリコアルブミンの基準値は、11.8~16.0%で、コントロール良好は、20.0%未満です。

私は最近の採血で

HbA1c(NGSP):5.8%(基準値4.6~6.2%)
グリコアルブミン(GA):13.4%(基準値11.8~16.0%)

というデータでした。

GAは基準値内の低めですので食後高血糖がほとんどないことを示しています。

従ってHbA1cも極めて質のいいHbA1cです。

ある50代男性糖尿人Aさんの検査では
HbA1c:5.8% 
グリコアルブミン:18.0%
でした。

江部康二とAさんと、HbA1cは全く同じです。

一方AさんのGAもコントロール良好ではあるのですが、私のデータと比べるとかなり高値です。

つまりAさんは、私に比べると食後高血糖が一定あることとなります。

よくよくAさんに聞いてみると

「麺類が好きで時々食べていました」

ということでした。

麺類を止めて貰ったら、GAも16.0%をきるようになりました。

このように考えて見ると本当は、月1回の健康保険の検査は、HbA1cよりもグリコアルブミン(GA)のほうが好ましいと言えます。

GAと空腹時血糖値あるいは随時血糖値の検査をしておけば、短時間の食後高血糖も見落とすことがなくなり、
一日を通して、HbA1cより正確な血糖値の変化を反映していることとなります。

しかし日本も世界もHbA1c一辺倒なので、他の病院や今までの検査との比較という意味では、
HbA1cを検査せざるを得ないのが現状です。

HbA1cとGAに関して、糖尿病専門医の先生方、そして日本糖尿病学会の見解を聞きたいところですね。

現在、日本の病院のほとんどがHbA1c単独です。
1型糖尿病の人は、HbA1cとGAを健康保険で同時に検査できます。
しかし2型糖尿人の場合は、HbA1cとGAとどちらか一つしか、
健康保険で検査できません。

高雄病院では、HbA1cとGAの意義をよく説明して、片方は保険外で同一月に測定とか、いろいろ工夫しています。


江部康二
栃木県野木町、糖質制限食ダブルヘッダー講演のご報告。
こんばんは。
先ほど、栃木県野木町から京都に帰ってきました。

野木町観光名所の旧下野煉化製造会社煉瓦窯(通称、野木町煉瓦窯)は
ホフマン式の煉瓦窯で、
明治23年(1890)から昭和46年(1971)までの間に多くの赤煉瓦を生産し、
日本の近代化に貢献したそうです。
http://www.town.nogi.lg.jp/page/page000843.html
昭和54年(1979)に国の重要文化財に指定されたそうです。
とても大きくて立派な煉瓦窯でしたよ。(^^)

2017/5/28(日)は、久しぶりのダブルヘッダー講演でした。

A)
午前中は、
健康タウンのぎ講演:一般向け
「糖尿病・メタボを予防する食事法」 
日時:5月28日(日)10時~12時
場所:野木町役場 新館2階 大会議室
後援:一般社団法人 小山地区医師会

菊池クリニック院長、菊池宏典先生が、
約20分間のご講演をいただき、
私が、10時半からの講演でした。
菊池先生はとてもわかりやすく、
ユーモアを交えて、生活習慣病やメタボリックドミノなどのお話しをされ、
糖質制限食の役割についても言及されました。
おかげさまで、私の講演もとてもやりやすかったです。
菊池宏典先生、ありがとうございました。

町民の方々が100人のご参加で、満員御礼でした。
活発な質疑応答もありました。
100人、誰一人居眠りすることなく熱心に聞いて頂き、嬉しい限りでした。
ランチは、こびとカフェさんの ローカーボランチBOX で、
美味しく楽しく糖質制限ランチをいただきました。

真瀬宏子町長、伏木富雄部長、石渡眞課長、
このたびは、お招き頂き、ありがとうございました。 m(_ _)mVV 


B)
医師会によるランチョンセミナー、
「小山地区医師会学術講演会」
日時:5月28日(日)13:00~14:30、
講義:70分、質疑応答 20分
演題
肥満・糖尿病と糖質制限食
  ~理論と実践~
抄録
「糖質制限食VS脂肪制限食」のRCT及びRCTメタ解析において、体重減少には糖質制限食が有効であった。
米国糖尿病学会は「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明」で2013年10月、糖質制限食を正式に容認した。


「小山地区医師会学術講演会」は
医師の生涯教育の単位として認定して頂きました。
小山地区医師会様、
ご後援と単位認定をいただき、ありがとうございました。
50人の定員満員の参加者で、質問も相次ぎ、
とても充実した講演会となりました。
インスリンの話題もでました。

インスリンは、食べた糖質が血糖値を上昇させたとき、
まずは筋肉に取り込ませて血糖を
下げますが、余剰の血糖は中性脂肪に変えて、体脂肪として備蓄します。
このため、
現代では「インスリン=肥満ホルモン」というありがたくない名称がついています。
しかし、狩猟・採集時代の700万年間は、
毎日日常的に食料が確保できたわけではなく
ご先祖の生活は、基本的には飢餓との戦いの連続でした。
この飢餓に対する「唯一のセーフティーネット」が、
インスリンによる「体脂肪の備蓄」だったと考えられます。
狩猟・採集時代、血糖値を下げることよりも、
「体脂肪の備蓄」のほうが、インスリンの重要な役割だったと思われます。

佐々木栄子管理栄養士さんには、
前日から、道先案内人をつとめて頂き、誠にありがとうございました。
私は、かなり方向音痴気味なのでとても助かりました。

5/27(土)の前夜祭では、
イタリアンレストランで、牛肉、豚肉、鶏肉をはじめ、糖質制限な
盛りだくさんの料理をご馳走して頂き、おおいに堪能致しました。

菊池先生、佐々木さん、熱烈歓迎、ありがとうございました。 m(_ _)mVV 


江部康二

スーパー糖質制限食と「発がんリスク」、肉は?「発がん予防」は?
おはようございます。

糖質セイゲニストは、必然的によく肉を食べます。
肉の摂取と発がんのリスクについて
心配している糖質セイゲニストも多いと思いますので、
今回は、それについて考えて見ます。

赤身の肉・加工肉ですが、
がんのリスクを高めることを示唆する文献はあります。

そういう結論のいろんな文献がありますが、
全て糖質を約40~60%摂取している集団のデータなので、
スーパー糖質制限食実践者(糖質摂取比率12%)には、実はあてはまりません。

次に世界ガン研究基金の2007年の報告について検討してみます。
Food, Nutrition, Physical Activity and the the Prevention of Cancer: A Global Perspective
「食べもの、栄養、運動とがん予防」
http://www.wcrf.org/sites/default/files/english.pdf



まずは、ウィキペディアの解説です。
よくまとまっているので、以下に一部引用しました。

【食生活指針
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E7%94%9F%E6%B4%BB%E6%8C%87%E9%87%9D

2007年11月1日、世界がん研究基金とアメリカがん研究協会によって
7000以上の研究を根拠に「食べもの、栄養、運動とがん予防」が報告されている。

①肥満  ゴール:BMIは21-23の範囲に。 推薦:標準体重の維持、BMI25未満。

②運動   推薦:毎日少なくとも30分の運動。

③体重を増やす飲食物   推薦:高エネルギーの食べものや砂糖入り飲料やフルーツジュース、ファーストフードの摂取を制限する。飲料として水や茶や無糖コーヒーが推奨される。

④植物性食品   ゴール:毎日少なくとも600gの野菜や果物と、少なくとも25グラムの食物繊維を摂取するための精白されていない穀物である全粒穀物と豆を食べる。 推奨:毎日400g以上の野菜や果物と、全粒穀物と豆を食べる。精白された穀物などを制限する。
トランス脂肪酸は心臓病のリスクとなるが、がんへの関与は知られていない。

⑤動物性食品   赤肉(牛・豚・羊)を制限し、加工肉(ハム、ベーコン、サラミ、燻製肉、熟成肉、塩蔵肉)は避ける。赤肉より、鶏肉や魚が推奨される。 ゴール:赤肉は週300g以下に。 推奨:赤肉は週500g以下に。乳製品は議論があるため推奨していない。

⑥アルコール   男性は1日2杯、女性は1日1杯まで。

⑦保存、調理   ゴール:塩分摂取量を1日に5g以下に。 推奨:塩辛い食べものを避ける。塩分摂取量を1日に6g以下に。カビのある穀物や豆を避ける。

⑧サプリメント   ゴール:サプリメントなしで栄養が満たせる。
推奨:がん予防のためにサプリメントに頼らない。

⑨母乳哺育   6か月、母乳哺育をする。
これは母親を主に乳がんから、子供を肥満や病気から守る。

⑩がん治療後  がん治療を行ったなら、栄養、体重、運動について専門家の指導を受ける。

***
タバコの煙もがんの主因であると強調している。また、タバコとアルコールは相乗作用で発癌物質となる。】




肥満に関しては、大腸・食道・膵臓・腎臓・子宮内膜(子宮)・乳房のガンになるリスクが高まるとしています。
これら6つのガンに関しては、はっきり肥満がリスクになるということです。
また、胆嚢に関しては、肥満がおそらく発ガンのリスクを高めるとしています。
糖質制限食が肥満にはもっとも有効な治療法です。 (^_^)
肥満がリスクになるガンは、
高インスリン血症が関与している可能生が高いと思います。
「高インスリン血症」と「高血糖」には、
発ガンリスクであるというエビデンスがあります。
国際糖尿病連合(IDF)2011年の報告では
「食後高血糖は癌発症リスク上昇と関連する」として、
食後血糖値は、食後1~2時間で測定されるべきで、
160mg/dl未満が目標というのが加わりました。

②運動
③体重を増やす飲食物

は①とも関連してますね。私も賛成です。

④植物性食品では、食物繊維の摂取を推奨ですね。
また精製炭水化物の制限を推奨です。
賛成です。

⑤動物性食品
赤肉(牛・豚・羊)は週500g以下にという目標は、
日本人にはそんなに難しくはないように思いますが、
米国人にはとんでもなく厳しい数値目標ですね。
しかし、世界ガン研究基金の報告の元になった数多くの文献も、
やはり全て糖質を約40%~60%摂取している集団のデータなので、
スーパー糖質制限食実践者にはあてはまりません。
最近は、動物性脂肪の害はないという文献も出てきているので個人的には、
もう少し赤肉を食べてもいいように思います。

ごく普通の食事をしている集団(糖質摂取比率約40%~60%)においては、
糖質摂取比率12%のスーパー糖質制限食集団に比べると、
糖尿病でない耐糖能正常の人においても、
必ず「食後血糖値の上昇」と「高インスリン血症」を生じています。
「食後血糖値の上昇」と「高インスリン血症」を日常的に生じている集団においては、
世界ガン研究基金の報告のように
「動物性食品 赤肉(牛・豚・羊:四つ足動物)を制限し、
加工肉(ハム、ベーコン、サラミ、燻製肉、熟成肉、塩蔵肉)は避ける」
ほうが、発ガンに関して、安全な可能性が高いということには私も賛成です。

⑥アルコール
「男性は1日2杯まで」
これは仰有る通りかもしれませんが、残念ながら私には守れそうもありませんし、守っていませんね。(-_-;)

⑦保存、調理
塩分6g以下ですか。結構厳しいですね。σ(=_=;)ヾ

⑧⑨⑩は賛成です。

タバコの害も言うまでもないですね


個人的には「高インスリン血症」と「食後血糖値の上昇」という
発ガンリスクがほとんどないスーパー糖質制限食なら、
少なくとも、肥満関連のガンに対しては、
予防効果がある可能性が高いと思いますが、
あくまでも仮説であり、エビデンスがあるわけではありません。

加工肉にはいろいろな添加物が多いので、少量がいいかと思います。
そして魚と肉との比率は、大ざっぱに<1:1>くらいがいいかなと思っています。
勿論、魚が多くてもいいです。

私自身はスーパー糖質制限食を 2002年から実践して足かけ16年目ですが、
赤みの肉はしっかり食べています。

鶏肉も魚貝も卵も大豆製品もよく食べますし、葉野菜、海藻、茸もよく食べます。

間食でチーズ、ナッツ、スルメ、焼き海苔、干し海老、メザシ・・・もよく食べます。

果物は、少量を時に食べることがあります。

以下、結論です。

<スーパー糖質制限食とヒト発癌に関する考察>

A)「スーパー糖質制限食で発癌のリスク上昇というエビデンスはない。」
B)「スーパー糖質制限食で発癌のリスク減少というエビデンスもない。」
C)「糖質摂取比率12%の集団と通常食の集団における癌の発生を、長期間経過観察した臨床研究は、存在しない。」


1)スーパー糖質制限食で、明確な発癌リスクである食後高血糖と高インスリン血症は、
一日を通して確実に改善する。
2)スーパー糖質制限食で、発癌リスクを減らすHDL-Cが増加する。
3)スーパー糖質制限食を長期間続けて将来発癌リスクが上昇するとしたら
1)2)の利点を帳消しにしてさらにそれを上回る何らかの発癌リスクがあると仮定するしかない。
◇  →そのようなリスクは知られてない。


4)
1)2)3)を考慮すれば、あくまでも仮説であるが、
スーパー糖質制限食により、肥満関連のがんの予防効果が期待できる。



江部康二
2017年6月18日(日) 朝日カルチャーセンター立川教室。糖質制限食の講座。
おはようございます。

2017年6月18日(日)
朝日カルチャーセンター立川教室にて
糖質制限食の講座の講師をつとめます。

2016年4月30日(土)以来、立川では久しぶりです。
この1年、糖質制限食の展開において大きな発展があり
いい意味のサプライズもありました。

2016年7月のNHKクローズアップ現代の試算によれば、
糖質制限市場は、3184億円とのことです。
医学界より、企業のほうが糖質制限食をビジネスチャンスと捉えて
行動が迅速なようです。

一方、医学界においても、嬉しいサプライズです。
2017年2月7日(火)午後から、東京大学医学部に行ってきました。
渡邊昌先生、門脇孝先生、江部康二の3人で鼎談を行いました。
二人で話し合うのが対談で、三人で話し合うのが鼎談です。
渡邊昌先生は、医学雑誌「医と食」の編集長です。
門脇孝先生は、
一般社団法人 日本糖尿病学会 理事長
であり、
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授
です。

日本糖尿病学会のトップとじっくり話し合うことができて、
とても有意義な90分間でした。

ケトン体に関しても「心血管イベント,および全死亡の発症率を低下」という
とてもポジティブな評価を示す研究が最近発表され、
糖質制限食にとって大きな追い風となりました。

このような、糖質制限食に関する最新の動向を、本講座において
余すこと無くお話ししたいと思います。
東京、関東方面の皆さん、是非奮って、ご参加頂けば幸いです。


江部康二


☆☆☆
以下、朝日カルチャーセンター立川教室のサイトから一部抜粋。

朝日カルチャーセンター立川教室
糖尿病&生活習慣病と糖質制限食
講師名 高雄病院理事長 江部 康二
https://www.asahiculture.jp/tachikawa/course/6b4de227-9489-6f6c-0701-585a6ad79f60

講座内容
糖質制限食は、1999年から京都・高雄病院において糖尿病治療食として開始され、
合併症を予防できる唯一の食事療法として画期的な成果をあげてきました。
この課程で、肥満・メタボなど様々な生活習慣病にも有効ということが判明しました。
従来の糖尿病食(カロリー制限食)と糖質制限食の比較や注意点についてもお話します。(講師記)


日時・期間   日曜 13:30-15:00  6/18  1回
日程   2017年 6/18

受講料(税込み)
6月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円

お申し込み①
https://www.asahiculture.jp/tachikawa/course/6b4de227-9489-6f6c-0701-585a6ad79f60

お申し込み②
朝日カルチャーセンター立川教室 
電話:042-527-6511

講師紹介 江部 康二 (エベ コウジ)
<プロフィール>
・ 1950年生まれ。
・ 1974年京都大学医学部卒業。
・ 1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)
にて呼吸器科を学ぶ。
・ 1978年から高雄病院に医局長として勤務。1996年副院長就任。
・1999年高雄病院に糖質制限食導入。
・2000年理事長就任。
・ 2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。
・2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を 注ぎ、
「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。
内科医/漢方医/
一般財団法人高雄病院理事長/一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長

<著書>
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』2008年(東洋経済新報社)
『我ら糖尿人、元気なのにはわけがある』2009年(東洋経済新報社・作家宮本 輝氏との対談本)
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』2010年(ナツメ社)
『主食をやめると健康になる』2011年(ダイヤモンド社)
『食品別糖質量ハンドブック』2012年(洋泉社)
『糖質オフ!健康法』2012年(PHP文庫)
『糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド』2013年(東洋経済新 報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』2014年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編 新版』2014年(東洋経済新報社)
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』2014年(東洋経済新報社)
『江部先生、「糖質制限は危ない」って本当ですか? 』 2015年(洋泉社)
『なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか』2015年(ナツメ社)
『糖質制限の教科書』2015年(洋泉社)監修
『よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法 』2016年(PHP研究所)
『人類最強の「糖質制限」論~ケトン体を味方に して痩せる、健康になる』2016年(SB新書)
『江部康二の糖質制限革命』2017年(東洋経済新報社)
など多数。

ブログ
『ドクター江部の糖尿病徒然日記』( http://koujiebe.blog95.fc2.com/
は日に約数千件のアクセスがあり、
糖尿病のかたやそのご家族から寄せられ た質問への回答や、
糖尿病・糖質制限食に関する 情報の発信に、日々尽力している。
脂質栄養学会講演。脂質栄養学での論文。 糖尿病、久山町の悲劇と糖質制限法。
【17/05/23 らこ
江部先生の論文紹介お願い申し上げます。
脂質栄養学 第26巻,第 1 号(2017)p.47-57

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/26/1/26_47/_pdf

よろしくお願いします。】


おはようございます。

らこさんから
私の論文が、ネットにpdfファイルで公開されているとの
コメントをいただきました。
ありがとうございます。
論文は書きましたが、ネットでpdfファイル公開とは知りませんでした。

以下は
2016年9月16日(金)日本脂質栄養学会での発表の講演要旨です。
この講演を基に論文を執筆しました。
論文は
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/26/1/26_47/_pdf
を御覧頂けば幸いです。
やや長文となりますが、とても参考になると思います。

江部康二

糖尿病、久山町の悲劇と糖質制限法

財団法人高雄病院、日本糖質制限医療普及推進協会代表理事
江部 康二


講演要旨 
抄録

「摂取後直接、血糖に影響を与えるのは糖質のみであり、蛋白質・脂質は、摂取後、直接血糖に影響を及 ぼすことはない。」というのが米国糖尿病学会の見解である。これらは含有エネルギーとは無関係の生理学的事実である。食後高血糖と一日平均血糖変動幅増大が、糖尿病患者において最大の酸化ストレスリスクとなるが、これらを生じるのは糖質摂取だけであり、脂質や蛋白質を摂取しても生じない。糖質制限食なら食後高血糖は生じず、平均血糖変動幅は速やかに改善する。一方カロリー制限食を実践しても糖質を摂取すれば、必ず食後高血糖と平均血糖変動幅増大を生じる。酸化ストレス亢進は、糖尿病合併症、動脈硬化、ガン、老化、アルツハイマ-病、パーキンソン病などの元凶とされている。米国糖尿病学会は、2013 年 10 月、5 年ぶりに「栄養療法に関する声明」を発表し、全ての糖尿病患者に適した唯一無二の食事パターンはないと明言し、糖質制限食、地中海食、ベジタリアン食、低脂質食、DASH食を受容した。脳はブドウ糖だけでなくケトン体をエネルギー源としていくらでも利用する。ケトン体はインスリン作用が保たれているかぎり安全な物質である。ケトン体は肝細胞内で「脂肪酸→β酸化→アセチルCoA→ケトン体」という順番で日常的につくられていて、肝臓では使われずに、他の臓器・脳・筋肉のエネルギー源として供給される。日常生活では空腹時は心筋・骨格筋など多くの体細胞は脂肪酸・ケトン体を主エネルギー源としているのに対して、赤血球・脳・網膜など特殊な細胞だけがブドウ糖を主エネルギー源としている。なお赤血球はミトコンドリアがないのでブドウ糖だけが唯一のエネルギー源である。2型糖尿病高雄病院入院患者において、同一カロリーにそろえた従来の糖尿病食(高糖質食)と糖質制限食における血糖の日内変動を比較検討してみた。その結果、糖質制限食では従来の糖尿病食に比べて顕著な食後血糖改善効果が認められた。糖尿病合併症は米国においては激減したが、日本では毎年16000人が透析、3000人以上が失明、3000人以上が足切断に陥っている。九州大学医学部が1961年以来継続している信頼度の高い久山町研究において、糖尿病発症予防のため1988年から「食事療法+運動療法」により強力に指導が行われた。しかし2002年の統計では、従来の糖尿病食指導により糖尿病発症が激増しており、私はこれを久山町の悲劇と呼んでいる。